• スティーブ・ジョブズの育て親 「コーチ」と呼ばれた男の功績

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    スティーブ・ジョブズやラリー・ペイジ、ジェフ・ベゾスなどテック業界の大物経営者たちのメンターと知られ、シリコンバレーで最も影響力のある人物の一人と言われたビル・キャンベルが4月18日、死去した。享年75歳だった。「彼ほどテック業界に大きな影響を及ぼした人物はいない」とアルファベット会長のエリック・シ ...

  • エアビーアンドビーが「脱民泊」宣言 旅行ガイド機能を始動

    Brian Solomon , Forbes Staff

    4月19日、エアビーアンドビー共同創設者兼CEOのブライアン・チェスキーは、アプリの新デザインの発表を行った。新たに導入される機能は、今後の同社の壮大なプランを暗示している。企業価値 250 億ドル(約2兆7,400億円)のエアビーアンドビーは、宿泊地の近隣ガイド機能を導入し、旅行者の体験の全てに関 ...

  • スナップチャットに人種差別批判 「顔をボブ・マーリーにする」機能で炎上

    Abigail Tracy , Forbes Staff

    スナップチャットが公開した「顔をボブ・マーリー風に加工できるフィルター」が物議を醸している。このフィルターは米国で「マリファナデー」とされる4月20日に公開された。スナップチャットはボブ・マーリーの遺産管理団体、ボブ・マーリー・エステートと提携し、このフィルターを公開したという。1981年に死去した ...

  • フェイスブック 新プロジェクト「Building 8」で人工知能に注力

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    4月13日、フェイスブックは新組織「Building 8」の責任者に、元DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)局長で、2012年からグーグルで先進技術プロジェクト(ATAP、Advanced Technology And Products)の責任者を務めていたレジーナ・デュガンを起用した。デュガン ...

  • 脆弱なデバイスが4億2千万台、「アンドロイド・セキュリティ報告書」公表

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    アンドロイド搭載のデバイスのうち、最新のセキュリティ更新用のパッチが配布されず、攻撃を受けやすい状態になっているものが約4億2,000万台に上ることが分かった。グーグルが4月19日に公表したアンドロイド搭載デバイスのセキュリティに関する2015年度版の年次報告書によると、現時点で使用されているアンド ...

  • ツイッター、中国担当役員を任命 元マイクロソフト幹部を起用

    Doug Young , CONTRIBUTOR

    ツイッターは中国市場への参入を本格的に考え始めたようだ。CEOのジャック・ドーシーは4月14日、中国担当のマネージングディレクターを任命したとツイートした。同社が中国のマネージングディレクターに指名したのは、マイクロソフトとシスコで幹部を歴任したキャシー・チェン(Kathy Chen)。チェンがツイ ...

  • 「子供向けウーバー」のシャドルが廃業 資金調達に頓挫

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーの競合、シャドル(Shuddle)は1年前、シリーズAラウンドで約1,000万ドル(約10億9,000万円)の資金調達を行ったが、ここにきて追加の資金調達に頓挫。サービス停止に追い込まれた。バーンレート(資本燃焼率)が高いスタートアップの資金調達環境は厳しさを増しており、成功を楽観視して参入 ...

  • フェイスブック副社長 セコイア・キャピタルに移籍

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    フェイスブックの検索や開発者向けプロダクト部門の副社長、マイク・バーナル(Mike Vernal)が4月18日、ベンチャー投資会社セコイア・キャピタルに移籍することをフェイスブック上で発表した。マーク・ザッカーバーグの直属の部下であるバーナルは、フェイスブックで約8年間働いており、コマースツールも担 ...

  • アリババ、1,300億円を食品宅配大手に 社名は「お腹空いてる?」

    Brian Solomon , Forbes Staff

    中国のスタートアップシーンでは10億ドル(約1,080億円)規模のカネが動く事は、もはや珍しくない――。中国のフードデリバリー大手、Ele.me(餓了麼)はアリババ等から12億5,000万ドル(約1,360億円)の資金調達に成功した。同社は以前にも10億ドルを調達していたが、競合のMeituan-D ...

  • 伝説のハッカー、テスラ幹部を引き抜き 自動運転カー実現へ

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    2007年、17歳にしてiPhone脱獄を成し遂げた“伝説のハッカー”、ジョージ・ホッツは昨年、自動運転カー企業Comma.ai社を立ち上げた。以来、イーロン・マスク率いるテスラモーターズの打倒を掲げてきたが、そのホッツに加勢してもいいと考えるテスラ従業員が出てきたようだ。テ ...

