• ロボットクリエイター・高橋智隆が、マクラーレン570Sに感じたインスピレーションとは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国の自動車メーカー、マクラーレン・オートモーティブ(以下マクラーレン)。Formula1で培ったテクノロジーと知識を注ぎ込んだハイパフォーマンスなスポーツカーをロードカーとして提供する。そんなマクラーレンについて「技術を極めたコンストラクターという印象があり、最近ではエクステリアデザインのユニーク ...

  • 究極の時短と特別な空の体験を。SKY TREKで自在な移動を手に入れる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    チャーター機を用いた自在な空の旅を、スマートフォンで手軽にオーダー。シームレスな移動をソウ・エクスペリエンス代表取締役社長の西村琢が体験した。特別な体験を探す、長野・松本の旅へ体験ギフト事業を手掛けるソウ・エクスペリエンス。代表取締役社長の西村琢は、新たな体験商品を求めて全国を飛び回る。そんな彼が、 ...

  • 高級機械式時計の真髄。パルミジャーニ・フルリエを紐解く、「4つのキーワード」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    時計をよく知る目利きたちが熱い視線を注ぐ、100%スイスメイドのタイムピース。そのブランド創業者の人となり、築き上げてきた成果、企業の形態、最新作を、徹底検証する。1. THE MEISTER - 時計師 -高級時計業界で「神の手を持つ男」と呼ばれるのはただひとり、ミシェル・パルミジャーニである。彼 ...

  • 歯学博士も実践する「オーラルケア先進国」の習慣とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    手磨きの最大10倍*の⻭垢除去力を発揮する高性能と技術力で、オーラルケアのプロが高く評価し、9年連続で歯科医の使用率No.1*である「フィリップス ソニッケアー」。歯周病治療のエキスパートとして知られる、東京国際クリニック/歯科の清水智幸院長もソニッケアーの愛用者でもある。なぜビジネスパーソンにはオ ...

  • ラグジュアリーカードは日本のライフスタイルをどう変えるのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    C CHANNEL社長・森川亮が描く新しい日本のカタチLINEを世界的な成功に導き、一躍時の人となった森川亮には、現状の地位に満足するという意識は少しもないようだ。50歳を目前にして、突然LINEの代表を辞任。日本の若者に夢を与え、台頭を期するという理由から、新たに着手し始めたのは、未来を見越したメ ...

  • 神社初のクレジットカードを発行した鹿島神宮を、日本のリーダーたちが崇敬する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年1月に発行を開始した神社として初のクレジットカード「鹿島神宮カード」。年会費、ポイントが神社に寄付される、斬新な発想のカードはなぜ、いま生まれたのか。鹿島神宮・宮司への貴重なインタビューが実現。 神武天皇元年からの歴史を持つ鹿島神宮が発行したクレジットカード。その入会者の3割が会社経営者や役員と ...

  • 日本初!会員制小型チャーター機を活用した総合旅行サービスが、今夏テイクオフ!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    旅にかかわるすべての計画を、スマートフォンの画面上で手軽にオーダー。日本発の新しい自由な空の旅を提供する、SKY TREKのサービスの全容に迫る。このほど、空の移動の概念を刷新する画期的なビジネスモデルが産声をあげる。それが日本初の会員制小型チャーター機を活用した総合旅行サーヒ ...

  • 100年続く企業、長寿の秘訣は「オフィスビル投資」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    超高齢化、人口減少、人材の流出・・・。日本の中小企業、とりわけ地方企業を取り巻く環境は厳しい。 事業の先細りが予想される中、持続的に成長していくにはどうすればいいのだろうか。そのカギは「オフィスビル投資」にある。実際、100年続く長寿企業の数を業種でみると、オフィス賃貸業が2位にランクインしている。 ...

  • 年商185億円を稼ぐ男の、堅実な資産のつくり方!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資で堅実に資産をつくっていく方法は“アパート投資”にある——。こう語るのは、不動産コンサルティングを手がけるPresi(プレジ)の代表取締役 石井雄也氏だ。過去に年間70件以上の不動産取引を成功に導き、185億円の売り上げを達成した実績を持つ人 ...

  • 超多忙でも不動産投資を成功に導く、“シンプルな鉄則”とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「本業が忙しいから、不動産投資を始める余裕がない」サラリーマンが不動産投資を始める際に聞こえてくるのが、こうした声だ。しかし、中には超多忙でも不動産投資で成功を収める人もいる。Williamson-Dickie Japanの代表を務める、平山真也氏もその1人だ。経営者として結果を残しつつ、「不動産投 ...

