• 「起業の科学」著者が語る、日本の起業家が世界で勝てない理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    起業は感性がモノを言うアートなのか、それとも再現性のあるサイエンスなのか──。スタートアップに関わる人々にとって永遠のテーマだが、この難問に対して「起業は科学」という立場を取るのが、ベーシックCSO(チーフ・ストラテジック・オフィサー)兼ユニコーンファームCEOの田所雅之氏だ。田所氏は国内外のスター ...

  • デジタルデータと実空間が整合した未来【落合陽一×豊田啓介】

    INVALANCE blueprint , .

    超AI時代を迎えつつある現代において、暮らしはどうアップデートされていくのか。そしてその暮らしを包み込む建築物との関わりは、どう変化していくのか──。 オーガナイザーを務める"現代の魔法使い"落合陽一が第2回のセッションに迎えたのは、コンピューテイショナルデザイン時代を代表する建築家・noiz 豊田 ...

  • 古き発想を捨て去った、若きマンションオーナーの一手

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    資産活用の代名詞でもある賃貸オーナー。税制や利回りというメリットはあるものの、今はオーナーとして資産の「活かし方」が問われる時代だ。資産を引き継ぎ、現在もその価値を高め続けているオーナーお二人に話を聞いた。金融にも精通する弊誌WEB副編集長の谷本も感銘を受けたその考え方とは──。集まってもらったのは ...

  • 「アジアで最も稼ぐ男優」ジャッキー・チェンがいま実現したいこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昨年の師走、東京の地に国際的大スター、ジャッキー・チェンが降り立った。日本を訪れるのは2011年10月の『1911』公開時のプロモーション以来、実に6年ぶり。HANDA Watch Worldのアンバサダーとして来日したジャッキーが、自らの夢、そしてそのための道程について語ってくれた。高級時計専門ブ ...

  • +26%成長。マイクロソフトが自ら成し遂げた「働き方改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    マイクロソフトの日本法人が「新しいワークスタイル」を実践し、わずか5年で社員1人当たりの売上高が26%向上したという。改革をリードするチームのひとり、日本マイクロソフトの輪島文氏に、"活躍と成長"の働き方を訊いた。働き方改革の成功事例を見るために、7年間で93万人が訪れた会社がある。それは日本マイク ...

  • サブスクリプション化が変える「ものづくり」の未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    製造業はいま、ビジネスモデルの変革を求められている。“機器を販売したら終わり”ではなく、その一歩先へ。視線の先にあるのは、カスタマーエクスペリエンスの向上、そして顧客が確実に成果=アウトカムを出すまで付き合うカスタマーサクセスの実践だ。製品を販売したら終わり──これまで&ld ...

  • アイラウイスキーなのにノンピート!? ブルックラディの革新的再生

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スコットランド、アイラ島はウイスキー愛好家にとって聖地といわれる場所。なぜか? 東京23区ほどのサイズの島に人口はわずか3400人程度。1700年代から大小の蒸留所でウイスキーが造られてきたこの島では、現在8か所の蒸留所が稼働している。つまり、アイラ島の主産業はウイスキー生産であり、「ブルックラディ ...

  • クルマと音楽、一流に共通する上質な世界

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    さる12月25日、新しいアルファードが発表された。その精悍な顔つきはよりシャープになり、大胆なフロントグリルが圧倒的な力を感じさせる。内装や安全安心機能も高級車最高レベルを備える。 Forbes JAPANでは、「ALPHARD REVIEWS」と題して、3週にわたって、ゲストによる新しいアルファー ...

  • 田原総一朗「人脈はみんなで使うから意味がある」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のジャーナリストで最も顔が広いと言われる田原総一朗。政財界を中心に圧倒的、かつ多彩な人間関係を築き、若い起業家からも支持される。そんな人脈の達人に訊く、人とのつながりで大切なこととは。その人が本当に何を考えているのか、これをどうしても聞きたい。ジャーナリスト、田原総一朗がよく口にする言葉である。 ...

  • 超AI時代、私たちの暮らしはポジティブに変化する【落合陽一×小暮学】

    INVALANCE blueprint , .

    テクノロジーが類を見ないスピードで進化し続ける現代。時代の半歩先を生きる人は、いったい何を見て、何を考え、感じているのか、彼らの頭の中を知りたい──。2045年には、人工知能(AI)が人間の知性や能力を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れると言われる。「AIが人間の仕事を奪う」など、人々 ...

