• ストーリーで語り、文化をつくる 「医療のIT化」は何を成し遂げるのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「私たちが日々行うのは、より良い未来への種まきのようなものです」そう語るのは、オンライン医療事典「MEDLEY」をはじめ、ITの力で医療情報のあり方にイノベーションを起こしてきたメドレー代表取締役医師の豊田剛一郎氏。医療×IT分野のリーディングカンパニーは、4月29日、3つのリリースを発 ...

  • 中国で一人勝ちのファーウェイ「市場シェア24%」を獲得

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    中国におけるスマートフォンの出荷台数は2017年に初めて前年度を下回った。調査会社「カナリス」によると、今年の第1四半期はさらに落ち込み、前年同期比で21%減となっている。しかし、そんな状況下でも売上を増加させたのがファーウェイだ。今年1月から3月期のファーウェイの中国国内の売上は2%増となり、競合 ...

  • 絶好調のアマゾン「AWS」、2020年に年間売上5兆円規模に

    John Koetsier , Contributor

    現在クラウド分野の市場リーダーであるアマゾンだが、シティリサーチ(Citi Research)の調査によると、2020年になってもアマゾンの覇権は揺るがず、クラウド部門の売上が、ライバル2社を合わせた額を大幅に上回ることになることが分かった。 また、現在の大手のクラウド企業の売上は軒並み上昇中だとい ...

  • フェイスブック、2万円台「VR」投入で始まるソーシャル新時代

    John Koetsier , Contributor

    VRにもっとソーシャル機能が欲しいと思っている人が、77%に上ることが4217人を対象とした調査から分かった。多くの人は今のところVRを使う機会が少ないが、今後はもっと使いたいと考えているという。調査を行った「Greenlight Insights」は「若い世代のVRヘッドセット所有者の77%が、V ...

  • トリプルカメラで注目、ファーウェイ「P20 Pro」実感レビュー

    Ryan Whitwam , CONTRIBUTOR

    ファーウェイは現在、二つのデバイスをフラッグシップ端末として発売中だ。その一つが昨年末に発売された「Mate 10 Pro」で、もう一つが先日発売されたばかりの「P20 Pro」だ。P20 ProはMate 10 Proと多くの共通点を持つが、最新モデルのP20 Proにはディスプレイ上部にノッチ( ...

  • 死の淵から生還したクラウド管理スタートアップ「BetterCloud」の決断

    Alex Konrad , Forbes Staff

    企業向けにクラウドサービスを一元管理するツールを提供するスタートアップ「BetterCloud」は、2017年の初めに苦境に陥っていた。同社はほぼ2年間を費やして、サービスの刷新を行ったが、新サービスが全く売れず、創業者でCEOのDavid Politisは途方に暮れていた。投資家から新たな出資を得 ...

  • 英国で使い捨てプラスチック「全面禁止」へ、海洋ゴミを撲滅

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    イギリスが使い捨てのプラスチック製品の販売を禁止する。禁止対象にはストローや綿棒なども含まれ、早ければ2019年から施行される。メイ首相は「プラスチックごみはイギリスが直面する最大の環境問題の1つである」と述べた。今回の発表でイギリスは、25年間の環境行動計画の一環である、不必要なプラスチックごみを ...

  • フィンランド、20代起業家の衛星スタートアップ「ICEYE」の実力

    Alex Knapp , Forbes Staff

    ここ数年で、複数のスタートアップが画像衛星を打ち上げて地表を観測している。サンフランシスコ本拠の「Planet」は宇宙から見た農地のイメージデータを、大規模農場や作物の種を販売する企業に提供している。2017年のフォーブスの「Next Billion Dollar Startups」に選ばれた「Sp ...

  • アップルの中国シェア拡大を支えるSiri、現地アプリと連携強化

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    アップルは昨年、低価格なAndroidスマホがひしめく中国市場で15%もの市場シェアを獲得した。しかし、これは「iPhone 8」シリーズと「iPhone X」を発売し、グローバルでシェアが急増した影響であり、今年は減少に転じると業界アナリストの多くは予測している。しかし、アップルが中国でシェア拡大 ...

  • 太陽系で「最もくさい惑星」天王星の衝撃の事実

    Brid-Aine Parnell , CONTRIBUTOR

    天王星に降り立って深呼吸をすると腐った卵の匂いがすることが判明した(ちなみに空気はない)。「不幸にも天王星に降り立つ人間がいたとしたら、不快で臭い環境に置かれることになるだろう」と惑星物理学を専門とするオックスフォード大学の教授Patrick Irwinは言う。「しかし、大気はマイナス200℃でほと ...

