CONTRIBUTOR

Liz Ryan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

I was a Fortune 500 HR SVP for ten million years, but I was an opera singer before I ever heard the term HR. The higher I got in the corporate world, the more operatic the action became. I started writing about the workplace for the Chicago Sun-Times in 1997, but it took me ages to find my own voice. Now I write for the Huffington Post, Business Week, LinkedIn, the Harvard Business Review, the Denver Post and Forbes.com and lead the worldwide Human Workplace movement to reinvent work for people. Stop by and join us: http://www.humanworkplace.com

  • 「時は金なり」は真っ赤なうそ ビジネスで時間より大切なもの

    ビジネスシーンで頻繁に繰り返されるうその一つが「時は金なり」という格言だ。この言葉の意味を考えてみてほしい。あなたを含む全ての労働者が一刻も早く仕事を片付けなければならない、時間を無駄にすれば会社にコストがかかるので急げ、ということだ。私たちは何の理由もなしに、早く仕事を済ませるよう人々に圧力をかけ ...

  • 面接で絶対に口にしてはいけない7つのこと

    採用面接では緊張のあまり、言おうと思っていなかったことを口にしてしまいがちだ。面接前と面接中は必ず、意識的に自分を落ち着かせ、集中すること。ロビーに立っているとき、座って面接官を待っているとき、深呼吸をする。呼吸に意識を集中させ、次のような肯定の言葉を心の中で繰り返そう。1. 大丈夫。ここにいて私は ...

  • 職場にはびこる5つのうそ

    注意散漫な上司や信頼できない上司が、重要な事についてうそをつき、そのうそを忘れていることはよくある。「素晴らしい仕事ぶりだ。昇給の話をしないといけないな」と言っておきながら、自分の言葉をすっかり忘れたり、それを否定したりさえする上司の下で働いたことがある人は、何人いるだろうか。以下の5つは、ほぼ誰も ...

  • 面接官が聞く「あなたの最大の弱みは」への切り返し方

    「あなたの最大の弱みは何ですか?」という問いは、採用面接の質問の中で最も無意味で失礼なものの一つだが、これを聞く面接官は毎日現れる。こうした面接官は、礼儀をわきまえた人間は赤の他人からその人の弱みを聞き出したりしないということに気付いていない。「あなたの最大の弱みは?」と聞くことは、私は無知で規則通 ...

  • 信頼とチームワークを壊す悪しき企業規則10選

    従業員を仕事熱心にさせるものは何か?会社が社員を大切に扱えば、社員も仕事に励むようになる。仕事に対する熱意は、強制できるものではない。目標を達成する気がない社員には観察期間を設けて次々と解雇することもできるが、それでは問題の解決にはならない。恐怖に支配された風土から抜け出すためには、チームを信頼する ...

  • 絶対に避けるべき企業の面接官が聞く10の質問

    恐怖は世界で最も強大な力だが、それについては誰も話題にしない。恐怖心はキャリアにおける決断に非常に大きな影響を与える。上司を恐れる社員は、職場で本当は言いたいことがあっても、口を閉ざしてしまう。失職中に手持ちの現金が減って来月の家賃支払いが心配になると、面接でたとえその仕事についての危険な兆候を察知 ...

  • 優秀な社員が辞めてしまう本当の理由

    現職よりも良い仕事を見つけたら、波風を立てることなく今の職場を去りたいと思うものだ。職場を去る社員が「断りようがないオファーをいただきましたので」というありきたりの説明をすることが非常に多いのは、それ以上の本当の退職理由を明かすメリットが全くないからだ。もちろん裏には「断りようがないオファー」以上の ...

  • リーダーの資質がない上司が持つ10の特徴

    管理職とリーダーの違いは何か? その端的な答えはこうだ。管理とは、人がやるべき事をきちんとしているかを監督すること。伝統的な「監督」の考え方は、従業員は誰かに見張られていなければまじめに仕事をしなかったり、間違いを犯したりするという恐れに基づいている。「管理者」は後ろに向かって進み、自分の軍隊の誰か ...

  • 履歴書に書いたら恥ずかしい 「ダメ自己PR」6選

    ある日、私は12歳の娘に、机から車のキーを取ってくるよう頼んだ。娘はキーを手に戻ると、こう言った。「お母さん、机に履歴書があったね」「何か気になることでもあったの?」と聞くと、娘は「うん! この人、『シカゴ一の専門販売員』って書いていたけど、そんなことどうして分かるの? ランキングがあるわけじゃない ...

