• 難しい上司に対処する7つの方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    ようやく天職にめぐり逢い、仕事も楽しく、同僚とも上手くやっているのに、上司だけが我慢ならない──これは昔からよくある悩ましい状況だ。細かい指摘ばかりし、あなたがどんなに努力しても期待していたような良好な関係を築けそうもない上司。もしあなたがそんな状況にあるとしても、ストレスを感じすぎないようにしたい ...

  • 採用選考の落とし穴 「ミニ・ミー」増殖に要注意

    Lynda Shaw , CONTRIBUTOR

    社員を雇う時の基準は何だろうか? 経歴や適性? 心理測定テストの結果? それとも、面接に厳しい態度で臨む?答えはきっとどれもイエスだ。だが、多くの人が「ミニ・ミー」(自分の小さな分身)の軍団を雇ってしまうことをご存知だろうか?趣味や考えなどの共通点が多く、自分に似た人物に引き付けられるのは、ごく自然 ...

  • 上司の「最も頼れる部下」である悪夢、抜け出すための4つの策

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    上司にとっての一番の頼れる部下であることは、職場において他の人たちから敬意を払われるべき「地位」を与えられていることを意味する。組織内で権力や影響力を持つ人たちに、近づくこともできる。だが、その立場があなたに悪夢をもたらすこともある。上司の頼みにいつでも「イエス」と言い、何でもできる部下だということ ...

  • 不妊治療の計画を職場に伝える前に考えたい5つのこと

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    米国では8組に1組のカップルが、不妊に悩んでいるという。だが、その多くは不妊にかかわる感情的、身体的、金銭的な苦労について、同僚や上司に打ち明けることができずにいる。調査会社カム・リコメンデッド(Come Recommended)が米国の不妊啓発週間(4月23~29日)に合わせて発表した新たな報告書 ...

  • 内定に飛びつく前に言うべきこと

    Lelia Gowland , Contributor

    転職活動でついに内定を受けたその瞬間は、喜びのあまり「はいっ!いつから出社しましょうか?」と言ってしまいたくなる。しかし、どれほど胸が躍っていようと、その気持ちはぐっとこらえよう。内定承諾前は、会社側と交渉する絶好の機会だ。たとえ交渉しないと決めても、返事の前に一息つくことで、新たな職場での成功に向 ...

  • 変わる副業、「小遣い稼ぎ」から「ライフワーク創出の場」に

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    「小遣い稼ぎ」の印象が強かった副業が変化している。自分の知見を「スポットコンサルティング」という形で提供する。そんな仕組みをつくったのが、2013年に創業した「ビザスク」だ。2年前の登録者3000人から現在は3万2000人を突破。例えば、大手金属に勤務のAさん(50代)は、以前勤めたメーカーで技術職 ...

  • リーバイスの復活を成し遂げた、元軍人のカリスマCEO

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    19世紀後半、ゴールドラッシュに沸いたアメリカで、金鉱で働く労働者のワークパンツとして生まれたジーンズ。最初に生産したのはリーバイ・ストラウス社──「リーバイス」だ。ジーンズのパイオニアである当社だが、ファストファッションの台頭など世界的な流れにも押され、90年代から長い低迷期に入る。それを立て直し ...

  • オードリー・ヘプバーンから学ぶ、リーダーとしての3つの心得

    Geoff Loftus , CONTRIBUTOR

    才能と美に関して、オードリー・ヘプバーンはまさに理想を体現していた。英米のアカデミー賞、エミー賞、トニー賞を受賞し、ブレーク・エドワーズ、ジョージ・キューカー、スティーブン・スピルバーグ、ビリー・ワイルダー、ウィリアム・ワイラーら偉大な監督の作品に出演。共演者も、フレッド・アステア、ハンフリー・ボガ ...

  • 女性に対する男性の交渉姿勢、トランプ当選で攻撃的に 6つの対処法

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    昨年の米大統領選以降、女性に対する男性の交渉スタイルがより攻撃的になっていることが、ペンシルベニア大学ウォートン校のコリーン・ロー助教授らの研究により明らかになった。トランプ大統領の名前にあやかり「トランピング・ノームズ(打ち負かす典型的行動様式)」と題された論文にまとめられた研究結果は、米経済誌ア ...

  • 「アジアを代表する20歳以下」 最年少は10歳のプログラマー

    Rana wehbe , FORBES STAFF

    成功するのに年齢は関係ない。2017年のフォーブス「30アンダー30」アジア版に選出された面々が、若さは障壁にならないことを証明してみせた。今年で2回目となるこのリストは、アジアとオセアニアの30カ国における「30歳未満の重要人物」を300組選んだもの。その中の最年少メンバーである20歳以下の要注目 ...

