• 高収入かつ意義のある職業ランキング トップ10は医療系がほぼ独占

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米国人の多くは、キャリアを選択する際、収入の高さか仕事の意義かのどちらかしか選べないと思っている。しかし、実はどちらも手に入る場合も多い。報酬が高く、意義ある仕事と感じられる職業を明らかにするべく、フォーブスは報酬調査サイトのペイスケールに独占調査を委託した。調査に使用した職業の分類は、米労働省の職 ...

  • 「弊社で働きたい理由は?」への答え方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のゴードンから寄せられた便りと、私からの回答だ。----------------------現在求職中です。面接は、会社側が私を吟味するのと同様に、私がその会社を吟味する機会なのだということは、重々承知しています。10年前、経営体制がずさんで恐怖心に支配された会社に入社しひどい経験をしたの ...

  • 「辞めたいけど辞められない」 そう言う人がついている4つのうそ

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    トランプ政権の高官らが次々と自主的・強制的に辞任する中、米メディアのアクシオス(AXIOS)は最近、他の高官たちが(当然ながら匿名で)語った「私が辞めない理由」を紹介する興味深い記事を掲載した。彼らが挙げた理由は驚くようなものではない。機能不全かつ有害な職場環境となっているとされるホワイトハウスで高 ...

  • 支持率どん底のマクロン大統領、それでも成功すると言える理由

    Shellie Karabell , CONTRIBUTOR

    1789年8月4日、フランスの革命派議員らは、貴族階級の特権とアンシャン・レジーム(旧政治体制)の廃止を可決した。その218年後、エマニュエル・マクロン仏大統領は、凝り固まった同国の労働法が一般人に与える特権を一部廃止しようとしている。これにより、新たなフランス革命が勃発しつつある。フランスの世論調 ...

  • 宮澤ミシェルが「言葉と教育の道」に進んだ理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    プロサッカー選手としての道を極めた後、様々な分野に活躍の場を広げる彼らの言葉から、新たな「働き方」や仕事への向き合い方のヒントを探る。今回お話を伺うのは宮澤ミシェル氏。1963年生まれ、1986年に日本リーグ(Jリーグの実質前身となったリーグ)のフジタ工業サッカー部へ入団。1992年、Jリーグ参入を ...

  • 世界大学ランキング、上位2位はともに英大学 米国さらに後退

    Nick Morrison , CONTRIBUTOR

    昨年の世界大学ランキングでは、米国が初めてトップの座を失った。そして今年も再び、米名門校がオックスフォードとケンブリッジの後塵を拝す結果となった。だが、英国の成功は長く続かないかもしれない。英国の欧州連合(EU)離脱、通称「ブレグジット」によって高等教育機関の研究予算は大打撃を受ける恐れがあり、高等 ...

  • 内定を辞退すべき会社が発する5つの危険信号

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のミカイルから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は現在1社から内定をもらっていますが、2社目の返答を待っています。2社目の方がいくつかの点で私に合っていますが、より良いオファーを期待して内定を辞退したくありません。既に内定をもらった仕事は現職と全く同じ職務で、会社が変わるだけです。私は現 ...

  • 卒業後の年収が最も高い米大学ランキング

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    高校を卒業しつつある若者の多くは、人間的な成長や啓発のみならず、特定のキャリアに向けた最善のスタートが切れ、できればすぐに満足できる収入が得られる大学に入りたいと思っている。まさにこの点に焦点を当てた調査結果が最近、報酬調査サイト「ペイスケール(PayScale)」により発表された。同調査では、米国 ...

  • 夫の死を克服、フェイスブックCOOが語る「社会人に必要な回復力」

    Jan Bruce , CONTRIBUTOR

    私は先日、フェイスブックの最高執行責任者(COO)であり、心理学者のアダム・グラントと共同で『OPTION B(オプションB)逆境、レジリエンス、そして喜び』を執筆したシェリル・サンドバーグに、ビジネスとレジリエンス(回復力)について話を聞いた。夫が急死した悲しみから復活を遂げたサンドバーグは、その ...

