CONTRIBUTOR

Liz Ryan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

I was a Fortune 500 HR SVP for ten million years, but I was an opera singer before I ever heard the term HR. The higher I got in the corporate world, the more operatic the action became. I started writing about the workplace for the Chicago Sun-Times in 1997, but it took me ages to find my own voice. Now I write for the Huffington Post, Business Week, LinkedIn, the Harvard Business Review, the Denver Post and Forbes.com and lead the worldwide Human Workplace movement to reinvent work for people. Stop by and join us: http://www.humanworkplace.com

  • 面接の終わりにしてはいけないこと

    最高の採用面接の終え方は、立ち上がって面接室を出ることだ。その場にだらだらとどまってはいけない。あなたの時間は貴重なもので、面接を始めたときと同じくらい終了時は幸せなはずだ。面接終了後には、次の大事な予定が控えている。面接が終わったのに面接官にペコペコし、部屋を出る前にもう一度、自分の素晴らしさにつ ...

  • デキる部下 上司に嫉妬されたら辞めるべき?

    以下は読者のダンから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は現職でとても充実した2年間を送りましたが、もう転職する時期が来たと思います。リズさんであれば、今まで自分を小さな箱に押し込めていた、とでも言うでしょう。現職で気に入らないことは一つしかありません。それは上司のヘイリーが、自信を持てず ...

  • 希望年収を伝えて「それほどの価値が?」と言われたときの対処法

    以下は読者のダラグから寄せられた便りと、私からの回答だ。先週、ショックなことがありました。転職エージェントとの電話で、希望年収は6万8000ドル(約740万円)だと伝えた時のことです。この額は、私の職種の一般的な給与額の範囲でちょうど中間くらいになります。もしかしたら少し低めかもしれません。とにかく ...

  • 「あなたはどこにも雇ってもらえない」親友にどう伝えれば?

    「あなたはどこにも雇ってもらえない」親友にどう伝えれば?以下は、読者のカーメンからの便りと、それに対する私からの回答だ。私には、“リサ”という小学校6年生の頃からの友人がいます。私が病気になったり何か助けが必要だったりする時は、いつでもそばにいてくる素晴らしい人です。私たちは ...

  • 採用面接での自慢話 どこまで許される?

    以下は読者のバーナから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は現在、就職活動を始めるところです。現職では3年働き、学べることは学び尽くしました。現職では、昇進の道はありません。先週、公共図書館で開かれた就活準備プログラムに出席したとき、登壇した女性がパーソナルブランドについて詳しく話していま ...

  • 面接で「いまだに仕事が見つからない理由」を聞かれたら

    以下は読者のロレインから寄せられた便りと、私からの回答だ。採用面接で最初に聞かれた質問が「なぜ、いまだに仕事が見つからないのですか?」だったときは、面接が終わるまで気分が上がりません。私は2月に解雇され、それ以降フルタイムで転職活動をしています。面接官から、まるで私が採用不能な人材だとでも思っている ...

  • 転職活動中の友人に対する「禁句」5選

    以下は読者のサマンサから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は現在、就職活動中です。なるべく元気でいようと努めていますが、前向きでいるのが難しいときもあります。友人らからは「サマンサ、心配しないで!」といったことを常に言われるのですが、もちろん心配します。友人らに悪意はないのですが、その励 ...

  • 自信に満ちた求職者がとる5つの行動

    “自信”は“虚勢”とは違う。自信とは、自分自身を信じること。一方で虚勢は、強がって見せること。信頼からではなく、恐怖から来るものだ。自分の能力と価値を知った上で面接に臨めば、受け答えにも違いが出てくる。面接官が質問を終えた瞬間に慌てて答えることはなくな ...

  • あなたが昇給に値することを示す7つのサイン

    以下は、読者のカトリーナからの便りと、それに対する私からの回答だ。私の所属する部署では、2015年の初めから昇給がありません。2015年、2016年、2017年と、誰の給料も上がりませんでした。若干の昇給があった部署もありますが、私の部署ではありません。そしてまた2018年も、私たちの給与が見直され ...

  • 前職の企業が倒産 経歴を脚色してもOK?

