CONTRIBUTOR GROUP

Great Speculations

Buys, holds, and hopes

Buys, holds, and hopes

  • アリババ、外国企業へのデータ提供事業を加速へ

    中国の電子取引の最大手アリババと米飲料・食品大手ペプシコは先ごろ、戦略的提携を発表した。ペプシコはアリババの保有するデータを利用して、中国市場での顧客体験の改善と事業の成長促進を狙う。アリババが他社の顧客サービス改善のために、自社が蓄積したデータや知見を提供するという形で戦略的提携を結ぶのは、玩具メ ...

  • バーチャルメイクで若い消費者を実店舗に エスティ ローダーがアプリと提携

    高級化粧品メーカーの米エスティ ローダーは先ごろ、スマートフォンの画面でメイクアップが試せるアプリ「YouCam Makeup(ユーカム メイクアップ)」との提携を発表した。これにより、実店舗を訪れる若い世代の消費者を増やしたい考えだ。デジタルとリアルタイムの経験を巧みに組み合わせることで、自社ブラ ...

  • マクドナルド、顧客データ追跡でサービスのカスタマイズを強化

    マクドナルドは他社との競争力を強化するため、テクノロジーを活用し、顧客個人との“カスタマイズされたやり取り”の実現を目指している。2017年末までに、現在導入を拡大しているモバイル注文システムを使った顧客情報の追跡を可能にする。それにより、顧客個人に合わせた効率的な体験の提供 ...

  • フェイスブックがSlackに対抗 「業務メッセージ」分野に本格進出

    フェイスブックが昨年10月に公開した企業向けメッセージングサービス「Workplace」に、無料版の「Workplace Standard」が登場する。小規模企業を取り込むのが狙いで、管理ツールや分析ツールは無いが使い勝手は有料版とほぼ同じだ。この分野は既に激戦区で、SlackやマイクロソフトがOf ...

  • グーグル、インド音楽ストリーミング市場に参入 低料金で勝負

    インドの音楽ストリーミング市場は、スマートフォンの急速な普及と若年層における需要の増加に伴い、安定的な成長を続けている。音楽ストリーミングサービスのユーザーは、2020年には2億7300万人に達すると予想される。そうした中、グーグルは4月上旬からインドで定額制の音楽ストリーミングサービス「グーグルプ ...

  • マクドナルド、生肉使用のバーガー提供へ 来年半ばにも開始

    マクドナルドは3月30日、2018年半ばまでに米国内の大半の店舗で生の牛肉から調理するハンバーガーを提供すると発表した。対象とするのは「クオーターパウンダー」で、注文を受けてから調理を始める。消費者のヘルシー志向の高まりを受けて実施する大幅な改革だ。同社は2015年11月、ダラスの一部店舗で生の牛肉 ...

  • 米ディズニー・ワールド、新設レストランに事前注文・決済サービスを導入

    米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは先ごろ、今年5月に新設するエリア内のレストランに、アプリによる事前注文・決済が可能な「モバイルワン」システムを導入することを明らかにした。映画「アバター」をテーマにした新たなエリア「アバター・ランド」には、クイックサービスのカジュ ...

  • ツイッターが検討の「高機能版」ツイートデック、増益への有効度は

    ユーザー層の拡大と広告収入の引き上げの実現に苦慮するツイッターは、安定的な収入源となり得る新たなサービスを模索している。報道によると、同社は複数のツイッターアカウントを管理するために「ツイートデック(TweetDeck)」を頻繁に利用しているユーザー向けに、有料の高機能版ツイートデックの導入を検討し ...

  • 「買い物代行」で質を担保、コストコが宅配サービス拡大へ

    会員制卸売大手のコストコは先ごろ、食料品宅配サービスの試験導入を拡大すべく、食料品宅配会社シプト(Shipt)と提携した。コストコでは既に、買い物代行サービスのインスタカート(Instacart)を通じて一部の地域で宅配サービスを実施しており、今回の提携は、同社がこのサービスの拡大を目指してのものと ...

  • アマゾンの企業向け会議システム「Chime」の巨大なポテンシャル

    アマゾンは2月中旬、企業ユーザー向けのビデオ会議システム「Chime」を立ち上げた。このサービスは同社のクラウドサービスAWSをベースとして始まった。Chimeで企業ユーザーらはVoIP通話やビデオメッセージの送信、リモートミーティングの開催が行える。このサービスでアマゾンはグーグルのハングアウトや ...

  • なぜ個人投資家はIPO投資で失敗するのか

    昨年初頭から、IPO(新規株式公開)市場は概ね、見事なほどの失敗続きに終わっている。Box、GoPro、Fitbitといった期待の企業が、ゲートを出た直後の疾走後、激しい値崩れを起こしてきた。経済環境の悪さを原因に挙げる向きがある。現下のマクロ情勢の不均衡、主要な指標もこの12か月間で軒並み5%以上 ...