• 劣悪上司を面接で見抜く7つの方法

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    私は過去に何度か、本当にひどい上司の下で働いたことがある。皆さんもそうした経験があるだろう。私が勤め始めた後に上司となった人もいた一方で、内定を受け入れる前に気付くべきだった悪質な上司もいた。以下に、仕事のオファーを受ける前にダメな上司を見極める7つの方法を紹介する。1. 面接に遅れてくる私はある時 ...

  • 圧迫面接をしてはいけない2つの理由

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    面接で候補者に冷や汗をかかせれば本性が分かる、という根拠のない考え方は、昔から存在してきた。候補者同士を激しく競わせるグループ面接を受けた、面接室に30分放置された、複数の面接官から矢継ぎ早に質問された──こうした話を人から聞いたり、自身が経験したりしたことは、誰にでもあるだろう。私は過去に、営業志 ...

  • ランドセル最大手「セイバン」社長を支える3つの言葉

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    「天使のはね」の爆発的ヒットでその名を全国区としたランドセル業界最大手のセイバン。36歳で家業を継いだ泉貴章氏は「少子化」という究極の難題を前に、社員の意識変革に取り組んでいる。終戦後の1919年、曽祖父にあたる泉亀吉が播磨地方で産出された皮革をもとに、カバンや財布などを製造する会社を設立。46年よ ...

  • 自信のない上司が持つ5つの特徴

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    経営幹部や副社長などの要職に就く人なら誰しもが自分のリーダーシップ能力にある程度の自信を持っているはずと思っているのならば、それは間違いだ。幹部たちの張り子の虎はちんけなもので、その兆候に気付きさえすれば、自分を偽りながら出世の階段を上ってきたのが誰かを簡単に見分けられる。以下にその手がかりを幾つか ...

  • 職場で心の病公表、女性のメールが話題 企業がすべきことは

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    マダリン・パーカーという女性が書いたメールがソーシャルメディアで話題を呼び、職場でのメンタルヘルス(心の健康)に関する議論を巻き起こしている。マダリンのメールはこうだ。「チームの皆さん、今日と明日は自分のメンタルヘルスに集中するため休みます。来週には気持ちも新たに100%回復して戻ってきたいです」こ ...

  • ウーバー式「顧客評価システム」が必要な3業界

    Bruce Weinstein , Contributor

    運転手が顧客を評価するというウーバーのシステムが、従業員の幸福度を上げ、離職率低下につながる理由は以下の通りだ。私は先日ウーバーを利用したとき、運転手に失礼な振る舞いをしないよう心掛けた。誰に対してもそうするが、特にウーバーでは運転手がその顧客がどんな人物かを同僚に知らせることができるからだ。私の顧 ...

  • 管理職の9割が欠く必須スキルとは

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ひどい上司はほぼ全ての業界・職務で簡単に見つかるが、それには納得できる理由がある。新人管理職は、職務の中心となる「人の管理」の訓練をほとんど、あるいは全く受けていないことが多い。人事部いわく、トレーニングの予算は毎年削減されるばかりで、特に「ソフトスキル」の訓練は予算削減で真っ先に削られてしまう。私 ...

  • 面接で前職や元上司の悪口を言ってはいけない理由

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    就職の面接で「今の(または以前の)上司の一番嫌いなところは?」と聞かれたら、どう答えるべきだろう? 上司がどれほど嫌いかを正直に話すだろうか?面接官は、上司や会社の嫌なところをわざと尋ねることがある。だが油断は禁物。これはあなたが上司の悪口を言うかどうかを見るためのひっかけ問題だ。こうした質問への答 ...

  • 履歴書で避けるべき5つの危険信号

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    キャリアコーチとして活動する私には、アドバイスを求める熱心な求職者から毎日多くの履歴書が届く。書式や言葉の選び方まで、完璧な履歴書を作成するための情報は巷にあふれているが、それだけでは限界がある。地雷を踏むのはいとも簡単だ。そうなると、面接前から採用マネジャーに与える印象を左右してしまいかねない。新 ...

  • 女性が強いられる「オフィスの家事」 職場での偏見をなくすには

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    あなたが働く女性なら、どこかの時点で「オフィスの家事」を頼まれる可能性が高い。議事録を書いたり、備品を見つけたり、誰かのコーヒーを準備したり、という雑務だ。あなたは性差に基づいた偏見はもう存在しないのではないかと望んでいるかもしれないが、これはいまだに世界中の多くの企業でまん延している。大規模なグロ ...

