• 米国の「チップ文化」がビジネスに悪影響を与える理由

    Kristin Stoller , Forbes Staff

    アメリカのチップ文化はレストラン業界にどのような影響を与えているのか。質問サイトQuoraに寄せられたこの疑問にGeoffrey Widdisonが答えた。チップを支払うことはばかげており、レストラン業界に悪影響を与えるだけでなく、違法である可能性さえもはらんでいる。多くのレストラン経営者はチップが ...

  • Z世代のユーチューブ王、ジェイク・ポール20歳の生き方

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    クリエイターやタレントのマネージメント事務所を運営する20歳は、ジェイク・ポールの他にそういない。家賃1万7500ドル(約198万円)の豪邸に住み、3000万以上のSNSフォロワーを持つ20歳は、さらに稀有な存在だ。ユーチューバー、俳優、そして起業家でもあるジェイク・ポールは、デジタル社会が生んだZ ...

  • シリコンバレーの裏事情 「社内カルチャー」が企業の明暗を分ける

    渡辺千賀(右) 奥本直子(左) , Official Columnist

    偉大なCEOの隣にはいつも、偉大な参謀がいる。経営陣による社内カルチャーの醸成に失敗したウーバーと、復活をみせたフェイスブックやマイクロソフト。両者の決定的な違いは、どのようなところにあるのか。シリコンバレー在住の戦略コンサルタントの2人に、外からでは見えない「シリコンバレーの裏事情」を語ってもらう ...

  • アマゾンCEO、再び世界一の富豪に 1日で資産100億ドル増

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が27日、再び世界一の富豪となった。アマゾン株は同日、第3四半期の好決算を受けて急上昇し、前日比13.2%高の1100ドル95セントで取引を終えた。これによりベゾスの保有資産はわずか1日で100億ドル以上増加し、史上最高額の931億ドル( ...

  • イスラム圏で進むアルコール規制 バリ島観光にも打撃の懸念

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    マレーシアの地方政府は10月初旬に予定していたビアフェスティバルを、破壊活動など安全性に懸念があると中止した。人口約3100万人のマレーシアの60%はイスラム教徒で、コーランではアルコールが禁じられているため、ビールを自由に飲めない。だが、残りの40%はイスラム教徒ではなく、アルコール禁止に従う必要 ...

  • 「ハロウィンは犬も一緒に」、米小売業界が期待の新トレンド

    Pamela N. Danziger , CONTRIBUTOR

    米ペンシルベニア州には、ペットのためのライフスタイル・センター、「ゴドフリー」がある。この店のオーナーたちはペットを中心とした生活を送り、「犬は家族」を信条としている。この店では、最高品質のペットフードやアクセサリー、ペットをモチーフにしたギフトを販売しているだけではない。ペットの栄養や医療に関する ...

  • 横浜も広島も・・・「ダ・ゾーン」CEOがすべてに答えた!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    10月24日、横浜DeNAベイスターズがまさかの“下克上”を起こし、広島東洋カープから日本シリーズへの出場権をさらった。平日の夜というのに、横浜スタジアムでのパブリックビューイングは入場規制がかかるほどで、ファンの熱気に包まれた。広島と横浜のこの2チームの共通点といえば、こう ...

  • AIが服を選ぶファッションEコマースサイト、年商は約10億ドル

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    AIを活用したファッションEコマースの「Stitch Fix(スティッチフィックス)」がIPO申請を行った。サンフランシスコ本拠のStitch Fixはデータサイエンス技術を活用し、ファッションアイテムをセレクトして顧客に届けるサービス。同社は上場により1億ドル規模の資金調達を見込んでいる。Stit ...

  • 行政やNPOとの提携は「地域への通行手形」になる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これまで、「買い物弱者問題」と単独で向き合ってきたココネット。子どもの貧困の解決を目指す「こども宅食」で、行政やNPOと連携を試みた狙いとは。ココネットは、地域の小売店と連携した「ご用聞き」による買い物代行「喜くばり本舗」や、買い物代行を通して、高齢者の見守りを行う「おやここネット」といったサービス ...

  • 赤字決算のGMにアナリストらは好意的 理由は「明確な見通し」

    Joann Muller , FORBES STAFF

    生産量を26%減らし、1四半期に30億ドル(約3420億円)の赤字を計上しても、それでもウォール街に好印象を与えることができる企業はそう多くない。だが、米国の自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、それができる一社だ。GMは10月24日、今年第3四半期(7~9月)の決算を発表。それによると、特別費 ...

