• 議事録をAIで自動化する「Voicera」 15億円調達で競合を買収

    Samar Marwan , Forbes Staff

    会議の議事録作成を自動化するAIアシスタントアプリが「Voicera」だ。Voiceraは独自の音声認識アシスタントの“Eva”が、ミーティングの出席者の発言をテキスト化するだけでなく、議事録を要約して質問の数をカウント。話が盛り上がったポイントも独自の指標から導き出す。Vo ...

  • 世界480万台のルーターに脆弱性、セキュリティ企業が指摘

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    一昔前とは違い、我々の身の回りにはネットにつなぐデバイスであふれている。様々なデバイスが1つのインターネット接続を共有していることも多く、それがサイバー犯罪者に利用されるケースも増えている。世界有数のクラウドセキュリティ企業「アカマイ」の研究チームによると、サイバー犯罪者たちはルーターの一般的な機能 ...

  • 配車サービスのリフト、4月20日「大麻の日」に特別割引を提供へ

    Tom Angell , Contributor

    「大麻を吸ってから運転するのは危険だ。4月20日に帰宅する際は自分で車を運転せず、当社のサービスを利用して頂きたい」──配車サービスの「リフト(Lyft)」が、“マリファナの日”として知られる4月20日をひかえ、特別ディスカウントサービスの提供を発表した。リフトは声明で次のよ ...

  • 人間の動きを学習・生成するアニメーションAI「ディープミミック」

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    コンピュータグラフィックス技術(CG)やアニメーション技術により生み出された映画・ゲームのキャラクターは、年々その動きがリアルになり、昨今では実写と見間違うほどに再現度が高くなっている。今回、その自然な動きをさらに効率よく描写・生成するための、新しいディープラーニング技術が公開された。新技術を発表し ...

  • サムスン「3つ折り式タブレット」を計画か、特許資料で判明

    Jay McGregor , CONTRIBUTOR

    サムスンが複数のポイントで折り畳みが可能な、タブレット端末の特許を取得していたことが明らかになった。特許専門サイト「Patently Mobile」によると、サムスンが折り畳み式デバイスの特許を取得するのは、これが2件目だという。特許画像からは、このタブレット端末のディスプレイが2ヶ所で折り曲げ可能 ...

  • 中国で勃興のスマホ「レンタル」 1千万人が利用のサービスも

    Bay McLaughlin , Contributor

    中国で携帯電話のレンタルサービスを手がけるスタートアップ企業「Xianghuanji.com(享换机)」が4月11日、2500万ドル(約27億円)の資金を調達したと宣言した。スマートフォンが浸透する中で、数年に一度の買い替えでは満足できないユーザーも増えてきた。XianghuanjiのCEOによると ...

  • 米若者に広まる「地球平面説」 NBA選手の発言がきっかけか

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    「地球は丸い」と考える18~24歳の若者の比率が、66%にとどまっていることが最近の調査で判明した。調査会社「YouGov」は今年2月、8215人の米国人を対象に“地球の形をどう考えているか”という調査を行った。その結果、実に多くの若者が地球は平らであると考えている、もしくは ...

  • 世界最大のポルノサイトが仮想通貨対応 「匿名性」を強化

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    世界最大のポルノ動画配信サイトの1つに数えられる「Pornhub」が仮想通貨による支払いに対応した。同社は4月18日、公式サイトに掲載した声明で仮想通貨「Verge (XVG)」による支払いに対応したと宣言した。仮想通貨に対する世間の人々の印象は様々だ。我々の暮らしにぜひ取り入れたいと主張する人もい ...

  • すべての個人情報を捕捉する中国フィンテックの危険性

    中村 正人 , Official Columnist

    前回でレポートしたが、世界一進んでいるといわれる中国のモバイル決済と、それに付随する各種サービスを体験する日々は、まさに驚きと発見の連続だった。その利便性に感心するとともに、中国社会のさまざまな実相も見えてきた。たとえば急速な普及の背景について言えば、コンビニやレストランで「ウィチャットペイ」を使っ ...

  • アンドロイド端末の約4割が「古すぎるOS」という衝撃データ

    Ian Morris , Contributor

    グーグルのアンドロイドOSは、アップルのiOSに比べると最新バージョンの使用率が非常に低いことが明らかになった。統計サイト「Statista」が先日発表したデータによると、現在使用中のアンドロイド端末の25%が、2014年にリリースされたOS「Lollipop」で動いている。一方でiOSの場合は、2 ...