  • 女性が働きやすい企業トップ25、テック系6社がランク入り

    Alexandra Dickinson , CONTRIBUTOR

    女性の労働環境の改善を目指す米フェアリーゴッドボス(Fairygodboss)は先ごろ、今年の「女性にとって最良の企業25社」ランキングを発表した。女性にとっては働きづらいとされることが多いテクノロジー企業6社が名を連ねている。このランキングは、働く女性に以下の3項目について自社を1~5で評価しても ...

  • 災害現場で活躍する「復旧支援のプロフェッショナル」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    災地や事故現場にその会社あり—。シェルドン・イエレン(59)率いる「ベルフォア・ホールディングス」は、30年以上にわたって災害の復旧支援をしてきた。同社は、2005年にニューオーリンズを襲ったハリケーン・カトリーナなどの自然災害をはじめ、01年の全米同時多発テロのような事件や航空機の墜落 ...

  • 中国政府「子供のゲーム規制」徹底へ 顔認証システムの導入も

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のテンセントは「未成年者のゲーム依存を助長している」として政府に名指しで批判されている。国営メディアの人民日報はテンセントの大人気ゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」を取り上げ、「有害」であり常に「負のエネルギー」をまき散らしているとした。テンセントは速やかに対応し、12歳以下は1 ...

  • 巨万の富を引き寄せる「積み重ね」という日常力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    年齢を重ねたビリオネアたちの人生には、 長い道のりを踏み外さずに歩いてきたからこその流儀がある。何が富を引き寄せたのか。世界長者番付6位のカルロス・スリム(資産額545億ドル)と269位のクリスト・ヴィーサ(資産額56億ドル)のストーリーから、その秘訣を探っていく。父の教えを今に伝える「12歳の出納 ...

  • 高給かつ競争率が低い仕事 米国内ランキング発表

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    転職活動が楽に終わることはめったにない。履歴書を整理し、気に入った求人を複数見つけ、職務内容と会社について調べ、採用担当者の目に留まる応募書類を作る。これに他の求職者との競争が加わると、不安度はますます大きくなる。だが、給与の高い仕事の中には、競争率が比較的低いものがある。志望者や資格のある人材が少 ...

  • 男性中心の組織文化から脱するための6つのヒント

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    私は最近、自分がメンター(育成者)を務める若い男女のグループとのセッションで、次のような状況にどのように対処するかを聞いた。あなたは、フォーチュン・グローバル500に入る会社の女性役員。CEO直属の役員のほとんどが男性で、あなたは重要な会議から除外されている。会議に出席して意見を述べれば、同席する男 ...

  • 世界の工学専攻学生が働きたい企業トップ10社

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    フォーブスは最近の記事で、世界の経営学(ビジネス)専攻学生に人気の就職先が、テクノロジー、金融、コンサルティング、消費財の関連企業だと伝えた。では、今世界で最も需要がある分野の一つである工学の道を進む学生たちはどうだろうか?調査会社ユニバーサム・グローバル(Universum Global)は、ブラ ...

  • 家族経営の企業をだめにする「悪い種」の存在

    Russ Alan Prince , CONTRIBUTOR

    家族経営の企業にとって重要なのは、家族間の調和だ。だが、米国で先ごろ行われた調査によると、こうした企業の9割近くが実は社内に「悪い種」を抱えているという。各国の家族経営の企業217社の幹部336人を対象に実施した調査の結果によると、「家族間の調和を維持することが社内の優先課題だ」と回答した人は約65 ...

  • 時間のないフルタイム社員 採用面接はどう設定する?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグレースから寄せられた便りと、私からの回答だ。-----------------------------私は現在フルタイムで勤務中ですが、もっと良い仕事を探しています。転職活動を始めたところ、数人のリクルーターから連絡があったのですが、現在課題にぶつかっています。午前8時半から午後5時の ...

  • 内向的な社員のやる気を引き出す方法

    Karl Moore , Contributor

    内向的な社員のやる気を引き出すには、どうしたらよいだろう? 従来の士気向上策は、そのほとんどが外向的な人々に向けたものだったように思える。例えばチーム関連の活動や、積極性の推奨、ブレインストーミングなど。最近流行りのオープンオフィスですら、外向的な社員向けだ。結果、内向的な社員は陰に追いやられる。自 ...