• 料理・空間・心が奏でる「美味方丈」 うかいの物語のある食空間とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    その出発点は1964年に奥高尾に開業した「うかい鳥山」だった。文化事業、都心への出店、株式上場などを経て、常に成長を続けるうかいは、新たに六本木ヒルズに2つの新店舗をオープンする。国内外の人々に賞賛されるうかいの原点を大工原正伸社長に聞いた。高度成長期前夜、その場所には、日本初の都市型ホテルがあった ...

  • アルマーニの魅力が際立つ画期的なオーダーシステム「メイド トゥ オーダー」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    どんな体型の人でも、ジョルジオ アルマーニの美しいシルエットをキープしながらジャストサイズで着こなせ、自分らしさを表現できる──。そんな夢のような「メイド トゥ オーダー」のシステムが、いま、多くのビジネスリーダーの支持を集めている。選べるタイプは、CLASSIC、SLIM FITという2型のスーツ ...

  • ボトル入り飲料水に混入のプラスチック粒子、ネスレの商品が最多

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    世界保健機関(WHO)は先ごろ、ボトル入りの飲料水に含まれるプラスチック粒子の危険性についての調査を開始すると発表した。各国で販売されている複数の主要ブランドを対象とした調査で、90%以上のボトルに微小なプラスチック粒子が混入していたことが確認されたためだ。米国のNPOオーブ・メディア(Orb Me ...

  • 球史に残る4割打者の「野球以外の功績」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    野球界のヒーロー、大谷翔平がメジャーリーグのエンゼルスに移籍した。メジャーリーグと聞くと、1999年7月にボストンのフェンウェイ球場で開催されたオールスターゲームを思い出す。私の2回目の留学のときのことだ。始球式には地元レッドソックスが誇りとする歴史的な強打者、テッド・ウィリアムズの姿があった。テッ ...

  • WRXワゴンが復帰か、スバルのヴィジヴ・ツアラーの真相

    ピーター ライオン , Official Columnist

    これはWRXワゴンの再解釈だろうか? 迫力満点のブリスターフェンダーと鋭いエッジが効いた格好いいボディは、ちょうどレヴォーグとアウトバックの中間に当たるサイズだからこそ、再解釈と言えるかもしれない。今月のジュネーブ・モーター・ショーで発表されたスバルのヴィジヴ・ツアラー・コンセプトは、昨年の東京モー ...

  • 何を、どう、いつ食べる? 研究結果が示す「健康のヒント」

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    ゆっくり、食事に意識を集中して食べることで、より健康になるという「マインドフル・イーティング」が最近話題になっている。医療系メディアBMJ Openの新しい研究によると、ゆっくり食べる人は、食べるのが速い人に比べて太りにくいことがわかった。また食べるのを遅くすることで、体重が減りやすくなるという。研 ...

  • 眠れない? そんなときは「To-DOリスト」を書こう

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    寝付きが悪くて困っている人々に向け、ある「シンプルな習慣」で睡眠までの時間を短くできるという新たな研究が発表された。瞑想ではない。翌日にすべきことをリストにして書き出すのだ。To-Doリストを書くことで、脳は覚えておかなければいけない事柄を“放り出す”ことができ、それによって ...

  • 「便利、スピード、快適」を捨ててまで手に入れたい大切なこと

    増村 江利子 , Official Columnist

    東京から長野に移住して、すぐに冷蔵庫を手放したことは、前回の記事でも書いた。大多数の人にとっては必要なものかもしれないが、私には必要のないものだった。それだけのことだ。そして、家電製品は洗濯機しか残っていなかったのだが、その洗濯機も手放してしまった。なぜ洗濯機をやめたのか家族4人に加え、犬2匹、猫3 ...

  • 「ありがとう」が聞きたくて横領に手を染めた女の夢見た自由

    大野 左紀子 , Official Columnist

    次々と新たな事実が発覚し、自殺者まで出して日本を揺るがせている森友問題。その「起源」の中心にいるのが安倍総理夫人であることは、世論調査などを見ても半数以上の人が確信しているところだ。安倍昭恵氏は裕福な家庭に生まれ、ミッション系スクールを卒業したいわゆるお嬢さんだが、ファーストレディとなった後は、ラジ ...

  • 次世代をつくる日本屈指のトレーナーがエグゼクティブにかけた魔法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のビジネスパーソンの間でも、健康への意識は年々高まっている。政府は長時間労働撲滅の働き方改革を推進し、企業の多くは生産性重視の健康経営に舵を切った。そんななか会社経営者や医者などのエグゼクティブを中心にいまウエイトトレーニングが流行となる兆しを見せ始めている。彼らはなぜ、フィジカル強化に取り組み ...