  • 米航空局がドローン規制緩和、150地域で「ビジネス活用」へ

    Alex Knapp , Forbes Staff

    かつて趣味のガジェットだったドローンが、今では建設や油田開発など、様々なビジネスで活用されつつある。ゴールドマンサックスは2020年までに、ドローンの業務利用市場が1000億ドル(約11兆円)に達すると予測している。しかし、ドローンの業務利用には米連邦航空局(FAA)の認証という高いハードルがあった ...

  • プーマがスマートウォッチに本格参入、フォッシルと提携で

    Paul Lamkin , Contributor

    プーマが時計メーカーのフォッシルと提携し、スマートウォッチ市場に本格参入する──。フォッシルがプーマブランドの時計やスマートウォッチのデザイン、開発、販売に関するライセンス契約を結んだことを発表した。契約期間は2028年までで、2019年にも商品を発売するという。「プーマはスポーツブランドにおける世 ...

  • AIでフライドポテトの質向上も アグテックが変える食の未来

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    アグテックスタートアップのCeres Imagingは、農地にセンサー設備を搭載した飛行機を飛ばし、高解像度の画像データを収集。そのデータを解析し、農家に栽培や品質管理に関するインサイトを提供している。例えば、カメラで農地を撮影して温度を確認し、土に含まれた水の量を把握することもできる。撮影された画 ...

  • ソニー「20年ぶりの好決算」を支えたプレステ4の好調ぶり

    Matt Perez , FORBES STAFF

    ソニーは4月27日、2017年度(2017年4月~2018年3月)の決算を発表した。同社の営業利益は20年ぶりに過去最高を更新し、67億ドル(約7300億円)に達した。しかし、ここで注目したいのは、PS4(プレイステーション4)を主軸とするゲーム&ネットワークサービス事業の好調ぶりだ。同部門 ...

  • 中国がVPN規制をさらに厳格化、外国人への影響は?

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    中国政府は、VPN(仮想プライベートネットワーク)に対する規制を強化しており、中国のネット民にとってはフェイスブックやウィキペディア、ユーチューブなどの禁止されたウェブサイトにアクセスすることがこれまで以上に困難になっている。中国政府は、これらのサイトには反政府的なコンテンツが含まれることを懸念して ...

  • 米アマゾンの配送センター「ロボット化」部門長に独占取材

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    アマゾンで配送センターのロボット化を推進する部門「アマゾンロボティクス(Amazon Robotics)」は、複雑な課題を洗練されたソリューションで解決することを目標にしている。社員らは商品購入から配送までをより迅速に、よりスマートにし、カスタマーエクスペリエンスを向上することに日々取り組んでいる。 ...

  • ビヨンセと同じ食生活ができる「22デイズ」、AIで食の未来を支援

    Michael Pellman Rowland , CONTRIBUTOR

    ビヨンセは先ごろ米国で開催された音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」に出演、昨年双子を出産して以来、初となる大舞台でのパフォーマンスを披露した。彼女はこの日から44日前、インスタグラムで「ビーガン(完全菜食主義者)に切り替える」と発表していた。ビヨンセはその際、自身のプロフィールに、ビーガン食の ...

  • 米最大級の「フィットネスクラブ帝国」創業者が歩んできた道

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    「Xponential Fitness(エクスポネンシャル・フィットネス)」は、多くの特化型フィットネススタジオを傘下に持つ企業だ。ポートフォリオには、「Club Pilates」(急成長中のピラティスのフランチャイズ)や「CycleBar」(インドアサイクリングのフランチャイズ)、「Stretch ...

  • スーパーモデルも認めたファーウェイ「トリプルカメラ」の実力

    Declan Eytan , CONTRIBUTOR

    元祖スーパーモデルのヘレナ・クリステンセンが中国のファーウェイと組み、同社の最新型スマートフォン「P20 Pro」をアピールした。写真家でもあるクリステンセンは、ファーウェイがライカと手を組んで開発したトリプルカメラ搭載の「P20 Pro」を使い、パリで3人の女性を撮影。それぞれジュエリーデザイナー ...

  • 自律飛行機はまだ早い? 米調査で9割が「未来の旅」に懐疑的

    Michael Goldstein , Contributor

    「旅の未来」への準備はできているだろうか? 2800万人の会員を擁する旅行サイト「Travelzoo」が6000人の旅行者を対象に行った調査で、90%はノーと答えた。自律走行車やパイロットなしの飛行機といった“自動の旅”に関しては、特に懐疑的だった。Travelzooのスポー ...