    以下は読者のガブリエルからの便りと、それに対する私からの回答だ。私はこの2年間、本当に素晴らしい企業に勤務していましたが、その企業が倒産してしまいました。在職中には、大きなプロジェクトにもいくつか携わりました。その仕事から得たいと思っていたものは多かったですが、結局は長く勤められませんでした。現在は ...

  • 「今週末なぜ働けない?」と上司に聞かれたら

    以下は読者のヘレンからの便りと、それに対する私からの回答だ。私はとても良い会社で働いていますが、上司からは常に時間外労働が求められます。私の部署は全員が固定給のため、私たちが仮に四六時中働いたとしても追加のコストは1セントもかかりません。気まずいのは、上司のニールから「今週末はなぜ働けない?」とか「 ...

  • 「適材だけど給料が高すぎます」と言われたら

    以下は、読者のマーガレットからの便りと、それに対する私からの回答だ。リズさんへ「あなたはこの仕事に最適な人材ですが、給料が高すぎます」と言われたら、どう答えたらよいのでしょうか?電話面接で「給料が高すぎる」と言われるのは構いません。でもこれまでの経験では、そうはなりませんでした。面接に時間を無駄にし ...

  • 面接で「自分を動物に例えるなら?」と聞かれたら

    以下は、読者のマリサから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だリズさんへ私にとって面接は苦ではありません。面接がきちんとした会話になっている限りは、楽しんで受けられます。残念なことに、多くの採用面接は会話になっていません。まるで口頭試験のようで、うんざりしてしまいます。面接官が聞く質問の中には ...

  • 「優秀なのに内定が出ない」のはなぜ? 5つの原因

    以下は読者のペニーから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は今、転職活動で苦戦しています。でも、原因は私ではありません。私は多くの仕事に適した人材だと自負しています。実際は、不採用の知らせさえもらえません。自分がふさわしい候補者だと分かっている仕事に応募したときでも何も返事がこないので、やる気がそが ...

  • 面接官に聞かれた驚きの質問 「今、うそをついていませんか?」

    以下は、読者のデーナから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。先日、何年も前から履歴書にうそを書いているという男性からの便りを読んで、とてもがっかりしました。私は履歴書には真実しか書きません。面接でも同じです。私は数週間前に面接を受けました。面接官を務めた人事部のマネジャーに気に入られていな ...

  • 履歴書へのうそ記載、ばれなければOK?

    以下は、読者のカールから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。リズさんへあなたの現実的なアドバイスには感謝していますが、間違っていると思うことが一つあります。今の世界は弱肉強食であることは、あなたもきっと認めてくれるはずです。あなたは皆へのアドバイスとして、「自分は解雇された」と言う必要はな ...

  • 残業の多い職場はお断り 面接でどう伝えれば?

    以下は読者のキャシーから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は現在、新たな街に引っ越す予定で、転職活動をしています。私が今まで就いた仕事には、良いものも悪いものもありました。私が最も気にしているのは残業です。毎晩遅くまで会社に残ったり、毎週末働いたりするような職場には入りたくありません。こ ...

  • 面接で自慢は逆効果 自分の正しい売り込み方

    以下は読者のレイから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は転職活動の情報共有会に参加することがあります。そこでは、20年前に言われていたような時代遅れのアドバイスがいまだに共有されています。その一つが「採用面接では自分を売り込むべき」というものです。私には、面接官に自分の強みを押し売りして自慢するよ ...

  • 入社承諾前に確認すべき10のこと

    以下は、読者のウーマから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は今、就職活動中です。5年前に苦い経験をしているので、面接ではできるだけ多くの質問をしようと思います。当時の私は学生アルバイトとして、あるショップで働いていましたが、より時給が高くて長く働ける仕事が必要になりました。ぴったりだと ...

  • 「面接恐怖症」を克服する10の方法

    以下は読者のビンセントから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は採用面接が嫌いです。信じられないほど緊張してしまい、前夜は寝付けないほどです。面接前には必ず猛烈に予習をしています。1週間に2、3社の面接が入っているときでも、応募企業について何時間もかけて調べています。それでも、面接室に入ると落ち着き ...