Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界37カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • AI時代こそ、コンフォートゾーンを出よ|IT評論家 尾原和啓

    自身の強みとしていたことが、AIに代替される時代がやってきたとき、あなたはどんな風に生き残ればいいのか。京都大学院で人工知能論を研究、産業総合研究所人工知能センターのアドバイザー歴任のIT評論家の尾原和啓氏に、Forbes JAPAN Web編集長の谷本有香が聞いた(前編はこちら)。谷本有香(以下、 ...

  • 野村HDグループの改革を支える「苦い記憶」と「危機意識」

    眼下に株式などのトレーディングフロアを臨む一室。ピンストライプのスーツにクレリックシャツを纏って現れた野村ホールディングスグループCEO、永井浩二はその長身を折るように椅子に座った。「会社を根底から創りかえる─」増資インサイダー事件を受け、2012年、グループCEOに就任したときに永井が口にした言葉 ...

  • 新旧大小の壁を超えた融合を生む「仕組み」の秘訣

    「大企業にもかかわらず、これほど一体感とスピード感でプロジェクトを共に進められることに、いつも驚かされる」日本発の布製超小型電気自動車を開発するスタートアップ・rimOnO代表取締役の伊藤慎介は、三井化学をそう評する。2015年3月、三井化学の社内プロジェクトでの出会いをきっかけに、共同プロジェクト ...

  • 上場3年以内の時価総額「増額・増加率」ランキング

    上場3年以内で最も時価総額を伸ばした社長ランキング、時価総額の増加率を高めた社長ランキング。2つのランキングから紐解いていく。フォーブス ジャパンは今回、フィスコの情報提供のもと、上場3年以内の時価総額増額ランキング、増加率ランキングを作成。時価総額については上場初値と2017年7月4日時点を比較し ...

  • 小山薫堂氏が語る、Audi R8 Coupéが醸し出す上質の正体

    放送作家、脚本家という肩書にとどまらず、京都の『下鴨茶寮』の経営や、京都造形大学副学長としてアカデミックな分野にも関わる小山薫堂氏。2007年には交通事故削減のキャンペーンである”TOKYO SMART DRIVER”の発起人を務め、このプロジェクトは2017年7月からは&r ...

  • ワインと美女では動かない若手世代を着火させる方法|IT評論家 尾原和啓

    美味しい食事や高級ワインを楽しむ、美女にモテる、金を稼ぐ、出世する―。それらの達成欲や快楽によって突き動かされていた上司たちを、冷ややかに見ている若い世代。そんな、一見「欲望やモチベーションがない」と見られる彼らを突き動かすものとは何なのか。IT評論家にして、モチベーションの正体を解析した本「モチベ ...

  • 歴史ある場所にできたゴルフコースの「新たな挑戦」

    ウイスキー製造の本場として栄える、スコットランドのハイランド地方。ロイヤル・ステュアート家とともに500年の歴史を刻んできたこの地で、「スコットランドゴルフの神髄を取り戻す」ことを理想とし、2009年にオープンしたキャッスル・ステュアートの「新しい挑戦」とは。ハイランド地方の入り口、インバネス空港か ...

  • ペンは「核」よりも強し 核に対抗したある医師の取り組み

    北朝鮮が核実験を行うたびに、経済制裁の強化が叫ばれる。しかし、核に対して、対処できるのは政治家だけではない。ある医師の取り組みを紹介しよう。忘れもしない小学校6年生の夏休み。私は学校で広島・長崎の原爆記録映画を観た。女子生徒が家を出るシーンから映画は始まる。その後、場面は、きのこ雲、焼け野原、火傷を ...

  • 「原点」に戻り「未来」を見据える 10年後に向けた旭化成の変革

    2025年という「未来」を見据えて変革の真っ只中にある、総合化学大手・旭化成。試行錯誤したリーダーがたどり着いたのは企業理念という「原点」だった。2015年10月に発覚した子会社の杭工事施工データ流用問題は、旭化成グループへの信頼を大きく揺るがせた。翌年4月に就任した小堀秀毅は、就任後発表した中期経 ...

  • リーダーに必須のビジネス書の原点、「ローマ人の物語」

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、VOYAGE GROUP 代表取締役社長兼CEOの宇佐美進典がビジネス書の原点だと絶賛する塩野七生の「ローマ人の物語」を紹介ー仕事で壁にぶつかったとき、ビジネス書に答えを求める人は多いでしょう。私も ...