  • インスタグラムに「背景ぼかし」機能、一眼レフ的写真を実現

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグが米下院で開催された公聴会に招かれ、議員たちから厳しい質問を浴びた4月10日、同社傘下のインスタグラムは新機能の「フォーカス(Focus)」の導入を発表した。この機能はスマホのカメラで、一眼レフのような背景をぼかした写真が撮影可能になるもの。フレームの中心 ...

  • 医療AIの課題 バイアスのないアルゴリズムはつくれるか?

    Arlene Weintraub , CONTRIBUTOR

    人工知能(AI)は病院やヘルスケア団体に活用され始めている。CTスキャンの解析から、どの患者が治療中に最も衰弱しやすいかを予測することまで、AI技術はあらゆることに使われているのだ。アルゴリズムを走らせるための情報源は電子カルテだ。これらのアルゴリズムは、医師が腫瘍の変異具合をもとに最適ながん治療を ...

  • ファーウェイが折り畳み式スマホ「年内発売説」の真実味

    Jay McGregor , CONTRIBUTOR

    アップルやサムスンは近い将来の折り畳み式スマホの発売に向けて、開発を続けていると報じられている。しかし、この分野で最初の製品を発売するのが中国のファーウェイになるという説が浮上した。韓国メディア「ETNews」は関係筋から得た情報として、ファーウェイが今年11月に折り畳み式スマホを発売する準備を進め ...

  • AIとドローンで森林破壊を止める 博士卒の女性起業家

    城口 洋平 , Official Columnist

    「Forbes 30 Under 30 in Europe(注目の30歳未満 欧州版)」に唯一日本人として選ばれたエネチェンジ、SMAP ENERGYの城口洋平が、同企画に選ばれた同世代の起業家やイノベーターと対談する連載企画。第1回は、世界の森林破壊を解決するためにドローンで植林をするベンチャー、 ...

  • 今年発売の3つのiPhone、最安値「SE」は700ドルで顔認証対応か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    ニュースメディア「The Street」が掲載した情報によると、アップルは今年3機種のiPhoneを発売するという。そのうち1機種は昨年のiPhone Xを上回る高額モデルになるが、割安な端末も投入されるという。これはUSB証券のアナリストのSteven Milunovichによる分析だ。Milun ...

  • AIが変えるビジネス環境 期待される4つの恩恵

    Laurence Bradford , Contributor

    これまで多くの人工知能(AI)関連のSF作品が生み出されてきた。だが、今や現実の技術となったAIは実際のところ、世界にどんな影響を与えているのだろう? この記事では、AIの現状と現代社会への影響について注目したい。新たな雇用を創出求人情報サイト「インディード(Indeed)」の調査によれば、AI関連 ...

  • スマートスピーカー普及率は米国家庭の20%、1870万世帯が利用

    John Koetsier , Contributor

    市場調査企業「comScore」が4月11日に発表したレポートで、米国家庭でのスマートスピーカーの普及率が、2017年12月から2018年2月の間に50%増という爆発的な成長を遂げたことが分かった。comScoreのアナリストのSusan Englesonは次のように述べた。「Wi-Fi通信設備を持 ...

  • AIで「地球外生命体」を探すプロジェクト、英大学で始動

    Andréa Morris , Contributor

    人工知能(AI)を用い、地球外生命体を探すプロジェクトが進んでいる。英国のプリマス大学の研究者らはテクノロジーを用い、生命の存在が可能な惑星を突き止めようとしている。研究チームは4月にリバプールで開催される研究者会議「EWASS」を前に、Eメールによる取材に回答した。プリマス大学の「Centre f ...

  • ウーバーから名門VCに転職した女性が描くスタートアップの未来

    Biz Carson , Forbes Staff

    カリフォルニア州メンローパークに本拠を置く「Redpoint Ventures(レッドポイントベンチャーズ」は、「ネットフリックス」や「HomeAway」などへの投資で知られる名門ベンチャーキャピタル(VC)だ。同社の幹部のSatish Dharmarajは、最近ではベンチャーキャピタリストにも起業 ...

  • 大型出資続出の宇宙ビジネス、東レも1200億円で海外企業を買収

    Alex Knapp , Forbes Staff

    民間の宇宙系スタートアップが2018年の第1四半期に10億ドル近い資金を調達したことが、ベンチャーキャピタル「Space Angels」の調べで明らかになった。1~3月で20件の投資案件が成立し、総額は9億7579万9660ドル(約1044億円)にのぼった。その大半を得たのが「スペースX」で、テック ...