CONTRIBUTOR

Jeff Boss

I write about leadership, high performance teams and adaptability.

As an executive leadership coach, I help individuals and teams optimize their communication and decision-making so they can deliver the results they’re capable of. By pairing my previous careers as a Navy SEAL and management consultant, clients learn to thrive in ambiguous environments, where the competition changes constantly, uncertainty is the flavor of the day, and geographically dispersed teams are the norm. Most importantly, I help align their habits and behaviors with business strategies set forth to achieve corporate goals. In addition to writing for Forbes, I’m a weekly contributor to Entrepreneur.com, speaker at the Harry Walker Agency, and author of “Navigating Chaos: How To Find Certainty In Uncertain Situations” available on Amazon and Barnes & noble. Learn more at http://www.adaptabilitycoach.com.

  • 優秀な人でも闘わなければいけない5つの恐怖

    高い業績を上げる人たちは、心地の悪い状況でも平常心を保つ。他の人なら諦めるような状況であっても前に進むには、大きな勇気と知性、そして心が必要とされる。心得のある人は、人生が直線ではないことを承知していて、溝にはまってしまったとしても、不確定さの嵐を乗り切り、新たな道が開けるまでしのぐ意志を持っている ...

  • チーム構築についての誤解 「エリートチーム」とは何か?

    組織の再設計において、エリートチーム(高い能力があり、機能横断的で、自主独立型のチーム)の形成が優先事項となる中、浮上し続ける問題がある。それは、エリートチームとはどんなものかという定義だ。チームコーチである私が「エリートチームとはどんなものか?」と尋ねると、返ってくる答えは大抵、「分からない」とい ...

  • チームの高パフォーマンスを維持する3つの質問

    私が所属していた米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」では、目標地点に向かって巡回するとき、各隊員が自問する3つの質問があった。この質問を通して、個人としての関係を明確にし、結果的にはチームの関係を明確にすることができた。その3つの質問とは次の通りだ。1. 銃は準備ができているか?2. (敵からの)接触 ...

  • 私の上司は「マイクロマネジャー」 8つの対処法

    マイクロマネジメント(管理職からの過干渉)をされると、人材はあっという間に逃げて行ってしまう。上司に指示を求めても不明瞭な回答しか得られず、正しいと思ったことをしたのに、仕事が終わった後で「それは間違いだ」と言われる──。これほど嫌なことはないはずだ。このような「マイクロマネジャー」型上司は、手遅れ ...

  • 「心の知能指数」が高いチームの6つの特徴

    心の知能指数(EQ)の低いチームメンバーほど、チームの前進を阻むものはない。私はこうした人のことを「社交場面の手投げ弾」と呼んでいる。その人をパーティーに送り込めば、パーティーを終わらせることができるからだ。 数十年にわたる研究の結果からは、有能な人材をその他の普通の人材と隔てる重要な要素がEQだと ...

  • 米国務長官の電撃解任 原因は「マシュマロ効果」にあり

    私は以前、利用するサプライヤーのうちの1社についての対処に悩むマネジメントチームを指導したことがある。問題は、次のようなジレンマだった。このサプライヤーとの良好な関係を維持することで、コストを引き続き低く抑えるのと引き換えに、ブランドの信頼をリスクにさらすべきか? それとも、ブランドの高い評判を維持 ...

  • 業績を著しく損なう高離職率 人材引き留めのためすべきこと

    私が所属していた米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」では、優秀な隊員を殉職で失うことが多かった。私がいたレベルでは、優秀な隊員が自発的に「もううんざり」と言うことはほとんどなかった。だが、そうした例は実際にあった──それは私だ。顧客指導や講演で私の経験を共有すると、常に聞かれる質問が2つある。1つ目は ...

  • メンタルの強い人が持つ7つの習慣

    私は先日、ある公開討論会に登壇し、どのようにして起業家やスタートアップ創業者が「エリート」の思考法を身につけるかを議論した。私が指導するリーダーやチームの中には、メンタルの強さを職業と結びつけて考える人がいる。兵士やスポーツ選手など精神の強さが必要とされる人と、その他の人に二分しているのだ。しかし、 ...