  • 中国女性が「神」と呼ぶカシオ製カメラ 価格10万円に高騰

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    自撮り写真を撮影しオンラインで投稿するニーズは目を見張るレベルにすらある。それは、白い肌を理想とし、暗い肌を醜いと考える一部のアジア女性らの偏見と切り離せない。誰の顔でもほっそりと、明るい肌に撮影可能なカシオの“神カメラ”は、中国で1,000ドル(約10万9,000円)まで値 ...

  • リンクトイン「就活用アプリ」を新公開 学生らの職探しを支援

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    米国のミレニアル世代の間でリンクトイン(LinkedIn)の活用が増加している。リンクトイン側としてもこの流れをビジネス拡大のチャンスと捉えているようだ。4月18日、リンクトインは新アプリ「リンクトイン・スチューデント(LinkedIn Students)」を公開。就職活動を控えた学生らの職探しや、 ...

  • グーグルが「中国再上陸」の動き 起業家イベントを北京で開催

    Doug Young , CONTRIBUTOR

    グーグルがフェイスブックと同様の“中国愛”をアピールし始めた。その姿からは、グーグルが世界最大のマーケットに再参入し、Google Playとネクサス(Nexus)のスマホを中国に上陸させようとする意図が見える。4月14日、グーグルは「Google for Entrepren ...

  • フェイスブックを悩ませる「スパム・ボット」大増殖の可能性

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    フェイスブックは4月12日、F8カンファレンスにおいて「ビジネスアカウント」の開放を宣言。メッセンジャーに企業アカウントの導入を促進し、「チャットボット」が顧客らと会話を行う仕組みを発表した。これにより同社は新たな収益を得ようとしている。しかし、チャットボットの導入は新たな問題を引き起こす可能性があ ...

  • 訂正:iPhoneの使用は3年想定!? アップルが回答

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    アップル社の製品には、かつて都市伝説として広まった「ソニータイマー」のような仕組みが組み込まれている訳ではない。しかし、アップルは同社の製品寿命に関し明確な基準を持っており、それはユーザーが思うよりも短いことが分かった。アップルは先日更新された公式サイトの環境ポリシーページで、製品の想定使用年数に関 ...

  • プレステVR 世界最大のゲーム販売店GameStopでデモ実施へ

    Jason Evangelho , CONTRIBUTOR

    仮想現実(VR)ゲーム機器を普及させる上で、店頭デモの実施は不可欠だ。HTC は今月から世界最大規模のゲーム小売り大手GameStopの10店舗でVRシステム「Vive」のデモを開始する。しかし、GameStopが本腰を入れて宣伝しようとしているのは、ソニーの「プレステVR」の方で、今年6月から相当 ...

  • フェイスブック「違法動画」を追放 Rights Manager機能導入で

    Emma Woollacott , CONTRIBUTOR

    YouTubeなどに投稿された動画を無断で別のサイトにアップロードする行為は“フリー・ブーティング”と呼ばれて問題になっている。こういった著作権を侵害する行為はフェイスブックでも横行しており、権利所有者から不満の声が上がっていた。これを受けてフェイスブックは4月12日、違法ア ...

  • アップル「iPhone信者」以外へのアピール開始 CMに子供番組キャラ起用

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    アップルはiPhone SEの発売直前、音声アシスタントSiriがキッチンでいかに役立つかというCM動画をユーチューブで公開した。その内容はありふれたものだが、注目すべきはそこに登場したのが予想外のユニークなキャラクターだ。そのキャラクターとは、テレビ番組「セサミストリート」に登場するクッキーモンス ...

  • 配車アプリで急拡大の「相乗り」 リフトでは全配車の4割に

    Brian Solomon , Forbes Staff

    配車サービス業界では今、同じ方向へ向かう複数の乗客を同乗させる「相乗りサービス」が急速に伸びている。リフトは今週、相乗りサービス「リフト・ライン(Lyft Line)」を米国の6都市で新たに開始。シアトル、デンバー、フィラデルフィア、サンディエゴ、シリコンバレー、ニュージャージーで利用可能になった。 ...

  • アリババが買収の「アジアのアマゾン」Lazada社 企業価値は1,600億円

    Ryan Mac , Forbes Staff

    中国のアリババ・グループは4月12日、ドイツのロケット・インターネットが設立した東南アジアのeコマース企業「ラザダ」(Lazada)の経営権を取得した。買収額はアリババにとって過去最高となる10億ドル(約1,080億円)。5億ドルでラザダの新株を取得し、残りの5億ドルでロケット・インターネットやイギ ...