CONTRIBUTOR

Marcia Layton Turner

.

I am an MBA-turned-writer who has written extensively on a wide range of business topics, from business models to funding sources to business plan creation, inventory management, socially conscious entrepreneurship, low-cost marketing, and just about everything in between. I’m often inspired by challenges and successes in my own business. My work has appeared in Businessweek, Entrepreneur, Black Enterprise, and dozens of trade journals. Online you can find my articles at US News & World Report, CNN Money, StartupNation, and AmEx OPEN Forum. I’m also a business book ghostwriter who helps entrepreneurs and CEOs tell their stories. I’ve won writing awards for my books and articles and helped pen bestsellers. I’m also the founder and executive director of the Association of Ghostwriters.

  • 斬新デニム、メンズも発売 「膝ビニール」に続いて物議

    ファストファッション・ブランドのトップショップが今年3月に発売した「膝の部分にビニール」が施された“斬新な” ママ向けジーンズへの挑戦だろうか──。メンズジーンズのピーアールピーエス(PRPS)はこのほど、子どもを持つ男性たちにターゲットを絞った新たな「斬新デニム」を発売した ...

  • イーベイが「配送保証」プログラムを開始 かつての顧客を取り戻せるか

    オンラインショッピングをすると、今すぐに注文した商品が欲しくなるものだ。数日、数週間はなかなか待てない。イーベイはこうした消費者の心理に注目し、注文から3日以内に商品を届ける新たな配送保証プログラムを導入すると発表した。最近まで、迅速な配送サービスといえば、米国ではアマゾンが抜きん出ていた。プライム ...

  • 膝にビニール!? トップショップの「斬新デニム」に賛否両論

    ファストファッションブランドのトップショップが、百貨店ノードストロームで展開している最新のデニムをご存知だろうか?ハイウエストでテーパードのくるぶし丈で、膝部分には「斬新な方法で膝を見せる」ビニールが施されている。値段は100ドル(約1万1270円)未満とお手頃だ。きっと、膝をセクシーに見せる方法を ...

  • 無料スマホ充電サービスで客足を確保、小売業支える米企業が躍進

    私たちは買い物においても、携帯電話に大きく依存している。どこかの店の中にいるときでも、それは同じだ。携帯電話への依存度が高ければ、買い物の途中で充電切れになることがあっても当然のことだ。携帯電話の充電キオスクを展開する米ヴェロシティ(Veloxity)の調査によれば、買い物客の75%は実店舗での買い ...

  • 女性の意見に耳を傾けサービス開発、ブランド品「委託販売」成功の裏側

    クローゼットに眠っている新品同様のシャネルのバッグやバーバリーのカシミヤのコートでお金を得るにはどうすればいいか──。シカゴ近郊に住む女性たちは、その答えを知っている。飽きてしまった高級品をリサイクルするなら、イードロップオフ(EDropOff)に頼るのが一番だ。2004年にコリ・マクファデンが立ち ...

  • 「ジェネラリスト」よりも「スペシャリスト」になるべき5つの理由

    ジェネラリストか、スペシャリストか。新たなベンチャーやキャリアを進むときによく浮上するのがこの問題だ。そして、答えはだいたい同じだ。企業であれ個人であれ、スペシャリストになることが利益の最大化につながる––。多くのスタートアップ企業はスペシャリストとして事業を始める。アップル ...