  • 社員の「子どもじみた行動」を防ぐ方法

    軍隊には交戦規定(ROE)と呼ばれるものがあり、敵との交戦をめぐる決断方法のルールが定められている。だが、こうした規定は軍隊だけではなく、企業にも存在する。して良いこと、悪いことを示す明確な基準が無ければ、職場はめちゃくちゃになるだろう。しかし、チームで仕事をする際に、行動規範が定められることはめっ ...

  • 「チーム目標の設定」で避けるべき3つの落とし穴

    自分のものではない目標達成のため努力することほど嫌なことはない。まるで、自分が筋肉を付ける代わりに他人の減量目標に取り組むようなものだ。しかし、私が出会うチームの多くはまさに同様の状況に陥っている。ここでは、目標設定でチームが直面する3つの落とし穴を紹介する。1. 目標が共有されていない目標が1人( ...

  • ウーバーにつきまとうカラニックの「亡霊」 急務のブランド変革

    米配車大手ウーバーは問題続きだ。セクシュアルハラスメント横行問題から米グーグルとの知的財産を巡る裁判まで、評価額480億ドル(約5兆3500億円)のスタートアップである同社は、真に大切なたった一つの価値を急速に失っている。それは「信頼」だ。いやむしろ、すでにウーバーの信頼は完全に失われた。というのも ...

  • 仕事をしたがらない問題職員 リーダーにできることは?

    私が大勢の前で話す際に好きな時間の一つが、話し終えた後のQ&Aだ。何が一番聴衆の心に響いたか、どこをもう少し明確に話せば良かったか、次回もっとよい発表をするにはどうしたらよいかを知ることができるからだ。先週私は、どうすれば優秀な人材から一流の人材へと成長できるか、というテーマで講演した。その際、聴衆 ...

  • ウーバーの問題は企業文化ではない

    ウーバーは今、混乱状態にある。評価額700億ドル(約7.7兆円)の同社を率いるCEOのトラビス・カラニックをはじめとする重役たちは、深刻な疑念や疑惑に見舞われている。問題は、こうした出来事が起こったこと自体ではなく、それがトップ層で起こったことにある。ウーバーは問題対処のため自社の企業文化の「修正」 ...

  • 大規模サイバー攻撃 混乱をチャンスに変える方法

    常に変化の先を行くことが、これまでになく重要になっている。つい先週末、「WannaCry」と呼ばれるランサム(身代金)ウエアを使ったサイバー攻撃によって、153か国の何万という企業、病院、機関が被害を受けた。ただ残念ながら、一番の問題はそこではない。問題なのは、大混乱を巻き起こした原因が技術的エラー ...

  • 企業の「リストラ」に効果がない理由 本当に変えるべきものは何か?

    決してうまくいかないもの、それが企業の構造改革(リストラ)だ。「決して」とは手厳しい言い方だが、リストラは企業が持つ根の深い問題、「行動形態」の問題に「ばんそうこう」を貼って済ませるようなものなのだ。企業のリストラには、従業員の異動が伴う場合が多い。それは、働く部署が変われば働き方が変わるだろうとの ...

  • 「好奇心」がリーダーシップにもたらす4つの効果

    私は先日、リーダーシップに関するあるシンポジウムに出席した。そこでは、パネリストとして参加した地元のリーダーたちに、リーダーシップについての見解を問うための、幾つもの質問がなされた。その中で「あなたが理想とするリーダーの資質を1つ挙げるとしたら?」という質問に対する彼らの答えは、驚くべきものだった。 ...

  • ミーティングを脱線させる「困りもの上司」への対処法

    古いタイプの上司ほど厄介なものはない。ここで言う“古い”とはつまり、自分以外の人を悪く言うしか能のない残念な自己陶酔型のタイプ。自分に自信がないから他人を褒めることができず、家庭で持てない支配権を職場で行使して気を晴らそうとする人のことだ。そういうリーダーは現実に存在する。き ...

  • 「恐怖」に支配される職場にしないための4つの方法

    ハーバード・ビジネス・スクールの調査によると、最近の職場では「恐怖」による支配がまん延しているらしい。従業員らは業務上の重要な問題に関する自分の考えを自由に述べることができないというのだ。彼らの考えは、意思決定に重大な影響を及ぼし得るものだが、伝えられなければ、どんな影響も与えようがない。こうした職 ...