• 米国の最低賃金引き上げは小売業を変えるか?

    Nikki Baird , CONTRIBUTOR

    この一年、最低賃金の時給15ドル(約1660円)への引き上げをめぐる議論や圧力が高まっていたが、推進派の努力の一部がようやく現実となった。そこで浮上するのが、これが最低賃金の労働者への依存度が高い小売業界にどのような疑問を及ぼすのかという疑問だ。この問題をめぐっては、2つの議論がある。1つは、賃金上 ...

  • アジアの女性ビジネスリーダー50名 DeNA南場智子ら日本人4名

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスは4月7日、今年で5回目を迎える「アジアの女性ビジネスリーダー50名」リストを公開した。アジア圏の企業で重要な地位を占める女性たちが選ばれている。リストに登場するメンバーは14地域にまたがり、最大勢力である中国・香港からは14名。インドからは8名。タイからは5名。日本からは4名。シンガポー ...

  • ディズニー社CEO候補にフェイスブック女性幹部が浮上

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    ウォルト・ディズニーは4月4日、トーマス・スタッグス最高執行責任者(COO)が5月6日付で退任する人事を発表した。スタッグスは2018年に退任予定のボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)の最有力後継候補とみられていたが、今回の人事で後継者選びは混迷の様相を呈している。アイガーCEOは強固なリーダーシ ...

  • テスラ「モデル3」香港でも好調 EVナンバーワン都市を加速

    John Kang , FORBES STAFF

    4月1日の朝、香港のテスラモーターズの3店舗では100人以上がモデル3を予約した。その1人であるリディア・リーは環境負荷の小ささを理由にEVを選んだ。「価格は問題ではないんです。私は化石燃料の時代が終わるのを待てないから」と彼女は言う。「私の夫は、なぜ外観も分からない車のために並んで1,000ドルの ...

  • ヴァージン・アメリカが4年連続首位、米航空会社クオリティー調査

    Grant Martin , CONTRIBUTOR

    米国の航空会社を対象とした「米航空会社クオリティー調査(Airline Quality Rating、AQR)」で、ヴァージン・アメリカが4年連続でトップに輝いた。毎年発表されているAQRは過去12か月の間に米運輸省に報告されたデータに基づき、米航空会社13社の「定時到着率」、「搭乗拒否率」、「荷物 ...

  • ポール・マッカートニー、楽曲の権利奪還へ 56年ルール適用

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    信じられないような話だが、ポール・マッカートニーは、彼が書いた有名な楽曲の多くの著作権を所有していない。悲しいかな、それが音楽業界の現実なのだ。だが、その状況が間もなく変わるかも知れない。アメリカで制定された1976年の著作権法の規定により、マッカートニーは、自身が作曲した楽曲のいくつかの版権を取り ...

  • 経営者は「人事はバックオフィス」という考えは捨てた方がいい

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    加速するビジネスの世界にあって、ヒット商品の賞味期限は日に日に短くなっている。そんななか、「企業はますます、人材によって事業戦略を規定される」とリンクアンドモチベーショングループ 小笹芳央代表は語る。生き残りたいのなら、経営者は「人事はバックオフィス」という考えは捨てた方がいい。これからの時代は&l ...

  • コーヒーの結腸がん予防効果、イスラエルで確認 カフェイン抜きも有効

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    コーヒー好きの人たちにとっては10年ほど前から、朗報が続いている。コーヒーに関する「罪の疑い」はここ数年で解消され、以前のように罪悪感を持ちながら楽しむ必要がなくなったばかりでなく、いまや健康に良い食品だと宣言されたと言ってもよいほどだ。コーヒーが心臓病や一部のがん、糖尿病、うつ、パーキンソン病、認 ...

  • スマホ市場で急伸のファーウェイ、消費者向け売上高が73%増

    Robert Olsen , FORBES STAFF

    中国の通信機器メーカー、ファーウェイ(華為技術、Huawei)は4月1日、2015年のスマートフォン世界市場における同社の業績を発表、消費者向け部門の売上高が、前年比73%増の199億ドル(2.2兆円)に上ったことを明らかにした。郭平(Guo Ping)副会長によると、2016年末までの同部門の売上 ...

  • 羞恥心にも対応? アマゾンの「ダッシュボタン」が対象商品を拡大 

    Barbara Thau , CONTRIBUTOR

    あなたは、コンドームを買うのが恥ずかしいと思うタイプだろうか?アマゾンの「ダッシュボタン」を使えば、誰にも知られることなく、自宅からクリックひとつでいつでも、こうした「買いづらい」ものを買うことができる。トロイ(Trojan)のコンドームは、アマゾンが小型のネットショッピング端末、「ダッシュボタン」 ...

