Forbes Staff

Brian Solomon

起業家に関するすべてについて執筆

アントレプレナー担当のスタッフライターとして、大企業や中小企業の背後にいる独創的な人々を注視。彼らの中にはパキスタン移民シャヒド・カーン(現在はNFLのオーナー)やホビーロビーの聖書支援者デビッド・グリーンといった億万長者や、チャーミングチャーリーの35歳の最高経営責任者(CEO)からシエラネバダのクラフトビールのパイオニアなどもいる。市場を動かす企業やトレンドを観察する面白みは、従業員が所有するパブリックスがウォルマートに仕掛けた戦争やマクドナルドにインスパイアされた応急ケアのゴールドラッシュに表れている。 TwitterやFacebookでフォローを。メールはbsolomon@forbes.comまで。

  • ウーバーを猛追、イスラエルの「Gett」が米国事業を急拡大へ

    ウーバーに対抗するため、小規模な事業者が連合を結成する動きが高まりつつある──。GettやJunoといった企業らは米国でウーバーの足元にも及ばないが、彼らがタッグを組んで戦えば勝負の流れは変わるかもしれない。4月26日、テルアビブに本拠を置き欧州やロシア及びニューヨーク市に展開する配車サービスのGe ...

  • トヨタも出資「自宅の車を人に貸す」自動車版エアビーアンドビー

    ウーバーやリフトには巨額の資金が注がれているが、カーシェアリング市場は競争の激化で、投資家からは以前ほどはセクシーな領域とはみなされなくなりつつある──。しかし、そんな中でまたもや巨額の資金調達を果たす企業が現れた。その企業とはサンフランシスコ本拠のスタートアップ「Getaround」。同社はユーザ ...

  • ウーバーイーツ、世界4万軒のレストランに対応 半年で倍増

    4月18日、ウーバーは食品デリバリーサービス「ウーバーイーツ」の対応レストラン数が4万6100店舗を突破したと発表した。店舗数の増加は昨年10月か2倍以上の伸びとなっている。配車サービスで世界の覇権を握ったウーバーは、食品デリバリー分野でもその地盤を固めつつある。利用可能地域は世界24ヶ国の71都市 ...

  • グーグルから訴訟のウーバー幹部、法廷で「黙秘権」行使か

    アルファベット傘下で自動運転を手がけるスタートアップ企業Waymoが、ウーバーを訴えている問題で、ウーバー幹部の刑事責任が問われる可能性はあるのだろうか──。疑惑の中心人物であるアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)の担当弁護士らは、その可能性があると見ているようだ。 ...

  • アップル株が最高値更新 サムスン新モデル発表の「影響はゼロ」

    サムスンは3月29日、同社の最新のフラッグシップモデルのGalaxy S8を発表。ベゼル幅を極限まで狭めた大型スクリーンや薄型ボディ、さらに独自のAIアシスタントをアピールした。これはアップルに大きな打撃を与えるものなのか。答はノーだ。少なくとも昨年からの株価の動きを見た場合、サムスンの新モデルはア ...

  • ウーバーCEO、韓国の「性的カラオケバーを訪問」 元恋人が証言

    ウーバーCEOのトラビス・カラニックをめぐる新たなスキャンダルが噴出した。先週末、ニュースサイトThe Informationはカラニックと同社のバイスプレジデントのEmil Michaelを含む幹部たちが、2014年の出張時に韓国ソウルの女性が接待するカラオケバーを訪れたと報道した。記事ではその模 ...

  • エアビーアンドビー 宿泊者用「タイニーハウス」建設を計画か

    ニュースメディアThe Informationによると、エアビーアンドビーは一般住宅の裏庭に設置する「宿泊者専用の小屋」の生産の実験を進めているという。この試みが実現すれば、エアビーアンドビーは供給可能物件を大幅に増やす事になり、家のオーナーたちに新たな収益機会をもたらす。今回の記事はエアビーアンド ...

  • エアビーアンドビーを迎え撃つ中国「途家」 民泊戦線の行方

    2016年にウーバーが撤退した中国で、エアビーアンドビーは業績を拡大しようとしている。3月22日、エアビーアンドビーの共同創設者兼CEOのブライアン・チェスキーは上海で、中国事業の拡大を宣言した。企業価値300億ドルのエアビーアンドビーは現在60名の中国での従業員を3倍に増やし、投資額も倍増させると ...

  • 「食のアマゾン」狙うフードデリバリー企業、流通額10億ドル突破へ

    オンデマンド型配達サービス大手のポストメイツ(Postmates)は、5年前の創業から2年をかけて累計配達件数100万件を突破した。その後、事業は急成長を続け、現在は月間200万件の配達を行っている。ポストメイツの共同創業者兼CEO、Bastian Lehmannはフォーブスの取材に「2017年のラ ...

