Forbes Staff

Jeff Kauflin

I cover leadership, management and careers.

I write about leadership and careers for Forbes, covering approaches to management and the evolving workplace. Before Forbes, I was a regular contributor to Entrepreneur magazine and wrote for Fast Company and Business Insider. For ten years I worked in marketing consulting, in roles ranging from client consulting to talent management. I’m a graduate of Middlebury College and Columbia Journalism School. Have a tip, question or comment? Email me jkauflin[at]forbes[dot]com. Follow me on Twitter @jeffkauflin.

  • 米トップ企業の100年 フォーブス創刊からの変遷を追う

    フォーブスが過去1世紀にわたりまとめてきた米トップ企業ランキングを見ると、畏敬の念を感じずにはいられない。米経済は、定期的に新たな巨大企業を作っては容赦なく打ちのめし、この「創造的な破壊」によって新たな雇用や富、業界、イノベーションを生んできた。今年の市場価値が高い企業ランキングで上位6位に入った企 ...

  • 就職に役立つ修士号 ベスト10とワースト10

    大学院での修士号取得は、キャリア転換や、現キャリアでのステップアップにつながり得る。しかし、大学院に投資する前に、その修士課程を修了したら何が得られるかを真剣に考えることが大切だ。なぜなら、修士号の中には、他よりも価値のあるものがあるからだ。フォーブスは毎年、報酬情報サイトのペイスケール(PaySc ...

  • 高収入かつ意義のある職業ランキング トップ10は医療系がほぼ独占

    米国人の多くは、キャリアを選択する際、収入の高さか仕事の意義かのどちらかしか選べないと思っている。しかし、実はどちらも手に入る場合も多い。報酬が高く、意義ある仕事と感じられる職業を明らかにするべく、フォーブスは報酬調査サイトのペイスケールに独占調査を委託した。調査に使用した職業の分類は、米労働省の職 ...

  • テック業界のカリスマCEO、S・ドラキアの異色なマネジメント法

    クラウドベースのメール送信サービスを提供する米企業センドグリッド(SendGrid)のサミア・ドラキアCEOは、テクノロジー業界で最も評価されているCEOの一人だ。キャリア情報サイト「グラスドア(Glassdoor)」での評価は98%で、イーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグと同じ水準だ。求職情報 ...

  • 優秀なリーダーに必要なのは「職場にいる時間を減らす」こと

    職場にいる時間が長いほど出世が早い、というのが世間一般の考え方だ。しかし、生活の他の側面に時間を費やすことで、より良いリーダーになれるとしたら?ペンシルベニア大学ウォートン校のスチュワート・フリードマン教授(経営学)は、数十年前からこの考えを唱えている。経営学修士(MBA)課程で「トータル・リーダー ...

  • 米国で最も将来に悲観的な職業は? ランキング発表

    先日の記事では、不動産仲介人や最高責任者が自分の職業の将来を楽観視していることを伝えた。では逆に、未来を悲観視している従業員が多い職業は何だろうか?報酬調査サイト「ペイスケール」は2015年7月から2017年7月にかけ、米国の労働者を対象に、自身の給与と会社の事業に対する信頼度を調査。そのデータから ...

  • 米国で最も将来を楽観視している職業は? ランキング発表

    株式市場が高騰する米国では、自分の将来がまぶし過ぎてサングラスが必要だと思う労働者もいる。こうした極端に楽観的な考えを持つのは、どんな人々なのか?フォーブスは報酬調査サイト「ペイ・スケール(PayScale)」と協力し、その答えを探った。ペイ・スケールは2015年7月から2017年7月にかけ、米国の ...

  • 世界の工学専攻学生が働きたい企業トップ10社

    フォーブスは最近の記事で、世界の経営学(ビジネス)専攻学生に人気の就職先が、テクノロジー、金融、コンサルティング、消費財の関連企業だと伝えた。では、今世界で最も需要がある分野の一つである工学の道を進む学生たちはどうだろうか?調査会社ユニバーサム・グローバル(Universum Global)は、ブラ ...

  • 米国で需要急増の職業ランキング

    5月の米国の失業率は4.3%に下がり、5年前の半分近い水準となった。仕事に就く米国人の数は何百万人も増えているが、そのうち最も速いスピードで数が増えている職業は何だろうか?フォーブスは、最も速く増加している職業を調べるために、米労働統計局と国勢調査局が共同で実施する米国人口動態調査のデータを参照し、 ...