  • PwCが創るイノベーション加速空間 「エクスペリエンスセンター」が与える衝撃

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    PwCグループの最先端イノベーション施設「エクスペリエンスセンター」が、金融・経済の中心地、東京・大手町に誕生した。東京のビジネス街の景観からは想像もつかないクリエイティブな異空間は、訪問者を大いに刺激することだろう。この場をもって、PwCのエキスパートたちは、果たしてどのように問題を抱える企業のイ ...

  • 超高齢化社会の問題を解決するフィリップスのヘルステック戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2017年12月5日、東京アメリカンクラブにて開催された「PHILIPS PARTNERSHIP MEETUP」。その壇上で宣言されたのは、フィリップス・ジャパンのヘルステック・ソリューション企業への大胆な転進だった。その真意を代表取締役社長の堤浩幸に聞いた。止まらない医療費の増大、明るい未来のため ...

  • 仕入れ力、販売力で不動産業界に旋風。PRESIが投資家に選ばれる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    本質的な価値をもつ不動産の販売にこだわり、創業2年目ながら、IRRは驚異的な1万8000%を達成。不動産投資のニーズをとらえ、最高の物件を提供してきたPRESIグループの両輪、石井雄也、光兄弟が未来への展望を語った。投資リテラシーの高い層をターゲットに、アパートの販売を行う、真の意図「描いていたビジ ...

  • この冬、買い足したい、ビジネスリーダーのための“軽快”ダウン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    価値ある商品づくりで定評あるブランド、ドゥクラッセ。今季発表したダウンのロングコートは、洗練された雰囲気と確かな機能性が同時に備わり、価格も驚異的。思わず大人買いしたくなる一級品だ。日本の寒い冬を乗り切れる機能と細心の気配りが随所に小暮昌弘(以下小暮):今回紹介させていただく「ウインドバリア・ダウン ...

  • 急成長するテキサスを舞台に、新しい世代へ夢を与えるプロジェクト始動

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカの不動産売買で数多くの実績を上げるリーバンズコーポレーション。地の利を生かした情報力は、他の追随を許さない。同社が日本人投資家の参加を促す新たなスキームを公表した。「アメリカ・テキサス州の活況を日本の人にわかりやすく伝えるとするなら、昭和39年の東京オリンピックをイメージしていただくといいで ...

  • 福留亮司が語る、時計とクルマの共通点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    さる12月25日、新しいアルファードが発表された。その精悍な顔つきはよりシャープになり、大胆なフロントグリルが圧倒的な力を感じさせる。内装や安全安心機能も高級車最高レベルを備える。Forbes JAPANでは、「ALPHARD REVIEWS」と題して、3週にわたって、ゲストによる新しいアルファード ...

  • 開拓者・日産自動車が描くEVの未来図

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2010年に登場し、世界中で30万台(※1)が走る日産の100%電気自動車「日産リーフ」。その2代目となる新型「日産リーフ」が2017年10月に満を持して発売され、話題を呼んでいる。そこで、日本におけるEV市場を牽引する日産自動車の日本EV事業部小塚功子部長に、フォーブス ジャパン副編集長の谷本が、 ...

  • 藤田晋が語る、行き着いたクルマ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    さる12月25日、新しいアルファードが発表された。その精悍な顔つきはよりシャープになり、大胆なフロントグリルが圧倒的な力を感じさせる。内装や安全安心機能も高級車最高レベルを備える。 Forbes JAPANでは、「ALPHARD REVIEWS」と題して、3週にわたって、ゲストによる新しいアルファー ...

  • テキサス不動産投資で失敗しないために、まず捨てるべき日本の常識とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「テキサスは、今後も経済成長が見込まれるアメリカで、最大限の投資効果が期待できるエリアのひとつです。とはいえ、どこでも良いというわけではありません。何の知識も持たず、日本の常識にとらわれて物件を選んでしまうと、ひどい目に遭うこともあります」こう警鐘を鳴らすのは、日米双方の住宅事情に詳しい、リーバンズ ...

  • ZIP WORKが提案する真の「働き方改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「限られた時間で成果を出す」。 専門的なスキルや能力をもつ優秀な人材が能力を発揮しながら、プライベートや介護、育児を両立させる。それを実現させることこそが本当の「働き方改革」だと、二葉美智子は語っている。「限られた時間の勤務でいいから、弊社が必要とする高度なスキルをもった人を受け入れたい。そんな思い ...