CONTRIBUTOR

Niall McCarthy

Data journalist covering technological, societal and media topics

Data journalist covering technological, societal and media topics

  • 米国の肥満率が過去最悪を更新、「標準」が少数派に

    米疾病対策センター(CDC)がこのほど発表した新たな調査結果から、困った事実がまた明らかになった。米国では成人のほぼ10人に4人が、肥満度を示す体格指数(BMI)で「肥満」に分類されることが分かった。成人の肥満率は世紀の変わり目から上昇を続けている。1999~2000年には30.5%だった割合は、2 ...

  • 旅行中の外国人が「最もお金を使う都市」はドバイ、2位と1兆円超の差

    クレジットカード大手の米マスターカードが発表する「世界渡航先ランキング」の最新版によれば、2016年に最も多くの外国人旅行者が訪れた都市はタイの首都バンコクだった。一年間におよそ1941万人が同地を訪れ、滞在した。だが、旅行者が滞在中に使った金額で見てみると、1位はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ ...

  • 「少数派が多数」になる米国、人種による富の格差拡大を予測

    米国は2044年までに、「少数派が多数」の国になると見込まれている。それにもかかわらず、依然として人種による大幅な富の格差という問題を抱えており、さらにその差は拡大し続けている。米国の非営利団体プロスペリティ・ナウ(Prosperity Now)とシンクタンク、インスティテュート・フォ-・ポリシー・ ...

  • ツイッター投稿、政府の削除要請はトルコが最多 日本は半年で95件

    ツイッターは世界各国で、政治的な議論や討論、意見の表明のための重要な手段となってきた。反政府活動を組織する際にも頻繁に使われており、いくつかの国では指導者たちを窮地に追い込むことにつながってきた。当然ながら、多くの国の政府当局はツイッターに投稿される内容を管理し、政府の権限に影響を及ぼす可能性がある ...

  • 「ジハード」関連サイトの閲覧数、英国が欧州で最多か

    英国のシンクタンク、ポリシー・エクスチェンジ(Policy Exchange)の調査の結果、ジハード(イスラム聖戦)に関連した内容を含むウェブページの閲覧数が特に多いと見られる国が明らかになった。調査結果によれば、今年2月中旬から5月初旬までの期間中、過激派組織「イスラム国(IS)」などが作成したコ ...

  • 高額設定のiPhone X、国により価格にばらつき ロシアが最も割高

    アップルのファンの中には、9月12日に行われたiPhoneの10周年記念モデル「iPhone X」の発表を受け、その価格の高さに落胆した人もいるかもしれない。iPhone Xはこれまで発売された機種の中で最も高額に設定されており、「64GB」で999ドル(約11万1400円)、「256GB」で114 ...

  • 外国人旅行者が急増の都市、1位はパレスチナ自治区

    国連世界観光機関(UNWTO)は先ごろ、外国人旅行者数(宿泊者数)が最も増えた世界の各都市を示す最新の「世界観光指標(World Tourism Barometer)」を発表した。今年初めから4月末までに世界各国・地域の都市を観光で訪れ、宿泊した外国人はおよそ3億6900万人に上り、昨年の同じ期間よ ...

  • 公立大学授業料、日本はOECD加盟国中3番目の高さ

    経済協力開発機構(OECD)が9月12日に発表した報告書「図表で見る教育(Education at a Glance)2017」によると、OECD加盟諸国は国によってさまざまな方法で、高等教育にかかる費用を公的に負担している。加盟諸国のおよそ3分の1は、学士課程の履修またはそれと同等の教育を受ける際 ...

  • ヘロイン過剰摂取による米国の死者数、15年で533%増

    米国では、ヘロインの使用に関連した死者数が急増している。2016年の死者数は、2002年から533%増加した。オピオイド系薬物のまん延によってもたらされている危機的状況が、その深刻さを一層増していることを示す恐ろしい結果だ。米国では薬物乱用が原因の死者数が、2008年に初めて自動車事故による死者数を ...

  • 警察官より民間警備員に頼る国、世界で増加中

    ショッピングモール内でのパトロールや空港での保安検査、要人(VIP)の身辺警護など、世界各地で民間警備会社の警備員やボディガードのサービスが利用されるケースが増えている。多くの国では、こうした警備員たちは拳銃を携帯し、警察官と似たような制服に身を包んでいる。民間の警備サービス部門は近年、大幅な成長を ...

