Forbes Staff

Jeff Kauflin

I cover leadership, management and careers.

I write about leadership and careers for Forbes, covering approaches to management and the evolving workplace. Before Forbes, I was a regular contributor to Entrepreneur magazine and wrote for Fast Company and Business Insider. For ten years I worked in marketing consulting, in roles ranging from client consulting to talent management. I’m a graduate of Middlebury College and Columbia Journalism School. Have a tip, question or comment? Email me jkauflin[at]forbes[dot]com. Follow me on Twitter @jeffkauflin.

  • 裾出しシャツ企業UNTUCKitの「無謀」な賭け 1年で実店舗倍増へ

    スタートアップ企業「アンタックイット(UNTUCKit)」は、裾をズボンから出して着るシャツを販売し、男性客を獲得してきた。設立から6年たった時点で、米国内に25の実店舗を展開。2018年にはさらに25店舗をオープンする予定だ。事業の収益性は高く、フォーブスの試算によると2017年の売上高は1億ドル ...

  • 2018年に働きたい「最高の職場」 フェイスブックが首位に

    米求人サイトのグラスドアは毎年、「最高の職場」ランキングを発表している。10年目を迎えた今年のランキングで対象となったのは、従業員数が1000人超かつ、2016年11月以降に同サイトに寄せられた従業員評価が75件以上の企業だ。対象企業は従業員評価に基づき、総合満足度、キャリア機会、報酬、ワークライフ ...

  • ビットコインの6倍の伸び 仮想通貨「ダッシュ」のポテンシャル

    「ダッシュ(Dash)」は、取引を迅速・安価・匿名で行えるよう設計された仮想通貨だ。仮想通貨の時価総額を確認できるサイト「コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)」によると、その価格は2017年1月以降、8000%上昇した。これは仮想通貨の代表格「ビットコイン」の約6倍の伸びに当たる。 ...

  • 米国の「幸せな企業」ランキング トップ20社

    従業員が楽しく働ける企業は、結果として企業自体の業績にも好影響がある。満足度の高い従業員は生産性が上がるからだ。実際、職場評価の高い企業に投資する投資信託会社パルナッソス・エンデバー(Parnassus Endeavor)は、ここ10年間にわたり順調な取引を続けてきた。従業員が最も幸せを感じている企 ...

  • 企業が求めるテック系スキル トップ10発表

    ソフトウェアエンジニアやデータサイエンティストを雇用する企業はシリコンバレー外でも増えており、テック分野は断片化が進んでいる。それでも、プログラミングスキルの中には用途が広く、いまだに多くの企業から求められているものもある。技術者や技術者志望の人は、企業に求められるこうしたスキルは何なのかを知ること ...

  • 女性が最も働きたい米国の大企業50社

    職場における女性の待遇という問題は、今年最も議論された話題のひとつとなった。メディア界の要人らに浮上したセクハラ疑惑は最も世間の注目を集めたが、全米各地の日常的な職場環境に気を配ることも同様に重要だ。キャリア情報サイト「コンパラブリー(Comparably.com)」は、各企業で働く従業員が2017 ...

  • 給与増加が早い大学の専攻は? 米国のトップ10とワースト10

    仕事を探す際は、入社時の給料が高いものばかりに目がいってしまいがちだ。しかし給与の伸び率は仕事によって大きく異なるため、長期的な視点も重要となる。給与情報サイトのペイスケール(PayScale)は、給与の増加が早い専攻課程と遅い専攻課程に関するデータをフォーブスに提供した。同サイトは、200万人以上 ...

  • 経験3年以下でも年収1000万円 米国の「初心者向け」テック職6選

    大学生の多くが帰省してゆっくりと時間を過ごす年末は、キャリアをじっくり考える絶好の機会でもある。仕事を選ぶ上で、給与だけを決定打とすることがあってはならないが、年収が重要な要素となることも多い。米キャリア情報サイト、コンパラブリー(Comparably)は先日、米国で9万ドル(約1000万円)以上の ...

  • 世界で最も影響力のあるビジネス思想家10人

    世界で最も影響力のあるビジネス思想家のランキングが、英コンサルティング企業シンカーズ・フィフティー(Thinkers50)により発表された。1位に輝いたのは、戦略アドバイザーでカナダ・トロント大学ロットマン経営大学院の元学長、ロジャー・マーティンだった。経営コンサルタントで作家のスチュアート・クレイ ...