  • エアビーアンドビー、企業価値3.5兆円で新規1千億円を調達

    エアビーアンドビーの事業は順調で、資金も潤沢にある。さしあたりIPOを行う見込みは無さそうだ。エアビーアンドビーがまたもや10億ドル(約1150億円)の資金調達を行った。3月9日、米国証券取引委員会(SEC)への提出書類から明らかになった。エアビーアンドビーは昨年9月にも5億5500万ドルを調達して ...

  • 黒字化成功のドロップボックス、売上10億ドル突破へ 企業利用増加

    昨年、黒字化を達成したクラウドサービスのドロップボックスが、売上高でも大きなマイルストーンを達成した。共同創業者でCEOのドリュー・ヒューストンは1月30日、ドロップボックスの年間売上が10億ドル(約1,140億円)を突破する見通しだと発表した。同社は、SAAS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)分 ...

  • ビジネス向けフードデリバリー「ezCater」社 企業価値100億円を突破

    一般家庭をターゲットとしたフードデリバリー業界は利益率が低いことで知られる。DoorDash やPostmatesといったスタートアップ企業は、一回25ドル程度の注文でカレーなどを宅配しているが、それが企業向けのビジネスであれば話は別かもしれない。1月11日、ケータリングのマーケットプレイス事業を運 ...

  • ウーバー vs 滴滴、ブラジルで配車戦争 滴滴が1億ドルを海外投資

    ウーバーは昨年夏、中国の配車アプリ最大手「滴滴出行」(ディディチューシン)の株式の20%と引き換えに、同社に中国事業を売却した。それにより滴滴とウーバーとの戦いは一段落したかのように見えたが、それはつかの間の平和だったようだ。滴滴は1月4日、ウーバーのブラジルでの競合で、サンパウロとリオデジャネイロ ...

  • ウーバーの「自動運転」体験ルポ サンフラシスコ進出の現場

    サンフランシスコでウーバーを呼んだら、自動運転車が迎えにくるかもしれない――。ウーバーは12月14日、ピッツバーグで9月からテスト中の自動運転車のパイロットプログラムをサンフランシスコに拡大すると発表した。ウーバーの自動運転ソフトのテストバージョンを搭載したボルボのXC90 SUVモデルが乗客を載せ ...

  • トランプを許さない 宅配スタートアップCEO、全社員宛てに宣言

    米国で4万4,000軒以上のレストランの宅配事業を手がけるスタートアップ企業、グラブハブ(GrubHub)のマット・マロニーCEOは、トランプ政権誕生に関する彼の考えを社員宛てのメールで述べた。米国ではティム・クックやジェフ・ベゾス、マーク・ザッカーバーグらのCEOが、トランプに対する意見を表明して ...

  • AT&TがストリーミングTV開始、月額35ドルで100ch テレビ業界に激震

    先週末に報じられた、AT&Tによるタイムワーナーの860億ドル(約8兆9,000億円)買収の狙いが一つ明らかになった。AT&T傘下のディレクTVは11月、新サービスとしてTVストリーミングサービスを始動する。10月25日、AT&Tのランダル・スティーブンソンCEOは「ディレク ...

  • 399ドルでiPhoneを追撃 中国LeEco、米国でスマホ販売開始 

    中国で動画配信事業を行なうLeEco(楽視、旧LeTV)は3年前から携帯端末やスマートテレビの製造に乗り出した。同社は10月19日、サンフランシスコで米国での事業開始を正式にアナウンスした。旗艦モデルのスマートフォン、Le Pro3を11月2日からアメリカで発売する。Le Pro3の価格は399ドル ...

  • サムスンの苦境はアップルの好機 株価は今年最高水準に

    10月10日、アップルの株価は2%近い上昇となり、年初来高値を更新した。iPhone 7のローンチがほぼ成功との見方が流れる一方、競合のサムスンはGalaxy Note 7のリコール問題を受け、株価が下落した。アップル株は116ドル以上に上昇し、2015年12月8日以来の高値水準に達した。ここ5ヶ月 ...

  • スティーブ・ジョブズ没後5年 iPhoneの夢を追い続けるグーグル

    5年前の今日、10月5日(日本時間6日)、アップル共同創業者のスティーブ・ジョブズは膵臓がんの転移による複合症状でこの世を去った。当時、世間の人々の心に浮かんだのは、iPhoneの生みの親ジョブズを失ったアップルがこの先もやっていけるのだろうかという疑問だった。今のところ答えはイエスだ。アップルの株 ...

  • ウーバーが「100ドルで乗り放題」 NYでも定額サービスを開始

    ウーバーはアマゾンプライム型の定額乗り放題サービスの導入を拡大中だ。今年9月、米国の6都市で定額制の「ウーバー・プラス(Uber Plus)」を始動した同社はついにニューヨーク市でもこの試みを始動させる。サービス開始は10月から。料金の前払いにより、同一方向に向かう客たちが乗り合い乗車を行なう「ウー ...