  • 都心の中古ワンルームで資産1億を狙え!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    失敗しやすく、リスクが高そう・・・。そんなイメージが強く、なかなか手を出しづらい不動産投資。日本不動産イニシアティブ 代表取締役の澁谷賢一氏によれば「失敗するべくして失敗している」という。「不動産投資を成功に近づけるためには、最低限、立地の選択を誤らないことが大切です。目先の高利回りに惑わされてはい ...

  • 不動産投資で夢をつかんだ元サラリーマンの教え

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大卒男性の生涯賃金は2億8653万円(厚生労働省調べ)。一般サラリーマンが億を超える資産を築くことなど夢物語に思えるが、水戸大家さんの代表取締役 峯島忠昭氏は「不動産投資なら不可能ではありません」と言う。「弊社のお客様には資産10億円、年間手残り2000万円、現預金で5000万円以上となりセミリタ ...

  • アジア最大級の運用会社が上場させた注目のETFとは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昨年10月、4つの会社が統合して誕生したアセットマネジメントOne。運用資産が約53兆円(2017年3月末)に上る、アジア最大級の運用会社である。同社が5月に上場させた2本のETFは、個人金融資産の約52%を占める現預金を、リスク資産にシフトさせる力になるのか。同社の西惠正取締役社長、そして商品戦略 ...

  • ビジネスマンに本当に必要な革靴とは? アシックスの挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スポーツシューズづくりで培った技術力を背景に、独自の機能性と快適さを追求した「アシックスウォーキング」。メンズラインとして1994年の誕生以来、ビジネスマンに好評を得ているのが「ランウォーク」だ。その名の通り「走れるビジネスシューズ」をコンセプトに、ビジネスマンのデイリーユースをサポートしてきた「ラ ...

  • できる男の「正統派」クールビズスタイルとは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高温多湿な日本の夏をどう乗り切るか。働くビジネスマンにとって死活問題だ。 クールビズ提唱の10年前、この問題に取り組んだ「ダーバン」のスーツが、今年、20周年を迎える。クールビズの先駆けとなったスーツクールビズは、2005年、小泉内閣のときに環境大臣であった現東京都知事 ...

  • 「継がせる悩み」から親を解放しよう

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    空前の事業承継M&Aブームの背景にあるのは、地方の中小企業を中心にした後継者難だ。「家業は親族が継ぐべき」という考え方が根強く残る一方で、肝心の継ぐ側の人生もある。継がせる側も、家業を次世代に背負わせるべきかで逡巡する。自身が家業の事業承継に直面した経験を持つ日本M& ...

  • アート作品としての建築を標榜するカナダ発の不動産ディベロッパー

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本を代表する建築家 隈研吾と手を携え、カナダと日本で目下複数の建築プロジェクトを動かすのが、ウエストバンク CEOのイアン・ガレスピーだ。「クリーンで美しい街を育成する、アート性に優れた作品を創造する」ことを標榜する、カナダ発の「思想ある」不動産ディベロッパーにフォーカ ...

  • 「区分所有オフィス」で事業の永続性を実現する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高度経済成長期、いまの日本経済を支える中小企業が次々に誕生した。あれから50余年。当時のベンチャー創業者も年老い、引退を考える時期に差しかかった。そこで気になるのは円滑な事業承継だ。いかにしてファミリーアセットを守りつつ、円滑な資産の相続が可能なのか。その答えを、ボルテックス代表取締役社 ...

  • 宮崎県日向市、サーフィンで町おこし!地方創生の成功モデルとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    安倍政権の最優先課題のひとつと位置づけられている「地方創生」。しかし、その主役である地方が必ずしもすべて成功事例を打ち出せているわけではない。地方創生の成功モデルとはー。『Net surfer becomes Real surfer』という動画がネット上で話題になっている。ネットサ ...

  • 三木谷浩史とベン・ホロウィッツが語る「イノベーターたちが構想する未来」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    4月6日・7日の2日間、東京・永田町のホテルニューオータニにて、今年で5回目となる「新経済サミット(NEST)」が開催された。当日は天気にも恵まれ、満開を迎えた桜とあいまって例年以上の盛り上がりを見せた、NESTの様子をレポートする。NESTは、新経済連盟(代表理事:楽天 三木谷浩史)が主催するグロ ...