• グーグルがAI全力投入で挑む「ハードウェア革命」の未来図

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    2014年の初め、当時グーグルのCEOだったラリー・ペイジはハードウェア事業からの撤退を表明し、モトローラを中国のレノボに29億ドルで売却した(数十億ドルの価値があるとされるモトローラの特許は、グーグルが引き続き保有している)。「スマートフォン市場は競争が非常に厳しく、勝ち残るためにはデバイス開発に ...

  • フェイク動画生成も、AIで変わる動画の未来

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    画像認識・生成の分野で著しい発展を遂げている人工知能(AI)が、動画の世界にも変革をもたらそうとしている。10月6日、グーグル・ブレインの研究者Ian Goodfellow氏は、自身のツイッターアカウントに「CycleGAN Face-off 直播換臉」というタイトルの動画をシェアした。画面が2分割 ...

  • トロントで「ロボットタクシー」運行へ グーグルの未来都市

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベットが手掛けることが決まったトロントのウォーターフロント再開発プロジェクトについて、同社が自動運転車によるオンデマンド型輸送システムの構築を目指していることが分かった。自動運転車の供給は、アルファベット傘下の自動運転車開発企業、ウェイモが行うと見られる。アルファベット傘下の都市開発企業、「 ...

  • アップルウォッチ、新モデル購入者の7割は「新規ユーザー」

    John Koppisch , Forbes Staff

    9月に販売が開始されたアップルウォッチの新モデル「Apple Watch Series 3」の購入者の70%は、アップルウォッチを初めて購入した人々だという。調査企業GBH InsightsのアナリストDaniel Ivesがこのデータを公開した。さらに、Series 3の購入者の80%がLTEを搭 ...

  • 「要介護度」を減らせ! AIによる自立支援の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の介護保険制度によるケアプランの膨大なデータは、「宝の山」だった! スタンフォード大学の天才研究者と組み、AIを使って介護のパラダイムシフトを起こす。2015年5月、訪問介護サービス大手のセントケア・ホールディングで介護ロボット、AI、認知症ケアの3分野で新規事業開発を担当していた岡本茂雄は、シ ...

  • サムスン、ARでグーグルと連携 アップルと対決姿勢が鮮明に

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    サムスンは10月18日、グーグルのスマートフォン向け拡張現実(AR)プラットフォームの「ARCore」に参加すると発表した。サムスンは今後、GalaxyシリーズでARCoreのフレームワークを導入していく。ARCoreは、初期プレビューの段階で既にGalaxy S8やS8 Plusを対応機種としてい ...

  • 米デジタル動画広告の市場規模は15兆円 「TVに代わる存在」に

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    動画広告の重要性はますます高まっていきそうだ。モバイル動画プラットフォームのMagistoは10月18日、米国のデジタルビデオ広告市場が今年、1350億ドル(約15兆円)に達するとのレポートを発表した。1350億ドルという金額には、動画の制作やホスティング、ディストリビューションや分析にかかるコスト ...

  • アップル、iPhone 8の生産50%削減か 「需要の弱さ」理由に

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップルの史上最高の傑作と呼ばれる、iPhone X の発売日が近づいている。しかし、ここに来て非常に気になる数字が発表された。ロイターが中国紙「Economic Daily News」の報道を引用しつつ伝えたところによると、アップルはiPhone 8 及びiPhone 8 Plusの製造台数を需要 ...

  • 中国の鉄道駅で「顔認証システム」導入、駅の効率化と監視に期待

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    中国の鉄道駅に、人工知能(AI)を搭載した「顔認証システム」が普及しはじめている。今年初めウルムチ駅に設置されたのに続き、10月の国慶節を前後して、山東省・済南、湖南省・長沙などの都市の駅にも同システムが登場した。長沙南駅では、9月30日から正式に顔認証改札システムの運用が開始されている。同システム ...

  • インテル、フェイスブックと共同で「AIチップ」開発を宣言

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    半導体メーカー大手、インテルはこれまで、人工知能(AI)領域では出遅れたと見られていた。AI分野ではエヌビディアが存在感を高めている。しかし、ここに来てインテルがAI分野で巨大な第一歩を踏み出すことが明らかになった。インテルはフェイスブックと組んでAIに特化したチップ製造を開始すると宣言した。インテ ...