  • あなたの上司はリーダー失格? 無能管理職が持つ5つの特徴

    優れた企業や組織は、昇格したからといって誰しもがリーダーになれるわけではないと心得ており、リーダーシップ開発に真剣に取り組むものだ。だが実際には多くの企業が、新任管理職は指導や指示を受けなくてもおのずと社員の統率法を身に付けていくと勘違いしている。力不足の上司が多い理由の一つに、若いリーダーを育てる ...

  • 勤務先が「従業員を大切にしているか」見極める10のヒント

    企業の多くが人材を募集する際、「業界の最も優秀な人材が働きたがる当社」などといった言い方をする。だが、口で言うのは簡単なことだ。企業の素晴らしさはその発する言葉ではなく、賃金規定をはじめとする諸規定、社内のリーダーシップや文化に関わる問題に向ける関心、従業員が何らかの調整を必要としたときに見せる柔軟 ...

  • 「デキすぎる」のも悩みの種 今の仕事が合っていないことを示す10の兆候

    筆者は小型犬を飼っている。誰かが玄関に来ると大はしゃぎするが、数分もすれば大人しくなりソファの肘掛けに寝そべっている。犬種によっては、もっと知的な刺激や物理的な挑戦を必要とする犬もいる。例えば賢いことで有名なボーダーコリーは、常に脳や体を働かせる必要があり、何もすることがないとおかしくなってしまう。 ...

  • 2017年から廃止すべき時代遅れな10の社則

    私は1984年に人事・採用分野で独立し、時代遅れなルールやばかばかしい規則のない会社を立ち上げた。そうすることで新たな人材の確保や素晴らしい従業員の留保がしやすくなった。彼らの多くとは今も親しい付き合いをしている。しかし、それから30年以上が経った今でも、私が当時廃止したルールをそのままにしている企 ...

  • 転職活動で自分を安売りしてはいけない10の理由

    早く新しい職に就きたいと焦るあまり、希望年収を下げてしまう気持ちはよくわかるが、それは得策ではない。希望給与額を不自然に低く設定すると、採用担当者の不信感を買うことになる。相手が最初に考えることは「まあ! 有能な人材がこんなに安く雇えるなんて、何という掘り出し物かしら!」──ではない。採用担当の頭を ...

  • もうすぐ解雇? 見極めるための10の兆候

    現在の仕事を今後も続けられるかどうかについて、心配せずにいられる人などいられるだろうか──?レイオフ(一時解雇)を言い渡されたり、突然解雇されたりする人は大勢いる。ただ、こうした人たちのほとんどは、「言われたときはショックだった。でもそれから数日たって、問題があることを示す兆候はあったのだと気が付い ...

  • 企業の6部署、それぞれの嫌われる原因と特徴

    企業内のどの部署に所属する人たちにも、それぞれが受ける精神的な負担があり、他の部署の人たちから持たれるマイナスのイメージがある。外部から批判を受けることが多い各部署の従業員たちの特徴を紹介する。人事社内の政治的な話やうわさ話が大好きなあなたにとって、彼らは最高の人たちだ。人事部の従業員たちは、他の部 ...

  • 卑劣な上司の10の言動に学ぶ健全な職場の選び方

    賢い組織はチームのメンバーを尊重し、称賛する。旧態依然としたトップダウン型の官僚制組織は、従業員たちをあえて尊重しない。そうすれば、「従業員は全て簡単に交換可能な機械の歯車の歯の一つだ」という考えを支持しないとのメッセージを送ることになり得るからだ。世の中には強い上司と大勢の弱い上司たちがいる。弱い ...

  • 転職が多い「ジョブホッパー」こそ採用すべき5つの理由とは

    人事に関する問題を専門としてきた筆者は以前から、採用担当者が何度も転職している人たちの採用に二の足を踏むことを不思議に思ってきた。私たちは新たな領域に足を踏み入れることで初めて、成長することができる。繰り返し試されることで、私たちは自分の五感を信じることを学び、それまでの仕事の経験以上に進化すること ...

  • 「コンフォートゾーン」を広げるために試してみるべき10のこと

    「ぬるま湯に浸かっていないで外へ出ろ」「あの経験のおかげでコンフォートゾーンから踏み出せた」という表現は、誰でも耳にしたことがあるだろう。私たちは、人生の90%以上を居心地のいい「コンフォートゾーン」で過ごす。そこを出るということは、未知なる領域へ踏み出すということだ。新しい環境で失敗し、恥をかくの ...

  • 従業員が辞めていく? 働く人を追い込む10の有害な職場環境

    嫌な感じの管理職たちが、やる気のない従業員について不満を言っている──だが、やる気をなくそうと思って出勤する人はいない。従業員たちのやる気は、彼らではなく職場環境の特徴を表すものなのだ。仕事に関して自分が置かれた状況を改善するための最初の一歩は、まず自分が今の仕事に就いていることに幸せを感じていない ...