• LVMH系列投資会社、日本への投資を本格化

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    高級ブランドLVMH系列の投資会社、L キャタルトン。同グループによる日本への投資本格化が新たな価値を生み出す。「日本は、非常にクリエイティブかつエネルギッシュなブランドの宝庫です。それらの価値は、アジア各国との橋渡しが叶うことで最大限発揮されるでしょう」そう話すのは、Lキャタルトンアジア会長のラヴ ...

  • 韓国新大統領「スタートアップ支援」を目指す5つの政策

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    韓国では昨年から巻き起こった朴槿恵前大統領をめぐるスキャンダルにより、スタートアップ業界の今後も危ぶまれていた。朴前大統領は新経済「創造経済」の推進を掲げていたが、その流れが滞る可能性があった。しかし、文在寅(ムン・ジェイン)新大統領が中小企業の支援を約束したことにより、その懸念が払拭された。文大統 ...

  • 欧米高級車ブランド、相次ぎ「中国製」生産拡大か

    Michael J. Dunne , CONTRIBUTOR

    中国は2016年、自動車とSUVを含めたトラックを合わせて約71万台輸出した。この数は、同国の生産台数の約2%に当たる。調査会社スタティスタ(Statista)によれば、中国から輸出された車の大半は低価格帯のモデルが大半を占め、主な輸出先はイラン、インド、ベトナム、エジプト、チリなどだ。この71万台 ...

  • 世界競争力ランキング2017 トランプ当選で米国後退、中国は躍進

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    世界規模でビジネスを展開するには、各国が自国の経済・政府・ビジネス・インフラの質と効率性の高さを示さなければならない。こうした分野での強さは、世界経済の舞台で大きな競争力を生む。スイスを拠点とする私立ビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)は先日、今年度版の「世界競争力年鑑」を公表した。この報 ...

  • 爆発する中国「シェアリングエコノミー」 市場規模は57兆円

    Yue Wang , FORBES STAFF

    現代の中国では何でもシェアリングサービスで利用可能だ。クルマから自転車、スマホのバッテリーや雨傘まで、アプリを通じた様々なサービスが登場し、投資家らもそこに膨大な資金を注ぐ。成功したシェアリングサービスにはカーシェアの「滴滴出行(ディディチューシン)」や個人間融資プラットフォームの「Lu.com」が ...

  • 人材採用にも一役、話題のオフィス「WeWork」の凄さ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「設備、家具、デザインのクオリティがほかのコワーキングと比べて飛び抜けている。活気的な雰囲気はWeWorkならでは」 アジア人向けのマッチングサービス「EastMeetEast」創業者、時岡真理子は語る。2013年にニューヨークで同サービスを創業してからから1年ほどは、別のコワーキングスペースを利用 ...

  • ウーバーが800億円の四半期赤字 大物幹部は解雇、CFOも辞職

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    ウーバーは5月31日、同社の自動運転部門のトップを務めたアンソニー・レバンドウスキーの解雇を発表した。その翌日に今度は同社で長年CFOを務めたGautam Guptaが会社を離れ、ベイエリアのスタートアップ企業に移籍することが明るみに出た。ウーバーによるとGuptaの離職は、同社が今年の第1四半期に ...

  • 取引額も情熱も「桁違い」 世界のトップ・アートコレクターたち

    石坂 泰章 , CONTRIBUTOR

    アート界でフォーブスの富豪ランキング「Forbes 400」に匹敵するのが、ARTNEWS誌が毎年秋に発表する「Top 200 Collectors」だ。Forbes 400と違って、トップ10圏外の190人にはランキングがない。リスト入りすると画廊の対応は明らかに変わってくる。 顔ぶれの中心は欧米 ...

  • 到着が「遅れない」米の航空会社、1位はハワイアン航空

    Grant Martin , CONTRIBUTOR

    米国の航空会社の利用者数は今夏、記録破りの2億3410万人に上ると予想されている。空港のセキュリティチェックに長い行列ができ、さらに悪天候が重なれば、フライトには遅延が発生し、多くの旅行者に影響することも考えられる。ハイシーズンには特に、定時到着率の高い航空会社とそうでない会社の差が明らかになる。こ ...

  • ラグジュアリーカードは日本のライフスタイルをどう変えるのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    C CHANNEL社長・森川亮が描く新しい日本のカタチLINEを世界的な成功に導き、一躍時の人となった森川亮には、現状の地位に満足するという意識は少しもないようだ。50歳を目前にして、突然LINEの代表を辞任。日本の若者に夢を与え、台頭を期するという理由から、新たに着手し始めたのは、未来を見越したメ ...

