Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • 業界の騎手が予見する「マイクロファイナンスの未来」

    近年、日本でも認知度が高まっている「マイクロファイナンス(小口金融)」。業界を牽引してきたブルーオーチャード社の幹部が、その現在と未来について語った。2017年晩秋、最寄りの街から数時間はかかるミャンマーの山奥へ日本人投資家の集団が向かった。訪れた先は不動産物件でも、工場でもない。山村で暮らす、融資 ...

  • イスラエル8200部隊出身の起業家が描く「サイバーグリッド構想」

    近年、サイバー攻撃の急増に伴い、各国の企業でセキュリティに対する意識が高まりつつある。そこへ、イスラエルの起業家が世界的なサイバー防衛ネットワークを構築しようとしている。世界で最もサイバー攻撃を受けているイスラエル電力公社「IEC」。同社の経験を生かして創業したのが、サイバー防衛のトレーニング企業「 ...

  • ソーシャルゲームでヒット連発のMySpace共同創業者

    フェイスブックに勝てなかったMySpaceの生みの親が、ゲーム界を席巻中だ。「今度こそは生き残る」と意気込む彼の戦略とは?パズルをクリアし、クッキーやケーキの材料を獲得するシェフ・パンダ。目標は、最高のお菓子職人になること─。シェフ・パンダというのは、2010年に創業したモバイルゲーム会社ジャム・シ ...

  • 「The King」 アーノルド・パーマーが手がけた白砂浜の至宝

    プロゴルファーかつゴルフ場設計家、さらにビジネスマンとしても有名なアーノルド・パーマーの最高傑作とされるトラリー・ゴルフ・クラブ。 「The King」のニックネームを持つ彼が、美しい景色と古い歴史をもつ地に作り上げた「白砂浜の至宝」の魅力とは。アイルランドの南西、ケリー州のディングル半島にあるトラ ...

  • BMWの未来を切り開く「i」ブランドの次の一手

    1916年に航空機のエンジンメーカーとして産声を上げたBMWが、新たなサブブランド「i」を立ち上げたのは、創業100周年を目前に控えた2013年のこと。それは「持続可能なプレミアムモビリティ」を掲げた、電気自動車のためのブランドだった。その背景には、「2030年までに温室効果ガスの排出を26%削減す ...

  • ラグジュアリーと未来が融合する「ベントレー」のコンセプトカー

    電動化時代におけるラグジュアリー・スポーツカーの再定義。ベントレーが将来を見据えて発表したコンセプトカー「EXP12 Speed 6e」のことを、そう表現しても過言ではない。英国らしい伝統とエレガンスを纏うのは従来のベントレー・ファミリーと同様だが、「EXP12」の心臓部に搭載されるのは、マルチシリ ...

  • 現役大学院生が「家族留学」プログラムを始めた理由

    優秀な学生ほど、就職活動の際に働きやすさを重視する傾向が高まってきている。「昔あったコピーの『24 時間戦えますか』というマインドは、今の学生はもう持っていません」。新居日南恵はそう指摘する。現役の大学院生としての肌感覚や、学生に働き方や家族のあり方を学ぶ機会を与える事業が、彼女の考えの根拠だ。 新 ...

  • 数字で見る「女性活躍」先進企業のいま

    “働きやすさ”ではなく“真の女性活躍”を目指す日本最大規模の女性アワード、「Forbes JAPAN WOMEN AWARD」。2017年のアワードに際して、エントリー企業に制度、待遇、ビジョンなどの調査を実施した。その結果から見えてくる、日本の「女性 ...

  • デジタル化できない企業を待ち受ける「運命」とは

    近年、アマゾンやフェイスブックといった「プラットフォーム」を持つ企業のビジネスモデルが改めて世界の研究者たちの間で注目されている。勝者が利益を総取りする「プラットフォームの経営学」とは? なぜ成功している大企業がデジタル化する必要があるのか、そして、そのための具体的な方法について検証する。現代のビジ ...

  • 急成長のスタートアップはなぜ「徹底的な会話」にこだわるのか

    2012年にイスラエルで創業したマーケティング支援企業、「Datorama(デートラマ)」。ラン・サリグが手がける同社は現在ニューヨークに本社を置くなど、全世界16拠点で事業を展開。アルファベットの会長、エリック・シュミットの「INNOVATION ENDEVORS」を筆頭に、これまで累計で5000 ...