  • 経営の新指標「モチベーションインデックス」とは?

    麻野 耕司 , CONTRIBUTOR

    従来の指標では業績を測ることはできても、“組織”の評価には限度があった。気鋭の企業変革コンサルタントに「新しい経営指標」について解説をしてもらった。リンクアンドモチベーションでは、独自に開発した組織診断サーベイによってワークモチベーションをはじめとした、さまざまな組織状態を定 ...

  • 男性のコーヒー摂取、流産の一因か 米調査結果

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    母親だけでなく、父親の生活習慣が流産の危険性、さらには新生児の健康状態にまで大きく影響していることを示すより多くの調査結果が発表されている。先ごろ発表された新たな調査結果によると、男性のカフェイン摂取がパートナーの流産の可能性に深く関連している可能性があることが分かった。流産とカフェインの関連性を示 ...

  • 世界「渋滞都市」ランキング、蘭カーナビメーカーが発表

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    GPSの位置情報を利用したナビゲーション・システムを開発するオランダのトムトム(TomTom)は先ごろ、2015年に世界で最も交通渋滞がひどかった都市のランキングを発表した。調査の結果、ワースト10に入った都市は以下のとおり。ブラジルは唯一、3都市がランク入りした(数字は平均渋滞率、かっこ内は左から ...

  • Spotify、さらに10億ドル調達 「1年以内のIPO」条件つき融資

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    Spotifyがまたもや巨額の資金調達を行った。3月29日、ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、ストリーミングサービスとして名を馳せる同社は10億ドル(約1120億円)をデット・ファイナンス(負債として計上される借入金)で調達し、今後の競争の激化に備える。同社は数ヶ月前に「5億ドル規模の ...

  • アップルペイが中国で成功できる2つの理由

    Zennon Kapron , CONTRIBUTOR

    これまで多くのメディアや業界観測筋は、アップルペイの中国での成功は難しいと予測してきた。中国ではアリババのアリペイや、テンセントのWeChat Pay(微信支付)が独占的な地位を築いており、欧米のテック企業の多くが中国進出で失敗した。しかし、アップルペイの中国での成功を後押しする、2つの要因がある。 ...

  • ホンダが発売する「ドライブ専用」シューズ 価格100ドル

    Liane Yvkoff , CONTRIBUTOR

    「低燃費のセダン」と聞いてすぐに思い浮かぶ形容詞は、「スポーティー」ではないかもしれない。これまでのホンダ「シビック」は、時代遅れで退屈、パワー不足と評価され、エンジン技術を誇るホンダの能力を反映した車とはいえなかった。だが、ホンダは今年、そのコンパクトセダン、シビックを大きく見直し、「2016年北 ...

  • ストリーミング業界で覇権を狙うアマゾン、サムスン、SoundCloud

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    ストリーミング業界はまだ若いが、多数のプレイヤーが存在する。SpotifyやPandora、Apple Music、iHeartRadioなどが有名だが、廃業に追い込まれた企業も多い。生存競争の激しい業界だが、新たな挑戦者たちもいる。下記に新興の3大勢力の名前を挙げてみた。アマゾンアマゾンは以前から ...

  • チョコレートにも大打撃、イースターエッグにみるブラジル経済

    Shannon Sims , CONTRIBUTOR

    ブラジルでは毎年イースターが近づく時期、身長が180㎝を超える人は食料品店に入ると、身をかがめなければならない。どの通路の天井も、カラフルな包装紙に包まれたフットボールほどの大きな楕円形のチョコレート、「オヴォ・パスコア(イースターエッグ)」で埋め尽くされるからだ。ブラジルでは2015年、モンデリー ...

  • 掃除機のダイソン、電気自動車を開発か 英紙報道

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    サイクロン式の掃除機で知られるダイソンが、自動車業界に進出する可能性が浮上している。英紙ガーディアンによると、ダイソンが電気自動車の開発を進めていることが同国の政府関連の文書から明らかになった。この事業には、多額の公的資金が注入されるという。政府とダイソンはいずれも、現時点ではこの件について公式にコ ...

  • 日本の製薬会社のブランド力を高めるために

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    そもそも、途上国支援のための新薬開発は、民間企業にとって“おいしい話”ではないはずだ。開発のために人的なリソースを確保しなくてはいけないし、新薬ができても薬価を高く設定することができず、利益が取れない。にもかかわらず、なぜ日本の製薬各社はGHIT(GHIT Fund、公益社団 ...