• 高級リゾートはシェアリングで楽しむ時代

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    現代は「モノ消費」よりも「コト消費」の時代。いたずらに所有することを追い求めるのではなく、よい体験を重ねることへと嗜好が変化している。そんな中で注目度が高まっているのがシェアリング。所有するよりも、合理的に幅広く体験していくという現代のスマートな生き方とマッチし、さまざまなサービスが生まれている。2 ...

  • バーチャル女子アナでCM?最新テクノロジーで越える、広告とユーザーとの距離

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    先進のソニーが展開しているスマホ用ニュースアプリ「ニューススイート」は、すでに6000万インストール/700万MAUを記録し、全世界70か国で展開、大きな支持を得ている。ところがここにきて既存の広告のあり方に一石を投じることになるかもしれない一手を打ってきた。それはバーチャルアナウンサーによる&ld ...

  • 未体験のEVがくれた感覚は、まるで心地よい波

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2017年末にフルモデルチェンジを果たし、2代目となった新型日産リーフがユーザーから好評を得ている。今回、その魅力を体感してもらうべく、ジャーナリストとして多方面で活躍中の堀潤氏に取材を敢行した。日頃からさまざまなメディアで鋭い意見を発信する一方、プライベートではクルマ好きとして知られ、センスある表 ...

  • アイデアがあふれるEVという可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日産リーフは、2010年に世界初の量産型EV(電気自動車)として初代モデルが登場して以降、グローバルで累計約30万台が販売されている。今回、経営者の森川亮氏にこの新型日産リーフを試乗してもらった。森川氏といえば、2007年にLINEの代表取締役社長に就任、2015年のLINE退社後に新会社C Cha ...

  • 料理・空間・心が奏でる「美味方丈」 うかいの物語のある食空間とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    その出発点は1964年に奥高尾に開業した「うかい鳥山」だった。文化事業、都心への出店、株式上場などを経て、常に成長を続けるうかいは、新たに六本木ヒルズに2つの新店舗をオープンする。国内外の人々に賞賛されるうかいの原点を大工原正伸社長に聞いた。高度成長期前夜、その場所には、日本初の都市型ホテルがあった ...

  • 次世代をつくる日本屈指のトレーナーがエグゼクティブにかけた魔法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のビジネスパーソンの間でも、健康への意識は年々高まっている。政府は長時間労働撲滅の働き方改革を推進し、企業の多くは生産性重視の健康経営に舵を切った。そんななか会社経営者や医者などのエグゼクティブを中心にいまウエイトトレーニングが流行となる兆しを見せ始めている。彼らはなぜ、フィジカル強化に取り組み ...

  • 世界は「スキルエコノミー」にシフトする

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界192か国、43言語でクラウドベースのラーニングおよびタレントマネジメントソフトを提供するコーナーストーンオンデマンド。来日中の同社シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのチラーグ・シャーが、人財の可能性について語ってくれた。イノベーションはテクノロジーではなく、人が生み出すテクノロジーの ...

  • ブロックチェーンで輝きを増す「金」投資の魅力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「金」のオンライン取引(EC)に、いち早く着目したブリオンジャパン。平井政光CEOが最前線で思いついた、誰も成し得ていない金の新たな「カタチ」とは。ローンチを眼前に控えたプロジェクトの全貌を、短期集中連載で明らかにする。成熟した投資家は、なぜ「金」を選ぶのか2018年2月5日、ニューヨーク株式市場の ...

  • そのセリフの背景には周到な準備がある

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ニューススイートとForbes JAPANが、伝える力をテーマに各界で活躍する著名人にインタビュー、その第2回。声のプロが伝えるのは感動。そのために必要なことがある。声の背景には状況に応じて用意周到に練られた準備があるのだ。第一線で声優界を牽引し続ける古谷徹の考える声が持つ力とは何か。"声"を使って ...

  • ランドセル製造で培った技術を継承。女性による女性のための仕事鞄

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    この春、新シリーズとして登場した女性のための仕事鞄シリーズ「HINON(ヒノン)」。2018年2月24日(土)より「土屋鞄製造所」直営店、2018年2月26日(月)よりオンラインストアにて発売される。全3型、各型ネイビー・ブラック・トープ3色展開。写真左より「フレームトート」7万6,000円、「スク ...