  • 時代を先駆けるタグ・ホイヤーのビジネス戦略とは?

    ジャック・ホイヤーという男写真右:契約を交わすジャック(左)とジョー・シフェール(右)。/写真左:ジャック・ウィリアム・エドワード・ホイヤー。1932年生まれ。大学では電気工学を学び、その後アメリカに留学。帰国後にホイヤー社(当時)に入社。様々な傑作モデルを世に送り出す。「自動巻き式クロノグラフ」「 ...

  • ダメなCEOは「ここ」を見ればわかる

    種子島の鉄砲伝来により、戦国時代に必須になったのは鉄砲の名手になることではなく、戦略的に鉄砲隊を配置できることだった。現代の鉄砲が、AI、ビッグデータ、ブロックチェーンなどのテクノロジーだ。こうしたITをCEOが知らないと、市場では勝てない。ところが、CEOがIT音痴だと、IT部門を子会社や別会社化 ...

  • イーロン・マスクの元部下がテスラで学んだ「危機感の作り方」

    シリコンバレーで最も注目される日本のスタートアップの一つであるドライブモード。その共同創業者である上田北斗は、世界を代表する起業家イーロン・マスクとともに働いてきた経験を持つ。2017年10月19日、一般社団法人「at Will Work」主催、岡村製作所の後援で、上田と早稲田大学ビジネススクール准 ...

  • 「社長力」ランキング、日本を動かす経営者BEST100

    これからの日本に必要な経営者像を映し出す──。フォーブス ジャパンが「CEOランキング2017」で重視したのは、「企業の長期的価値への貢献」というリーダー像だ。フォーブス ジャパン編集部は「日本を動かす経営者」を数多く生み出すという方針のもと、企業のIR活動を総合的に支援しているフィスコIRの協力を ...

  • イーロン・マスクの元部下が語る「テスラのハード・ワーキング」

    いまや世界を代表する起業家イーロン・マスク。持続可能エネルギーを原動力にした社会の実現や火星移住計画など、規格外のビジョンが注目を集めるが、一方で彼のマネジメントにはなかなかスポットライトが当たらない。そんな「社内のイーロン」と密に接してきた日本人がいる。テスラモーターズで4年余り働き、現在はホンダ ...

  • マイクロソフト伝説マネジャーがマクラーレン570Sを語る

    英国の自動車メーカー、マクラーレン・オートモーティブ(以下マクラーレン)。Formula1で培ったテクノロジーと知識を注ぎ込んだハイパフォーマンスなスポーツカーをロードカーとして提供する。「僕の世代では90年代のF1での圧倒的な強さのイメージが色濃いマクラーレン。そんなマクラーレンの570Sですが、 ...

  • 将来の競争力は「丁寧な取り組み」から生まれる

    「夢を持つ、スピーディーに挑戦する、壁を打ち破る。期せずして僕が言っている行動指針が全て入っているんだよ」アイシン精機社長の伊原保守が紹介したのは、創立50周年の2015年につくった社歌。トヨタ副社長として、系列の部品メーカーの競争力強化のため事業再編を進め、15年6月にグループの中心的存在である同 ...

  • サイバーダイン山海が落合陽一に直伝 大学発ベンチャーで社会を動かす「秘訣」

    あの“現代の魔法使い”が、大型の資金調達を実施──大学の研究成果をベースとした「大学発ベンチャー」の活躍が待望される中、筑波大学助教・学長補佐の落合陽一がCEOを務めるピクシーダストテクノロジーズが、総額6.45億円の資金調達を行ったことを発表した。同資金調達は、インキュベイ ...

  • エンジニアよ、隠れていては勿体ない

    総額100億円規模の「すばる望遠鏡用観測装置」プロジェクトに携わる下農淳司氏と、ウェブページを作成するための言語「HTML5」の第一人者として知られる羽田野太巳氏。ふたりは、自他ともに認める「オタク」だ。好きなことに「夢中でいつづける」ためにしている工夫、努力とは? 没頭しながらも、専門外との接触も ...

  • 「サンクスデイズ・プラチナ」が特別な感謝を伝えられる理由

    一緒にいて幸せだから、どんなときでも支えきてくれたから、妻やパートナーへの「ありがとう」の気持ちをカタチにして贈る。そんなハートウォーミングなジュエリー「サンクスデイズ・プラチナ」が人気だ。なぜ今、プラチナの贈り物が選ばれているのだろうか。プラチナ、と言われて思い浮かぶイメージは何だろう。地金、コイ ...