  • 人を切らずにメジャーを目指す、石油準大手初の女性CEO

    男性中心の石油産業でCEOの座に上り詰めたヴィッキー・ホラブ(57)は“ロールモデル(模範)”と呼ばれることを嫌う。「私は幸運でした。アメリカンフットボールや、何人かの男性の手助けがなければ、きっと今いる場所にはいられなかったでしょう」だが石油準大手「オキシデンタル・ペトロリ ...

  • 外資企業だから気づいた「日本企業の働きにくさ」

    フェイスブックは4年ほど前から全社的に職場のダイバーシティの向上を目指し、その進捗を世界に向けて発信し続けてきた。社員の働きやすさを追求することにも積極的で、マーク・ザッカーバーグCEOが数か月間の育児休暇を取得したことは象徴的だ。COOのシェリル・サンドバーグも、あらゆる場面で、女性が成功する機会 ...

  • 外食王たちに学んだ「両効きの経営」

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、トレジャー・ファクトリー代表取締役社長の野坂英吾が創業期に希望をもらったという「外食王の飢え」を紹介する。食べては吐き、食べては吐いて、食事の味をためした─『外食王の飢え』は、そんな「苦業」の末に、 ...

  • ウーバーを通じて見えてくる、日本とアメリカの「社会構造の違い」

    最近ウーバーが象徴するものについて考えた。アメリカではウーバーが日常的に普通に使えるが、日本ではいまだにあまり普及していない。その普及の難しさと、ウーバーに乗って感じることに、アメリカと日本の社会構造の違いが見えてくる。端的にいえば、単一民族の日本社会と、複雑化する移民国家のアメリカ社会の違いである ...

  • グーグルキラーの最終兵器は、アフリカの「驚異的な人材プール」

    10年前、ヨーン・リセゲンのメディア情報分析会社「メルトウォーター」は窮地に立たされていた。グーグルとヤフーが鳴り物入りで彼の縄張りに足を踏み入れてきたのだ。契約した顧客にメディアに掲載された情報をモニタリングするメルトウォーターの有料ビジネスは、突如として先行きが厳しくなった。グーグルアラートが同 ...

  • 歪んだテック社会の救世主、異色の経歴を持つ日本人女性

    ロボット工学そして神経科学の研究者であり、グーグルXの共同創業者という異色の経歴を持つ日本人女性「Yoky」こと松岡陽子。人間とロボットの関係性を突き詰めてきた彼女を突き動かしてきたものとは──。iPhoneを開発したシリコンバレーのスター、マット・ロジャースの人生を変えたのが日本人女性だったことは ...

  • 砂漠の国イスラエルが「水の超大国」に化けた理由

    イスラエルでは水不足は語り尽くされたテーマだ。人々は水を無駄にしないよう幼い頃から教え込まれ、少雨でガリラヤ湖の水位が下がれば国内のムードも落ち込む。それがイスラエルだった。だが、イスラエルはもはや水に悩んでいない。それどころか、水資源分野で超大国になった。米国のセス・M・シーゲルの著書でベストセラ ...

  • 16年間の専業主婦を経て復帰、時代を先取りした働き方とは

    ブランクを乗り越え、時短や在宅勤務もしながら専門性を活かして働く。サイボウズの広報、江原なおみが体現しているのは、これから日本に必要になる“サステナブルな働き方”だ──。16年にわたる専業主婦期間を経て、江原なおみが仕事に復帰したのは2016年のことだった。江原は、1993年 ...

  • 寺院大廃業時代、生き残りをかけた次世代リーダーの挑戦

    日本には7万を超える寺院が存在する。だが、そのうち2万は、住職がいない無住寺院と化しているという。仏の教えをもう一度世に広めようと異彩を放つ、若き仏教界のリーダーたちに迫った。日本の文化を、もっと国の発展に活かさなくてはいけない。旅行先のイギリスで、松山大耕は繰り返し思った。当時、松山は東京大学の3 ...

  • サブスクリプション化が変える「ものづくり」の未来

    製造業はいま、ビジネスモデルの変革を求められている。“機器を販売したら終わり”ではなく、その一歩先へ。視線の先にあるのは、カスタマーエクスペリエンスの向上、そして顧客が確実に成果=アウトカムを出すまで付き合うカスタマーサクセスの実践だ。製品を販売したら終わり──これまで&ld ...