  • 「クマのプーさん」の森にある名門ゴルフコース

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ロイヤル・アッシュダウン・フォレスト・ゴルフ・クラブは、イギリスの児童文学作品『クマのプーさん』の舞台となった森の中心にある。バンカーは存在しないながらも、小川やエニシダ、ギリュウモドキなどの障害物に囲まれた、ユニークな名門コースの魅力に迫る。ロンドンから約50キロ南東に広がる森林地帯の中心に、イン ...

  • 「呼吸」が健康に重要であることを示す5つの研究

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    呼吸の科学は、大昔に築かれた土台のうえに成り立っている。数世紀にわたる知恵は、私たちにもっと息をすることに意識を向けるべきだと伝えている。しかし、呼吸は私たちが日々行う最も基本的な行為だからこそ、疎かにされやすい。呼吸と脳、そして健康全般に関する最新科学は、呼吸に注意を払う価値があることを思い出させ ...

  • 片山正通に聞く、アートの楽しみ方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2017年9月、米ニューヨークにて、日本を代表するインテリアデザイナーであり、ワンダーウォール代表の片山正通が所有する70点におよぶ作品のオークション「Life is hard… Let’s go shopping.」が開催された。日本人による、シングルオーナーセール(ひと ...

  • 本は理解するために読まなくていい 月100冊の読書術

    尾原 和啓 , Official Columnist

    僕は、月にだいたい100冊くらいの本を読んでいます。1日の平均は4冊くらいです。こういうと読書家だと思われるかもしれないのですが、僕は200ページの本につき、だいたい3分間ほどしか読みません。本は最初から最後まで読まなきゃいけないと思い込みがちですが、そんなことはありません。大事なのは、読む前に「僕 ...

  • 科学が示すスーパー・エイジャーの特徴 寿命は「習慣」で変わる

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    多くの人々の関心を集める「ウェルエイジング」は、科学の世界でも注目度が非常に高い。そうした中でここ数年、世界中の「スーパー・エイジャー」に関する長期研究の結果が発表され、同時に興味深い事実が明らかになってきている。90歳以上人口のうち、それぞれ約3分の1に当たる人たちには、認知症または認知機能の低下 ...

  • スピルバーグは、なぜ新作を中断して「ペンタゴン・ペーパーズ」をつくったのか?

    稲垣 伸寿 , Official Columnist

    アメリカの映画界には「ブラックリスト」がある。とは言っても、業界における好ましからざる人物の名前を列挙したものではない。まだ映画化されていない脚本がリストアップされたものだ。すぐれた脚本や脚本家を、効率良く発掘するために考えられたシステムだが、仕組みは次のようなものだ。有名無名を問わず脚本家は、月額 ...

  • アジアのお薦め温泉「九州・タイ・ベトナム・韓国」の秘湯

    Tarandip Kaur , Contributor

    自宅で温かい湯船に浸かって心身ともにリラックスするのもいいが、天然の温泉に浸かればさらなる癒しが体験できる。ここではアジアを旅する際におすすめの、4カ国の温泉を紹介する。黒川温泉(熊本県)標高700メートルの渓谷に位置する黒川温泉は、九州で最も人気の温泉の1つに数えられる。複数の泉質が楽しめるため、 ...

  • 「土用の丑の日」の影に潜むブラックウナギ問題

    井植 美奈子 , Official Columnist

    パンダのシャンシャンは、日本中のファンに見守られながらすくすくと成長している。中国政府の手厚い保護が功を奏し、頭数も2000頭を上回ったことからIUCN(国際自然保護連合)は、2016年にジャイアントパンダの絶滅危惧種カゴリーをIB類からII類へと一段階格下げした。この数の少ない大切な動物に、国民が ...

  • 「寝る間を惜しんで」は逆効果 成功への近道は十分な睡眠

    Roger Trapp , Contributor

    トーマス・エジソンやアルバート・アインシュタイン、マーガレット・サッチャー、マルサ・スチュワートなど、数多くの成功者の睡眠習慣についての情報のおかげで、新参経営者たちの間では、1日たった数時間の睡眠でも自分は働けると主張することが流行のようになった。まるで睡眠は「弱虫」のものと言わんばかりだ。しかし ...

  • 半世紀を経て復活した、新時代のアルファロメオ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アルファロメオが掲げるバッジには、ミラノ市の紋章である赤い十字架とこの地を支配したヴィスコンティ家の紋章が組み合わされている。1910年にミラノを州都とするロンバルディア州の自動車愛好家たちが創業した当時は、Anonima Lombarda Fabbrica Automobili(=ロンバルダ自動車 ...