  • 米成人の肥満率、3割以上が30州に 一部に改善傾向

    米国の成人は現在、およそ3人に1人が肥満だ。さらに、子供は6人に1人が肥満だという。米国保健信託(TFAH)とロバート・ウッド・ジョンソン財団が8月31日公表した最新の報告で明らかになった。TFAHと同財団によると、成人の 肥満率が25%を超える州は2000年にはゼロだった。だが、その割合は2016 ...

  • 「ネットなしで生きられない人」の割合、日本は10カ国で最低

    世界中の人々が今では多くの時間をスマートフォンの画面を見ながら過ごし、タブレットやラップトップの利用にかける時間も多い。インターネットのない暮らしはもはや想像し難いものになった。ミレニアル世代の多くにとって、ウェブが登場する以前の世界は遠い記憶の彼方に存在している。場所や時間を問わずネットにつながっ ...

  • 米国の働き盛り世代、非就業の最大の理由は「介護」

    エコノミストらの視点から言えば、就労率は経済の活力のバロメーターだ。そしてまた、生活水準の指標でもある。米国では1999年以降、成人の就業者と求職者が減少し続けていることが分かった。米ブルッキングス研究所のハミルトン・プロジェクトが8月17日に発表した報告書によると、米国では昨年、成人の3分の1以上 ...

  • ネット上の有害な「荒らし」、最も多い米主要都市はラスベガス

    ユーチューブに投稿されているあなたのお気に入りの動画でも、たまたまページを開いたニュース記事でも、インターネットのサイト上のコメント欄は、憎しみや意地の悪さであふれている。しかも、それは憂慮すべきレベルに達している。品位に欠けるネット社会の現状を受け、ウェブマガジンのWired(ワイアード)はコメン ...

  • 米国の薬物乱用による10代若者の死者数、16年で倍増

    オピオイド系の薬物の使用はここ数年で、米国にまん延する深刻な問題となっている。そうした中で、10代後半の若者たちによるこれらの薬物の過剰摂取とそれによる死者数が、1999~2015年の間に倍増していたことが分かった。1999年にオピオイド系薬物の過剰摂取で死亡した15~19歳の若者は人口10万人当た ...

  • 米国の職場での身体的負担、「手と腕の酷使」挙げる人が最多

    米国で働く人たちの非常に多くが、仕事中に身体的・精神的な負担を感じていることが分かった。非営利組織ランド・コーポレーションが2015年に米国で働く25~71歳の男女2006人を対象に行った調査の結果によれば、精神的には厳しい締め切りや長時間労働などが、労働者たちを悩ませていた。また、若い女性労働者が ...

  • コーヒーのテイクアウト率、最も高いのは「忙しい」日本

    コーヒーを持ち帰りにするか、それとも店内でゆっくり飲むか、どちらを好む人が多いかは国によって大きく異なる。コーヒーをテイクアウトで注文する人の割合は、忙しく慌ただしい一日を過ごす人が多い国で高くなり、イタリアやスペインのようにゆったりとした雰囲気の国では低くなっていることが分かった。市場調査会社NP ...

  • 米EV市場のシェア1位はテスラ、日産「リーフ」が4位

    今年上半期の米電気自動車(EV)市場では、EVメーカーのテスラが支配的な地位を維持した。「モデルS」と「モデルX」を合わせたシェアは、全体の45%となっている。次いで販売台数が多かったのは、シボレー「ボルト」(16%)、日産「リーフ」(15%)だった。米格付け会社のムーディーズによると、同期の米EV ...

  • テスラ充電施設、EV市場急拡大のノルウェーが人口当たり最多

    ノルウェー国内を車で走ってみれば、電気自動車の多さに驚くことだろう。電気自動車(EV)メーカーの米テスラにとって、ノルウェーは2015年の時点で米国に次ぐ2番目に大きな市場だった。ノルウェーでの同年の販売台数は、およそ4000台となった。ノルウェーでは現在、購入される新車の3分の1以上が電気自動車か ...

  • 「北朝鮮は最大の脅威」、米国の7割以上に危機感

    米国民の多くが、核兵器の開発を続ける北朝鮮への脅威をこれまでになく強く感じていることが分かった。ただ、それでも軍事行動を支持する人は少数派にとどまり、北朝鮮への制裁強化や中国企業への制裁の実施を主張する人が7割前後となっている。米調査研究機関シカゴ・グローバル評議会が8月7日に発表した調査結果による ...