  • ノーベル経済学者と語る、トランプ時代の世界経済と日本の行方

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    ノーベル経済学賞を受賞し、「現代の経済学の巨人」として知られるジョセフ・E・スティグリッツ教授。そして、「日本の経済学の巨人」である伊藤隆敏教授。ニューヨークのコロンビア大学にて、弊誌編集長・高野真が彼らに世界経済、日本経済の現状と今後について聞いた。高野 真(以下、高野): 今日は、日米、および、 ...

  • ラルフローレン幹部らが語る「新CEOに必要なもの」

    Pamela N. Danziger , CONTRIBUTOR

    ラルフローレン(RL)は5月17日、退任したステファン・ラーソン前最高経営責任者(CEO)に代わり、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の幹部パトリス・ルーベを新CEOに迎えると発表した。売上高が前年比で10%減少するなど苦境に立たされるRLは、何とか業績好転を実現させなけれ ...

  • プロトン株取得の中国吉利汽車、「日本の裏庭」に進出へ

    Michael J. Dunne , CONTRIBUTOR

    中国の自動車大手、吉利汽車(Geely)は5月24日、マレーシアの同業プロトンの株式49.9%を取得すると発表した。「日本の裏庭」とも呼ばれる東南アジアの自動車市場で、吉利はプロトンのシェア拡大を実現することができるのだろうか。日本の自動車メーカーは1970年代後半以降、ほぼ完全に東南アジア市場を支 ...

  • 高齢化率50%の過疎な町に、IT企業が集まる理由

    吉田 彩乃 , CONTRIBUTOR

    人口約5500人、高齢化率約50%。日本の典型的な過疎地に、続々と人と企業が集まる。民間主導で30年来町おこしを引っ張ってきた大南信也に、その原点を聞いた。「自分の『手届き』にあるかどうか。行動を起こす時はいつも、それを考えています」と、NPO法人グリーンバレー理事長大南信也(63)は語る。手届きと ...

  • 神社初のクレジットカードを発行した鹿島神宮を、日本のリーダーたちが崇敬する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年1月に発行を開始した神社として初のクレジットカード「鹿島神宮カード」。年会費、ポイントが神社に寄付される、斬新な発想のカードはなぜ、いま生まれたのか。鹿島神宮・宮司への貴重なインタビューが実現。 神武天皇元年からの歴史を持つ鹿島神宮が発行したクレジットカード。その入会者の3割が会社経営者や役員と ...

  • ビル・ゲイツが推薦する「この夏の必読書」5冊とその中身

    Noah Kirsch , CONTRIBUTOR

    読書家として知られ、数多くの長文レビューをブログ「gatesnotes」で公開しているビル・ゲイツが、恒例の「この夏の必読書」を発表した。ゲイツの視野を広げる手助けになったという5冊の内容と、ゲイツのコメントを紹介する。(カッコ内の年は英語版の刊行年)「A Full Life」(2015年)ジミー・ ...

  • 「世界で最も価値あるブランド」、アップルが7年連続トップ

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    フォーブスが先ごろ発表した2017年版「世界で最も価値あるブランド」ランキングでは、アップルが7年連続で首位となった(フルリストは次のページ)。アップルのブランド価値は前回から10%上昇、約1700億ドル(約18兆8500億円)に達した。時価総額は最近の評価で、8060億ドルに上っている。同社のこう ...

  • ナイキの野心的目標は達成可能か? 売上高5兆円を目指す

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    米スポーツ用品大手のナイキの業績は堅調を維持している。だが、同社は勢いを盛り返したアディダスや、北米市場のバスケットボール部門で強さを見せるアンダーアーマーとの競争激化に直面している。こうした状況はナイキの売上高の伸びを押し下げる圧力となり、受注への影響も見え始めている。ナイキは2015年度、売上高 ...

  • 日本初!会員制小型チャーター機を活用した総合旅行サービスが、今夏テイクオフ!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    旅にかかわるすべての計画を、スマートフォンの画面上で手軽にオーダー。日本発の新しい自由な空の旅を提供する、SKY TREKのサービスの全容に迫る。このほど、空の移動の概念を刷新する画期的なビジネスモデルが産声をあげる。それが日本初の会員制小型チャーター機を活用した総合旅行サーヒ ...

  • イソップ物語に学ぶ、大事なことを「伝える力」の磨き方

    小国 士朗 , CONTRIBUTOR

    大事なことが伝わらない。いや、大事なことほど、なぜか伝わらない──。誰もが、そんなもどかしい思いに身をよじらせたことが、一度や二度はあるのではないでしょうか。最近でいえば、国が大号令をかけている『働き方改革』。社内に向けて「残業をしないで早く帰ろう!」と必死で音頭をとっているのになかなか浸透しない( ...