  • 世界のビジネス専攻学生が働きたい企業トップ10社

    経営学(ビジネス)を専攻する学生は、もし選ぶことができるならどの企業に就職するのだろうか?調査・コンサルティング会社のユニバーサム・グローバル(Universum Global)は先月末、世界の学生が働きたいと思う企業のランキングを発表した。調査対象となったのは、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ド ...

  • 米国で生計を立てやすい州、ベスト10とワースト10

    米国で新しい仕事やキャリアを始めようと思っているなら、目を向けるべきは中部であることを示す調査結果がこのほど発表された。経済情報サイト「MoneyRates.com」が発表した「生計を立てやすい州ランキング」では、上位10州のうち8州が太平洋にも大西洋にも面していない州だった。MoneyRatesは ...

  • 社内取締役は減らさず増やすべき 米研究者らが企業に警鐘

    独立取締役が多い取締役会は、倫理面での魅力があり、大手企業では一般的に見られるようになった。だが、社内取締役が最高経営責任者(CEO)1人のみである取締役会には問題があることを示した新たな研究結果が発表された。オーバーン大学、アリゾナ州立大学、ライト州立大学、セントラルフロリダ大学の研究チームが発表 ...

  • 年収1000万円超、米国で需要増の職業「看護情報学者」とは

    米国では、テクノロジーが少しずつだが確実に全ての職場に広がりつつある。今度の対象は看護分野だ。ここ最近で「看護情報学者」の需要が急速に増えている。従来の看護業にシステム・分析・デザインの専門知識と組み合わせたこの職業、平均給与は10万ドル(約1100万円)を超える。需要増の背景には、医療分野でテクノ ...

  • アクセンチュアが大胆宣言、2025年までに社内男女比「50対50」に

    アクセンチュアが、社内の多様性向上に向けた大胆な施策に打って出た。同社は14日、2025年までに社員の男女比を50対50にすると発表。専門的サービス大手で男女比の均衡を目標に掲げたのは、同社が初とみられる。過去5年間のアクセンチュアの変革ペースや、現在の女性率が40%を下回っていることを考えると、2 ...

  • 米国の職業別給与ランキング、トップ10とワースト10

    米国では毎年、給与が最も高い職業は医師となっており、今年も例外ではない。フォーブスは、米労働省労働統計局(BLS)の職業別雇用・推定賃金に関するデータを基に、2017年5月時点で給与が最も高い職業と低い職業を調べた。対象には都市、郊外、地方の全ての産業が含まれているが、俳優、ダンサー、ミュージシャン ...

  • 女性が支持するテック企業CEOトップ10 日本人もランクイン

    テック業界には、女性が大歓迎される業界だとの評判はない。しかし同業界の最高経営責任者(CEO)の中には、性の多様性向上に向けた取り組みへの熱意を見せ、社員からの称賛を得ている者もいる。米キャリア情報サイト、コンパラブリー(Comparably)は先日、女性従業員からの評価が最も高いテック企業のCEO ...

  • 給料も幸福度も高い職業は? 米サイトがランキング発表

    最近は多くの職業で、良い給料と幸福度の両方が手に入るようになっている。米求人情報サイトのキャリアブリス(CareerBliss)は、年収10万ドル(約1100万円)以上の職業に限定した幸福度ランキングを発表した。ランキング作成にあたり、キャリアブリスは2015年1月から2017年6月1日までに従業員 ...

  • 米国のCEO好感度ランキング、トップ10とワースト10

    CEOの中には、従業員と国民の両方から熱烈な支持を受ける者もいる一方で、会社のイメージを劇的に悪化させたり、国民を激怒させたりしてしまう者もいる。ではCEOの中で、ファンが最も多い、あるいは少ないのは誰なのだろうか?民間企業の収益などのデータのクラウドソーシングとビジネス関連情報を提供するサイト「ア ...

  • 米大学新卒者に人気の職業トップ20

    米国は今月が卒業シーズンで、卒業生たちは次のステップに進む準備を進めている。こうした新卒者は、どのような職業に就くことが多いのだろう?米キャリア情報サイトのグラスドアは数万件もの履歴書を分析し、米国の大学生が卒業後5年以内で就く職業のランキングを作成。さらに、それぞれの職業を選んだ学生の専攻分野や、 ...

  • 自己認識ができる人はわずか15% 意識を変える方法は?

    組織心理学者のターシャ・ユーリックは新著『Insight(洞察力)』で、多くの人が習得していると思っているが実は習得できていない「自己認識」について書いている。ユーリックは自己認識を大幅に高めた人々を分析し、数百件もの先行研究を調べ、なぜ人にはこれほど大きな盲点があるのか、それを変えるためにはどうし ...