  • NYに「砂糖の山」を出現させた菓子メーカーが伝えたかったこと

    Will Burns , CONTRIBUTOR

    砂糖の取り過ぎが良くないことは周知の事実だ。あまりに当たり前過ぎて、私たちはそのまま気にすることなく、真実ではないふりをしている。では、米国の9歳児は毎年、自分の体重と同量の砂糖を摂取していると言われたらどうだろう。とんでもない量だと思うはずだ。あるいは、米国の子どもたちが5分間に消費する砂糖の量は ...

  • 仕事大好き人間を雇ってはいけない理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    私は先週、ある知人の男性と採用について話した。彼がちょうど候補者の採用面接をしているところで、どんな人物を求めているかは大体知っていたので、私はちょっと変わった質問をしてみた。「このポジションでうまくやっていけないのはどういう人?」彼の答えは、「寝ても覚めても仕事のことしか頭にない人」だった。これは ...

  • 思考を超ポジティブにするシンプルな方程式

    Bruce Kasanoff , Contributor

    本記事では、恐怖心にあふれた思考法からポジティブな思考法へと移行するためのキャリアのコツを紹介する。同僚から次のような話を聞く場面を想像してほしい。「聞いた? ダイアンが辞めたから、彼女が務めていた注目度の高いポジションが今空いているらしい。挑戦してみたら?」あなたの心には何が浮かぶだろう。この機会 ...

  • 「人材不足」は虚構 逸材は簡単に採用できる

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    採用活動ほど常識頼りの業務はないだろう。逸材を雇うのは難しいと言われているが、実際にはそれほど難しいことではない。企業は「人材不足」に苦しんでいると言われているが、「人材不足」は想像の産物でしかない。自分の望む値段で好きなもの全てを買うことなど不可能だ。高級百貨店を覗くたびに本物のダイヤモンドのネッ ...

  • 内定を獲得するためのシンプルな面接テクニック

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    本記事では、簡単に学べる非常に強力でシンプルな面接攻略法を紹介しよう。高校生に教えても良いし、自分自身でも使えるテクニックだ。求職者が面接の段階で直面する最大の障壁は、容量オーバーになっている採用責任者の脳だ。採用責任者が短期間に非常に多くの人を面接することはよくある。すると責任者の脳には過大な負荷 ...

  • 世界を目指すクリエイターのプライベートタイム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表の猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来を ...

  • その会社、本当に自分に合っている? 転職前に見極める6つの方法

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    「こうなることは分かっていた。辞めようとしたけど、向こうに先を越された。きょう、解雇された」これはある友人が私たちに語った言葉だ。「内定承諾後すぐ、私には合わないことが直感的に分かった。上司の価値観や管理手法に賛同できず、どれほど努力しても意見は一致しなかった。前の仕事を辞める前に会社との相性を知る ...

  • 「着心地の良さ」が仕事に与えるメリット

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの代表、猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来 ...

  • 私がウーバー新CEOに贈る「100億ドルのアドバイス」

    Bruce Weinstein , Contributor

    米配車サービス大手、ウーバーの最高経営責任者(CEO)に新たに就任したダラ・コスロシャヒが会社を立て直す唯一の方法は、ここで紹介する3つの大胆な施策を即座に実施することだ。生産性の向上、従業員の士気や離職率の改善、訴訟での敗北の減少などの効果を生むこれらの施策の価値は、1つ当たり30億ドル(約330 ...

  • 偽りの自分を押し通すのをやめるべき理由

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    インターネット上には近頃、虚勢を張ることで成功をつかむ方法を伝授する記事があふれている。例えば、自分を実際より賢く見せる方法、会議で自分をより重要な存在に見せる方法、本当はよく知らない話題についてあたかも知識があるかのように話す方法、「パワーポーズ」をとったり会議で大きな物理的空間を占有したりして威 ...

  • 失敗がリーダーを成長させる4つの理由

    Deep Patel , CONTRIBUTOR

    失敗はリーダーにとって最高の教訓になり得る。なぜなら、失敗を通じ、成功への正しい道を発見できるからだ。事業で惨めな失敗をした後、ついに大成功を収めた人は多い。失敗を受け入れるのは難しいだろうが、失敗経験のある人は後により大きな成果を達成している。以下は、「失敗は成功の母」である4つの理由だ。うまくい ...