  • みずほ銀行・藤原弘治頭取「スタートアップ企業の成長サポートに全面的にコミットする」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    なぜ、みずほ銀行はいま、スタートアップ企業の発掘・支援を行い、積極的にイノベーション支援をするのか。みずほ銀行の藤原弘治頭取に聞いた。新陳代謝は経済活性化の原動力です。そして、その代謝を促進するエンジンはスタートアップ企業だと信じています。地政学リスクの変動やデジタルテクノロジーの進展など、私たちを ...

  • “働き方の課題”をテクノロジーで解決する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    HRテック・ベンチャーとして、多様な働き方に対応した人事・採用プラットフォームを展開するビズリーチ。戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」シリーズなど続々と新たな展開をする起業家の哲学とは。南:私たちは、即戦力人材と企業をつなぐプラットフォームの提供からはじまりました。「社会課題をインターネット ...

  • スタートアップ支援の“エコシステム”構築を目指す みずほ銀行・イノベーション企業支援部

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スタートアップ企業の発掘・支援を積極的に行い、新たなメガバンク像を打ち出している、みずほ銀行。その中心的な存在となり、実行しているのが専門部署「イノベーション企業支援部」だ。「スタートアップ企業の成長サポートに全面的にコミットしていきます。そして、日本におけるスタートアップ企業の成長を育むエコシステ ...

  • 日本を代表する企業とベンチャーが出合う場所 みずほ銀行が主催するビジネスマッチングイベント

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「世界が新しいビジネスモデルを探しているのです」みずほ銀行取締役会長の林信秀は、イノベーションを求める大企業が、世界中に食指を伸ばしている現実を冒頭でスピーチした。みずほ銀行取締役会長の林信秀による冒頭スピーチ。2017年7月11日、ホテルグランドアーク半蔵門のバンケットルームに集まったのは丸紅、日 ...

  • 富裕層のニーズに高いソリューション力で応える 「りそな」のプライベートバンキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    国内唯一のフルラインの信託銀行機能を備えた商業銀行であり、100年以上にわたり、プライベートバンキング業務に取り組んできたりそな銀行。「リテールNo.1」の金融サービスグループを標榜する同ホールディングス取締役兼代表執行役社長・東和浩に話を聞いた。 100年を超える、プライベートバンキングへの取り組 ...

  • 議論は戦わせるものではなく、深めるもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ニューススイートとForbes JAPANが、伝える力をテーマに各界で活躍する著名人にインタビュー。多様性を何より重視し、柔軟かつ冷静な視点でものごとの本質を見極めていく力は、どのようにして養われたのだろうか。注目の国際政治学者、三浦瑠麗に議論を有意義な方向に導くコツについて聞いた。たとえば、あるビ ...

  • 「起業の科学」著者が語る、日本の起業家が世界で勝てない理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    起業は感性がモノを言うアートなのか、それとも再現性のあるサイエンスなのか──。スタートアップに関わる人々にとって永遠のテーマだが、この難問に対して「起業は科学」という立場を取るのが、ベーシックCSO(チーフ・ストラテジック・オフィサー)兼ユニコーンファームCEOの田所雅之氏だ。田所氏は国内外のスター ...

  • デジタルデータと実空間が整合した未来【落合陽一×豊田啓介】

    INVALANCE blueprint , .

    超AI時代を迎えつつある現代において、暮らしはどうアップデートされていくのか。そしてその暮らしを包み込む建築物との関わりは、どう変化していくのか──。 オーガナイザーを務める"現代の魔法使い"落合陽一が第2回のセッションに迎えたのは、コンピューテイショナルデザイン時代を代表する建築家・noiz 豊田 ...

  • 古き発想を捨て去った、若きマンションオーナーの一手

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    資産活用の代名詞でもある賃貸オーナー。税制や利回りというメリットはあるものの、今はオーナーとして資産の「活かし方」が問われる時代だ。資産を引き継ぎ、現在もその価値を高め続けているオーナーお二人に話を聞いた。金融にも精通する弊誌WEB副編集長の谷本も感銘を受けたその考え方とは──。集まってもらったのは ...

  • 「アジアで最も稼ぐ男優」ジャッキー・チェンがいま実現したいこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昨年の師走、東京の地に国際的大スター、ジャッキー・チェンが降り立った。日本を訪れるのは2011年10月の『1911』公開時のプロモーション以来、実に6年ぶり。HANDA Watch Worldのアンバサダーとして来日したジャッキーが、自らの夢、そしてそのための道程について語ってくれた。高級時計専門ブ ...