  • 米自転車シェア「LimeBike」企業価値が250億円突破 16都市で展開 

    Biz Carson , Forbes Staff

    創業から1年に満たない米国の自転車シェア企業「LimeBike」の企業価値が、2億ドルを突破した。10月16日、LimeBikeは5000万ドル(約56億円)のシリーズB資金調達を行ったと発表。Coatue Managementがリードした今回の調達には、GGVやアンドリーセンホロウィッツらも参加し ...

  • ソフトバンクのウーバー出資、来週合意か 2年以内にIPO説も

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクのウーバーに対する巨額の出資は、来週にも成立する見込みだ。ウーバーの取締役でハフィントンポスト創業者のアリアナ・ハフィントンが明かした。10月16日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催のカンファレンスに登壇したハフィントンによると、ソフトバンクはウーバーの株式の14%から20 ...

  • アップル「Touch ID」廃止の有力情報 顔認証を全面採用か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    「地球上で最も優れたアップルのアナリスト」と呼ばれるKGI証券のミンチー・クオ(郭明錤)がまたまた衝撃的なレポートを公開した。Macrumorsが掲載したクオのレポートによると、アップルは長年愛されたiPhoneの指紋認証機能「Touch ID」を、次期モデルで全面的に廃止し、その代わりに顔認証シス ...

  • 50ドルで可能なFB上の「偽ニュース」拡散 広告関係者が実証

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    フェイスブックを用いた偽のニュースの拡散は、驚くほど低コストで実現可能なことが分かった。マーケティング企業「MobileMonkey」のラリー・キムCEOは先日、Mediumに投稿した記事で、「1時間で制作した偽のニュースサイトとそのサイトのフェイスブックページを、50ドル分のフェイスブック広告で宣 ...

  • 医療テクノロジーが問う「死」と「人間性」の未来

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    人工臓器、脳神経インプラント、ナノボット──。実用化が進む最先端の医療テクノロジーが人間にもたらす「希望」と「危機」を、『Beyond Human』の著者イブ・ヘロルドが語る。医療テクノロジーが日々進化するなか、「死」とは何か、「人間性」とは何かという問いかけへの答えが、今ほど求められている時代はな ...

  • 集客から味覚分析まで、飲食店を支援するAIテクノロジー

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    飲食業界においても、人工知能(AI)の進出が目立ちはじめている。この業界でAIはどのように使われてようとしているのか、その動向をチェックしていきたい。まず、用途としてまっさきに思い浮かぶのは「AIチャットコンシェルジュ」ではないだろうか。これは、スマートフォンに搭載されている「Siri」や「Goog ...

  • エアビーが主導の「民泊専用アパート」 米フロリダで建設中

    Biz Carson , Forbes Staff

    エアビーアンドビーと賃貸物件はベストな組み合わせとは言い難い。見知らぬ人が共有スペースに入り込むことを嫌う住民も多く、泊まりに来るツーリストに対し「何か聞かれたら、友達の家に遊びに来たと言ってくれ」と頼むホストも多い。エアビーアンドビーはこの問題に対処するため、新たな試みを始動させた。エアビーアンド ...

  • 119番から病院到着までは、この20年で15分遅くなった

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    突然、妻が苦しみを訴え、意識を失った。いびきをかき出した。すぐに119番に電話をかけ、住所を告げる。5分ほどでサイレンが聞こえた。救急隊が駆けつけ、妻に声をかける。が、反応がない。救急車に乗せ、バイタルをチェックする。自分と子供も一緒に乗り込む。だが、病院に向かうはずの救急車はなぜかその場を動こうと ...

  • 業界のキーマン3人が語る「VRショッピング」の可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    何か欲しいものがあれば、オンラインストアにアクセスして購入する。スマートフォンの普及とともに、右肩上がりで成長を続けるEC市場。野村総合研究所の予測によれば、国内におけるB2CのEC市場は2022年度までに26兆円規模に成長する見込みだという。 そんな成長著しいEC市場において、近年注目を集めている ...

  • クアルコムが台湾でも独禁法違反 株価は年初から17%の下落に

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    クアルコムにまた新たな頭痛の種がもたらされた。10月11日、台湾の公正取引委員会は米サンディエゴ本拠のクアルコムに対し、独占禁止法違反の罪で7億7300万ドル(約870億円)の支払いを求めると発表した。台湾当局のリリース資料によると、クアルコムは過去7年間にわたり特許技術のライセンス提供において顧客 ...