  • 「中国ファースト」警戒のテック企業 米中関係は冷え込み予測

    Yue Wang , FORBES STAFF

    10月18日に開催の中国共産党の党大会で、習近平総書記は今後数十年にわたる中国の野心的プランを掲げ、イノベーションや軍事力の面で世界をリードしていく意気込みを語った。しかし、習が掲げるプランは海外企業らに危機感を抱かせる内容でもあった。習が打ち出した方針は保護主義的な側面も強く、中国市場に期待を注ぐ ...

  • カカオ豆の「供給過剰」がチョコ好きの悪夢になる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    多くの米国人にとって、チョコレートは生涯の友だ。たくさんあることは、良いことでしかない。だが、その原料であるカカオ豆の約70%を生産する西アフリカにとって、供給量が多いことは悪夢だ。アナリストらは5年ほど前、チョコレートは世界的に大幅な供給不足になると予測した。中国とインドで重度の「チョコホリック」 ...

  • 野放し「中国人白タク」で見えた、日本の遅れ

    中村 正人 , Official Columnist

    今年に入っていくつかのメディアが中国人観光客を乗せた「白タク」問題を散発的に報じていることをご存知だろうか。成田や関空など国内の主要空港、大都市圏を中心に人知れず中国人の運転する「白タク」が増殖している。沖縄や関西方面では地元のタクシー運転手の仕事が奪われ、「このまま野放しにしてもいいのか」という声 ...

  • 進化する米国のコンビニ、「健康」目指す米社会にも貢献

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    コンビニエンスストアで売っている食品に対して持つイメージが、「マヨネーズであえたマヨネーズ・サラダをプラスチック容器に入れたもの」などだったとすれば、あなたは現実を理解していない人かもしれない──。米紙ニューヨークタイムズが5年前にすでに報じているとおり、セブンイレブンをはじめとする複数のコンビニエ ...

  • 社員は誰もが「デザイナー」 IDEOが語るデザイン思考の本質とこれから

    IDEO (アイディオ) , Official Columnist

    世界の様々な分野においてイノベーションを後押ししてきたIDEO。数々の企業が抱える課題に、「デザインの力」で答えてきた彼らを代表し、IDEOビジネス・デザインディベロップメント担当ディレクター野々村健一が、デザイン思考を取り巻く潮流の変化を語る。米国西海岸に拠点を置く我々が、「日本の変化の触媒になる ...

  • フェイスブック幹部がメルカリの参謀になった本当の理由

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    それは突然のことだった。2017年6月に発表された元フェイスブック幹部の参画。なぜ彼はメルカリを選んだのか。トップ2人が語る、誰も知らない採用までの舞台裏。今年6月、フェイスブックのVP(ヴァイスプレジデント)、ジョン・ラーゲリンが執行役員CBO(チーフ・ビジネス・ ...

  • 車の再販価格は色で変わる 米国で「黄色」が人気の理由

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    中古車の下取り価格を決める重大な要因が、車の状態や走行距離であることは言うまでもない。だが、先ごろ米国で行われた調査の結果、査定の上ではボディーカラーにも大きな影響力があることが分かった。米中古車情報サイトのアイシーカーズ・ドットコム(iSeeCars.com)が自社サイトを通じ、今年8月までの1年 ...

  • 米メジャーリーグが日本プロ野球に学ぶべき「新たな収入源」

    Allen St. John , Contributor

    先日、ニューヨークのヤンキー・スタジアムで野球を観戦中の少女が、ファールボールに当たって怪我をする事件が発生した。幸いなことに病院に運ばれが少女は間もなく回復したが、米メジャーリーグ(MLB)に対しファールボール対策を求める声も高まっている。ブルームバーグのアナリストによると2014年には、年間で推 ...

  • インスタグラムからやってきた「デジタル幹部」の「アナログ戦術」

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    広告予算の60%以上をデジタルに投資、EC化率を45%も増やした日本ロレアル。デジタルマーケティング戦略の鍵はCDOの「アナログな人間関係」にあった。「実は泥臭い話ばかりでして」。照れ笑いを浮かべる長瀬次英の経歴は、一見、泥臭さとは対極にある。KDDIやユニリーバなど大手企業を渡り歩き、フェイスブッ ...

  • 中国で最も稼ぐイケメン俳優、ルハン 年収は24億円

    Russell Flannery , Forbes Staff

    アリババが株式の15.6%を保有し、中国で最も人気のSNSの一つがウェイボー(微博)だ。10月8日、トップスターのルハンが自身のウェイボーアカウントに、女優の関暁彫 (グァン・シャオトン)と付き合っていると明かすと、ウェイボーはアクセス殺到でダウンしてしまった。ルハンは韓国と中国で活動するバンドEX ...