CONTRIBUTOR

Rebecca Fannin

I write about innovation trends in global hotspots.

I am the author of Silicon Dragon (2008) and Startup Asia (2012). My news and events group, Silicon Dragon Ventures (www.silicondragonventures.com), publishes e-newsletters, hosts a talk show, and develops forums in the world’s tech hotspots. I am the former international news editor of Red Herring, the Pulitzer-owned International Business, AdAge and Incisive Media. I have contributed to CEO, Inc., Worth, Fast Company, The Deal and Harvard Business Review, and am the founding editor of Digital Magazine News. My editorial consulting includes thought leadership reports for KPMG and Sony. In 2010, I provided expert testimony on China’s Internet for a Congressional commission in Washington, DC. I have appeared as a commentator on Fox Business News, Sky TV and CCTV. I have lectured at Yale, Columbia, NUS and Tsinghua, among others and spoken at the Asia Society, NASSCOM, World Affairs Council, Chamber of Commerce and Harvard Club.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • グリーも出資のVR企業「Spaces」 中国でVRテーマパーク開設へ

    VR分野で最注目のスタートアップ企業の一つにあげられるのが、ドリームワークス出身のShiraz Akmalらが立ち上げた「Spaces」だ。ロサンゼルス本拠のSpacesは米国や日本、中国の大手企業から資金調達を行い、中国でVRテーマパークを建設しようとしている。SpacesのVRアトラクションは現 ...

  • 中国自転車シェア市場「2強対決」 アリババ陣営ofoが優勢

    中国の自転車シェア企業「ofo(小黄車)」は7月6日、アリババが主導する資金調達ラウンドで7億ドル(約797億円)を調達した。競合の「Mobike(摩拜単車)」も今年だけで既に8億ドル以上を調達している。ofoを支援するのはアリババ、Mobikeを支援するのはテンセントであり、自転車シェア業界の争い ...

  • モバイル人口7億人の中国 自転車シェア利用者は2000万人以上

    先日発表された米国の著名アナリスト、メアリー・ミーカーのインターネットに関するリポートでは、多くの分野で中国の名が挙がった。なかでも際立っているのがオンデマンド交通で、この分野は2016年7月から市場規模が2倍に膨らんでいる。自転車シェアを利用している人数はすでに2000万人に上っており、中国だけで ...

  • スタートアップ都市に変貌したNY 起業家に人気の理由

    筆者が最近、様々な関係者を取材して分かったのが、現在のニューヨークはシリコンバレーや北京など以上にスタートアップや投資家にとって快適な場所だということだ。「ニューヨークはアメリカで2番目に大きいベンチャーマーケットに成長したが、シリコンバレーと比べるとまだその規模は小さい」と、ニューヨークのテック系 ...

  • 中国で爆発するライブストリーミング市場 利用者4億人突破へ

    中国のテクノロジー分野での優位性を示すデータがまた明らかになった。米国ではライブストリーミング市場はまだ勃興期にあるが、中国ではモバイルのライブストリーミング市場が飛躍的な成長を遂げている。中国ではオンライン人口の約半分にあたる3億2400万人が、既にライブ中継サービスの利用経験を持つ。ミレニアル世 ...

  • 中国の次世代ユニコーンとして期待の「駐車場シェア」アプリ

    移動や交通分野のスタートアップはベンチャーキャピタル業界が最も期待を注ぐ分野だが、中国では特にその傾向が強い。中国ではライドシェアの「滴滴出行(ディディチューシン)」や自転車シェアの「Mobike」等が既に巨額の資金調達を行っているが、その次の分野として期待されるのが駐車場シェアの領域だ。&ldqu ...

  • イスラエル、中国、米国の「3国連合」で進むスタートアップ育成

    イスラエル工科大学の学長、ペレツ・ラビエと同大学がコーネル大学と共同で設立したテックキャンパス「コーネル・テック」の責任者ダン・フッテンロッハーは、テクノロジー教育の拠点をイスラエルからニューヨークに移転すると表明した。イスラエル工科大学は応用科学の大学院をニューヨークに設置すると同時に、中国の広東 ...