  • 劣悪な職場を逃れた後、休憩期間を設けるべき理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    ひどい仕事は、トラウマを生むこともある。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を崩し、天井知らずのストレスを生み、健康を害し、社会人や人としての価値に疑問を抱かせる。ひどい仕事に就いていると、より良い場所へ今すぐ逃げ出したいという衝動に駆られる。どんな仕事であれ、ここよりはましに違いない──と ...

  • ワークライフバランスに優れた米企業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    最近では、競争力を高めたい企業は、優秀な人材を引きつけるため、社員が職場と私生活の間でバランスをうまく取れるようにしている。ワークライフバランスはかつてなく手に届きやすいものとなった。柔軟性に富んだスケジュールや子育て支援サービス、技術の進歩による遠隔勤務などのおかげだ。企業レビューが1000万件以 ...

  • 女性創業のスタートアップは「成長が速い」 米調査結果

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    女性が創業したスタートアップ企業は、創業者が男性のみのスタートアップよりも「ほぼ一貫して」良い業績を上げているとする報告書が、米国の従業員調査会社タイニーパルスにより発表された。同社の「スタートアップ年次報告書2017」によると、スタートアップを収益成長率別に区分した5グループのうち4つで、女性が創 ...

  • 出番は不意にやってくる? あなたの動画映りを良くする方法

    中井 信之 , CONTRIBUTOR

    教育から業務マニュアル、家電の取り扱い方からセールス方法まで、これまで文書や対面で伝えられていたものが動画で紹介されることが増えている。文書を印刷するよりも経費がかからず、要点のまとまったものをいつでもどこでも見られるからだ。それらの動画の種類を大ざっぱに二分すると、文字や図などがスライドのように流 ...

  • 絶対に「詫びる必要がない」10のこと

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    「申し訳ありません。ですが…」──そう前置きすることは、今後のあなたの運命を悪い方へと向かわせる。何も間違いを犯していないときにわびることは、あなたを弱い人、簡単にクビにできる人のように見せるし、礼儀正しいことでもない。それでも謝りたいなら、それでもいいだろう。ただし、以下に挙げる10 ...

  • レディー・ガガの復活劇から学ぶ、低迷事業を救う5つの方法

    Denise Lee Yohn , Contributor

    レディー・ガガが戻ってきた。かつてポップ・ダンス音楽の世界に旋風を巻き起こした彼女は、2013年のアルバム『アートポップ』の売り上げが振るわず、世間から見放されつつあった。メディア露出も減り、楽曲やコンサートチケットの売り上げもぱっとしなかった。しかし完全復活を果たしたガガの最新アルバム『ジョアン』 ...

  • 問題社員への心配をやめるべき理由

    Maynard Webb , Contributor

    経歴は素晴らしく、面接でも際立っていた人材。だが採用してみると、思い描いていた通りにはいかなかった。スキルは期待に添わず、経験も職務に生かせず、求められた成果を出せない──。こんな経験があったとしても、それはあなただけではない。採用の50%は失敗するとの調査結果も出ている。以下に、社員の業績がいまい ...

  • ビリオネアCEO報酬ランキング 今年首位はHPEのメグ・ホイットマン

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    ビリオネア(保有資産10億ドル以上の富豪)の多くは起業で財を成し、その巨万の富は年間給与ではなく、保有する自社株で構成されている。しかし中には世界有数の大企業の最高経営責任者(CEO)の地位にとどまり、昨年、膨大な額の報酬を得たビリオネアもいる。コーポレートガバナンス(企業統治)に関するデータを提供 ...

  • 潜在意識のマネジメント[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    心理学の世界に、「サブリミナル効果」という言葉がある。例えば、映画館において上映される映像に、観客の表層意識では気がつかない閾値下(サブリミナル)のレベルで、ほんの一瞬、しかし、繰り返し、「コークを飲め」「ポップコーンを食べろ」という文字を挿入しておくと、映画を見終わった後、多くの観客が、無意識に、 ...

  • 相次ぐCEOの失言 きっかけの多くは共感力不足

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    CEOによる悪行の例を見つけるのはたやすいが、最近特に目立ったのが米ユナイテッド航空のオスカー・ムニョスCEOと米ウーバーのトラビス・カラニックCEOの2人だ。彼らはいずれも、共感力不足を示す行動を(少なくとも初期段階で)取ったことで、世間の怒りを買った。共感とは、世界や特定の状況を他人の視点から見 ...