• まともでない上司に「ノー」と言うべき時

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    ビジネスリーダーシップに関する記事執筆やコンサルティング業を営む私は、どうも劣悪なマネジメントとめちゃくちゃな上司についての情報を磁石のように引き寄せてしまうようだ。残念なことに、まともではない上司は多い。私は最近、寄稿先のメディアを通じ、手紙を受け取った。その手紙は、多くの従業員が直面する課題を個 ...

  • フェイスブックの「チャットボット」が実現する次世代の顧客体験

    Blake Morgan , Contributor

    現在、顧客とのやり取りの大半は電話で行われているが、電話は顧客が一番望んでいる手段ではなく、企業の顧客対応で最も効率的な方法でもない。イライラを生む電話や、スパムと思われるメール、そして一貫性に欠ける対面対応の代わりに、フェイスブック・メッセンジャーを通じたチャットボットを導入し、顧客体験に価値を付 ...

  • 危機管理経営に必要な「悪魔の参謀」

    蛭間 芳樹 , Official Columnist

    ネットで「東芝」と検索すると、「退職しました」という言葉が出る昨今。10月24日に開かれた臨時株主総会でも「これだけ退職者が出て、本当に再建できるのか?」という、当然の疑問が飛んだ。神戸製鋼、日産など、日本を代表する大企業の不祥事が相次ぎ、東芝にいたっては会計不正が「自壊」に及んでいる。危機管理の専 ...

  • 大混乱のiPhone X予約 守られなかったアップルブランドの約束

    Bryce Hoffman , Contributor

    10月27日、世界の何百万人というアップルファンと同様、私の目覚ましは夜も明けないうちから鳴り響いた。起きた私は早速手持ちのiPhoneでアップルストアを開き、アップルが今年発売した「iPhone X(テン)」の予約を、受付開始時間ちょうどに行う──はずだった。アップルの新製品発売ではこのところ、も ...

  • 「先送りする癖」をなくすために考えるべき12のこと

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    先送りする癖をなくすためには、次の12のことを考えてみるのが有効だ。1. あなたの最強の敵はたった今、熱心に努力をしている。そうすればするほど、敵は力を伸ばしていく。2. 何かをしたら、永遠にそれを自慢し続けることもできるし、二度と振り返らないこともできる。どちらもそうしたいと思うことだ(あなたはど ...

  • 誰にでもわかる解雇の前兆 転職活動を始めるべき10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のジョエルから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は現在の仕事に就いて3年になりますが、先週は入社してから最もストレスを感じた1週間でした。火曜日に、マネジャーが突然チーム会議を招集しました。以前このようなことがあったのは、役員の1人が長い闘病の末に亡くなったときでした。マネジャーは、会社 ...

  • テンセント創業者は5千億円寄付、慈善活動に注力の中国の富豪

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国のテンセントの株価が過去最高水準で推移している。フォーブスのリアルタイム・ビリオネアランキングでは10月14日現在、テンセント創業者のポニー・マー(馬化騰)の資産額は392億ドル(約4.4兆円)で、中国で2位、世界で18位だ。テンセントの株価の上昇は、慈善活動家としても知られるマーの存在感を一層 ...

  • トランプに辞表を突き付けた共和党議員 J・フレークの名演説

    John Baldoni , Contributor

    米政治評論家でテレビ司会者のクリス・マシューズは、政治家が本当に持つ信条が分かるのは敗北演説だ、とよく口にする。これは、再選を目指さない意向を表明した候補者にも当てはまるかもしれない。米アリゾナ州選出のジェフ・フレーク議員は今週、上院議会での演説で、2期目を断念することを発表。トランプ大統領への軽蔑 ...

  • こんな新入社員は初日に解雇 10の危険信号

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のクリスから寄せられた便りと、私からの回答だ。私はブティック・マーケティング会社を経営しています。採用は慎重にしていますが、今回失敗してしまいました。今は新しく雇った「ジェーン」をどうするか決めかねています。ジェーンの職務経験は7年。面接を2度行い、ポートフォリオを確認し、推薦者とも話しま ...

  • 「質の高い幼児教育」のつくりかた

    小林 りん , Official Columnist

    幼児期からの詰め込み教育が必ずしも学業面での成長につながらないこと、一方で、自ら考える力や自己肯定感を養う「創造的な遊び」が、いかに子どもたちの人間性や社会性を伸ばすかについては、前回記事で論じたとおりだ。では「遊び」とは具体的に何を意味するのか、「遊び」を幼児教育の現場で作り出す担い手は、いかに育 ...