  • フェイスブック中国版は実現する? 「検閲」という高すぎる代償

    フェイスブックが中国向けにサイト上のコンテンツを検閲するソフトを開発したと報道されている。しかし、フェイスブックが世界最大のネット市場に参入したとしても、その代償は大きすぎるのではないだろうか。他のアメリカ企業も中国マーケットに入るために同じことをしてきた。2006年に中国に参入したグーグルは検索結 ...

  • 評価額1兆円の中国ニュースアプリ「Toutiao」の驚異の成長力

    中国のスタートアップシーンで途方もない評価額での資金調達が実施されようとしている。ニュースアプリのToutiao(头条)は評価額100億ドル(約1兆600億円)以上で新規の資金調達を目指している。ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。Toutiaoは2年前の2014年、5億ドルの評価額で微博らか ...

  • 元グーグルの中国人投資家が描く「北京版シリコンバレー」の夢

    中国のリー・カイフー(李開復)が設立したベンチャーキャピタル、シノベーション・ベンチャーズ(Sinovation Ventures、旧イノベーション・ワークス)が、6億7,400万ドル(約629億円)を調達した。中国のベンチャーファンドの資金調達はこの数年低迷しているものの、中国のテックエコノミーは ...

  • 加熱する中国IT企業の対米投資 ベイエリアに累計60億ドルの中国マネー流入

    中国のIT企業の動向が、アメリカの大手新聞の目立つ位置に掲載されるのは、彼らの勢いがいよいよメインストリームを巻き込みつつあることの証拠と言える。8月2日、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「モバイルの最先端はシリコンバレーではなく中国」との記事を掲載した。「ウィーチャットとアリペイが中国で配車や ...

  • ソフトバンクx中国滴滴、配車アプリGrabに600億円出資

    8月1日、中国のタクシー配車アプリ、ディディ・チューシン(滴滴出行)がウーバーの中国事業を350億ドル(約3兆5,000億円)で買収したことは、アジア圏のライドシェア業界にドミノ効果をもたらしそうだ。ディディ・チューシンは昨年、東南アジア6ヶ国でライドシェアを展開するGrab(グラブ)に3億5,00 ...

  • 中国アドテク界の星、パパヤモバイルが上場 年売上168億円を予測

    中国のテック系スタートアップはNY証券取引所でのIPOを目指すのが定石だが、有力ベンチャーキャピタルのお気に入りだったパパヤモバイルはその流れに逆らい、北京の中小企業向けボードNEEQ(中小企業株式譲渡システム)に上場した。CEOのシェン・スー(瀋思)は「当初はNYでの上場を計画していたが、中国の方 ...

  • 中国、ハイテク特許件数で世界最多 米日を大きく上回る

    先週、中国銀行のある幹部は、国有企業が力を落としていく中で、中国経済の発展にはイノベーションが欠かせないと力説したという。彼はテンセントやドローンメーカーDJIのような時代をリードするテック企業の破壊的イノベーションを取りあげ、深センや広州、北京などのテックハブが競争しながら新鋭企業を呼び込もうとし ...

  • 中国テック業界を支える投資家、元グーグル李開復が上場準備中

    中国のテック業界に強い影響力を持つ、投資家の李開復(カイフー・リー)は、テック企業が今後も成長を続け、中国経済の減速は食い止められと主張している。インキュベーター企業Innovation Works(創新工場)のCEOであるリーによると「現代の中国は古い製造業と新しいオンラインの世界の2つの産業から ...

  • 中国を追うインド テック系投資が活発化

    春節を迎えるころ、世界を股にかける中国のベンチャーやスタートアップの活動は減速するが、インドではその限りではない。ここ2週間でインドのスタートアップ界隈では巨額の資金調達が相次いだ。セコイアキャピタル・インディアは9.2億ドル(約1,050億円)の資金を調達。1年前に7.2億ドル(約820億円)を調 ...

  • リスクよりチャンスをもたらす中国-イスラエル間の企業連携

    中国とイスラエルの文化は、どちらも起業家精神に富み、勤勉で、家族を大事にし、高い精神性を有している点で似ていると長い間言われている。今、世界の起業をリードするこの二つの国が、ベンチャーキャピタルおよび技術革新で手を携え、飛躍的なブレイクスルーの可能性を高めている。中国の投資資金が、イスラエルのベンチ ...