  • 就職に強い米法科大学院ランキング 首位は新卒年収2000万円超

    弁護士としてのキャリアを考える人にとって、ロースクール(法科大学院)の調査は重要なプロセスだ。そうした人の学校選びの参考にしてもらうべく、キャリアの展望が最も明るい米国の法科大学院をまとめたランキングが、試験対策などの大学進学関連サービスを提供する米企業プリンストン・レビューにより発表された。同社は ...

  • 学生に人気の経営大学院 欧米・アジアのトップ校発表

    経営大学院に行く価値があるかどうかは現在も議論の的となっており、米国での今年のMBA出願数は3年連続の減少となった。だが一方で、名門校の人気はうなぎ上りだ。ボストンを拠点とする入試対策アプリ開発企業、レディーフォー(Ready4)は毎年、世界で人気の経営大学院を調査し、順位付けしている。同社は先日、 ...

  • 誰もが働きたい人気テック企業トップ10

    テクノロジー分野は、常に人気業界というわけではなかった。20年前は、数学や工学に優れた人材でも、米国で一般に高く評価されることはなかった。しかし現在は、誰もが今一番熱いテック各社で働きたがっている。こうした企業は極めてダイナミックで、他のどの分野の企業よりも成長が早いからだ。求人情報サイトのハイヤー ...

  • 米国の女性起業家が直面する「出資の不平等」という現実

    何かがおかしい。ダナ・カンズがそう気づいたのは約8年前、自身がニューヨークで創業したアプリ開発のスタートアップ「Moonit Labs」の資金調達を行なっている時だった。同社のCEOだった彼女は、COOでプレジデントを務める共同創業者の男性とともに投資家たちへビジネスプランを売り込んでいたが、二人が ...

  • 給料が低すぎる米国の職業ランキング

    仕事の需要は、経済の発展と人口の増減に応じて変化する。需要が非常に高いのに供給が不足する職業では、労働者が現在得ている給与額と、雇用者が理論上で支払うべき給与額の間に差が生じている。しかるべき報酬を受けていないこうした職業をまとめたランキングが、米キャリア情報サイトのグラスドアにより発表された。ラン ...

  • 幸せな従業員が多い米都市トップ10

    求職者に「自分が好きなことをしなさい」と言うのは、賢くも陳腐なアドバイスだ。しかし、新天地に向け引っ越し準備をする前に、これから住み働くことになる都市について調査しておくのも賢い選択だろう。キャリア情報サイト「グラスドア」は、米国内の50大都市圏を対象に、従業員の仕事に対する満足度を調査。働く人々が ...

  • 高収入につながる修士号トップ10

    修士号の取得は大きな投資だ。学費がかかることに加え、フルタイムで大学院に通う場合はその間の収入もなくなる。しかし同時に、修士号の取得はキャリアアップやキャリア転換の素晴らしい方法にもなり得る。報酬情報サイトのペイスケールは、13万4309人の過去2年間の給与情報を分析し、キャリア初期(勤務年数0~5 ...

  • 高収入につながる学士号トップ10

    米大学生は今年も秋になると、大学での専攻選びに悩むことになる。収入という要素は、選考を選ぶうえでの唯一の判断基準にしてはいけないものの、無視すべきではないだろう。報酬調査サイト「ペイスケール」は、キャリア初期(職務経験3年)と中期(職務経験20年)の給与が高い専攻分野のランキングを発表した。上位には ...

  • ロシアの富豪が「宇宙人探し」に100億円を投じる理由

    億万長者のIT投資家ユーリ・ミリネルは、巨大なレーザーを使い、小さなシリコンチップを宇宙の彼方に打ち上げようとしている。「私は、人間の存在に関する最も大きな疑問の一つに答えようとしている」。ミリネルは、先週開催された「フォーブス400慈善事業サミット」にて、フォーブス誌の編集者ケリー・ドーランに対し ...

  • 米国で最も意義ある大学の専攻トップ7

    米国ではこのほど新学年が始まり、大学生の多くがどこに勉学の焦点を当てるべきかを考えている。では、最も充実感を得られるキャリアにつながる専攻は何なのだろうか?給与情報サイトのペイスケール(PayScale)は、82万1560人のユーザーを対象に、自分の仕事が世の中をより良くしていると思うかどうか聞き、 ...

  • 米トップ企業の100年 フォーブス創刊からの変遷を追う

    フォーブスが過去1世紀にわたりまとめてきた米トップ企業ランキングを見ると、畏敬の念を感じずにはいられない。米経済は、定期的に新たな巨大企業を作っては容赦なく打ちのめし、この「創造的な破壊」によって新たな雇用や富、業界、イノベーションを生んできた。今年の市場価値が高い企業ランキングで上位6位に入った企 ...