  • 最終選考での不採用が良いことと言える理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    私は最近、就業中の友人から、転職活動についての不満を耳にした。求職者によくある不満といえば、応募書類を送ったのに音沙汰がないことや、優秀な人材を安い給料で採用しようとする会社についてだが、彼女の問題は少し違っていた。彼女は非常に経験豊富で、履歴書とカバーレターも素晴らしい内容であるため、求人広告で興 ...

  • E・マスクのスペースXとテスラ起業に学ぶ、成功のための4か条

    Luis E.Romero , CONTRIBUTOR

    読者の皆さんは、仕事の一環で、成功した起業家と知り合ったことがあるあるかもしれない。しかし、類いまれな才能を持つ起業家に出会ったことはあるだろうか?専門家が不可能としたアイデアを実現する魔法使いのような起業家や、懐疑的な人も信者に変えてしまう精神的指導者のような人物だ。こうした起業家の一人がイーロン ...

  • コンピューターサイエンスに強い世界の大学12校

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    世界の大学で、コンピューターサイエンスを学ぶのに最適な学校はどこかと考えたことはあるだろうか?その問いへの答えが、英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)の最近の調査により明らかとなった。同誌は、各校の業績を論文引用(研究の影響力)、産業界からの収入(産学間の知識の移行)、国際 ...

  • 何に期待し、何を懸念する? 世界「1300人のCEO」意識調査

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    地政学リスクが高まる一方で、人工知能やIoTなど先端技術の開発が急速に進むなか、CEOの意識はどう変化しているのか。世界的コンサルティングファームKPMGの協力のもと、世界と日本の経営者たちの思考を紐解く(各データは、主要10カ国、11業界のCEO約1300人を対象に実施した「KPMGグローバルCE ...

  • 最高のワークライフバランスを達成する4つのコツ

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    世の中には、油断すると仕事に完全にのまれてしまうタイプの人がいる。こうした人々は、不安や競争心、さらには有害な「情熱」に突き動かされ、仕事と私生活のめりはりをつけるのに苦労しがちだ。一方で、睡眠を犠牲にすることなく仕事で素晴らしい成功を収める人もいる。このタイプは、人間らしい生活を送りつつも仕事で成 ...

  • 総データ化時代、リーダーに求められるスキルは「想像力」

    齋藤 ウィリアム 浩幸 , Official Columnist

    急激な進歩を続ける人工知能(AI)は、いずれ人間から仕事を奪うのでしょうか。より適切な未来へ向け舵を取る責務を担うリーダーにとって、この疑問への解答は明確でなければなりません。つまり解答は、ポジティブな「イエス」であるべきです。10年前、世界の時価総額ランキングは石油関連企業が上位を占めていました。 ...

  • スピルバーグの創造性を開花させた、上司のある「約束」

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督について米ケーブルテレビ局HBOが新たに制作したドキュメンタリー映画の中で、彼は自身の創造性を開花させた人物として、MCA/ユニバーサル元社長のシド・シャインバーグを挙げている。シャインバーグは20歳のスピルバーグに7年契約をオファーし、彼の最初の上司となっ ...

  • 多様性とインクルージョンが経営判断を向上 新調査で明らかに

    Erik Larson , CONTRIBUTOR

    このところ、職場の多様性に関する課題がニュースになることが増えている。多様性の取り組みの多くは雇用に重点を置くが、たとえ多くの時間と資金を投資しても、何千人もの従業員を抱える企業の変革には何年もかかってしまう。しかし、その変化を早める方法もある。全ての職務レベルで、経営判断を下す過程に多様な従業員を ...

  • IBMが遠隔勤務制度をやめた理由

    Carol Kinsey Goman , CONTRIBUTOR

    IBMは2009年、173か国38万6000人の社員のうち、40%が遠隔勤務をしていると公表していた。遠隔勤務制度の導入により、IBMは各地のオフィスビルを計20億ドル(約2250億円)近くで売却できた。賢いビジネス戦略としてもてはやされた在宅勤務は、瞬く間に本格的なトレンドとなった。素晴らしい話の ...

  • 職場での不機嫌は「辞め時」のサイン

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    仕事で難題に直面することは誰にでもある。プロジェクトの中には他よりも手間がかかるものもあり、締切りに間に合わせるためにラストスパートをかけてストレスがたまることや、時間がゆっくりとしか進まないように感じる停滞期もある。では、一時的なけん怠期と、転職活動を始めるべき兆候である慢性的な停滞期はどう見分け ...