• AI研究における「ブラックボックス問題」とは何か

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    さまざまな産業やサービスにおいて実用化が進むディープラーニングにおいて、ひとつの課題が浮上している。すなわち「ブラックボックス」の問題だ。ディープラーニングは、さまざまなビジネスプロセスを自動化してくれる人工知能(AI)技術だが、機械が自ら膨大なデータを学習し“自律的”に答え ...

  • 劣悪な職場からついに転職 退職面談ではどこまで正直に話すべき?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のJJから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は新しい仕事を見つけました。今の会社へは来週知らせようと思います。早く辞めたくて仕方ありません。新たな仕事場で、新しい上司のカレンと仕事を始めるのが待ち遠しいです。彼女は今の上司であるテッドとは大違いです。テッドは本当に性格が悪い ...

  • アップルの「泣ける短編映画」 中国で大ヒット

    Avi Dan , CONTRIBUTOR

    ブランドや企業が2017年、オンライン動画に費やした金額は計1350億ドル(約14兆4000億円)に上った。これは、テレビ広告費の710億ドル(約7兆5700億円)のほぼ2倍に当たり、デジタル広告費の830億ドル(約8兆8000億円)をもはるかに上回る。この数字は、広告代理店やコマーシャルが独占する ...

  • 客足減少のスタバ、米市場で直面する「変化と競争」

    Andria Cheng , Contributor

    米コーヒーチェーン大手、スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は1月末、期待を下回る第1四半期(昨年10~12月)の決算結果を発表した。このときジョンソンCEOは同期の業績について、「ロイヤルカスタマー以外の客足の伸び悩み」を理由に挙げた。また、国内のショッピングモールにある各店 ...

  • 混戦のインド「デジタル決済市場」を狙うフェイスブックら

    Suparna Dutt D'Cunha , Contributor

    インドのスマホユーザーが最も利用するメッセージングアプリは「WhatsApp(ワッツアップ)」だ。フェイスブック傘下のWhatsAppはインドで2億人以上の月間アクティブユーザー(MAU)を抱えている──。先日、WhatsAppはインド国内で送金サービスのベータ版を始動させた。インド政府がデジタル決 ...

  • ダボス会議流「経営リスク」の再評価

    蛭間 芳樹 , Official Columnist

    今年も1月22日から26日までスイスのダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会。その通称「ダボス会議」の討議資料として作成された「グローバルリスク報告書2018」には、「Risk Reassessment(リスクの再評価)」という注目すべき特集も組まれている。「ブラックスワン・イベント」を常に意 ...

  • 行動経済学が解き明かす「過労死」2つの真因|大阪大学・安田洋祐

    岩佐 文夫 , Official Columnist

    現在の資本主義に課題はないのか。経済学者・安田洋祐に率直な疑問をぶつける連続インタビュー、第3回は働き方改革について(第1回|第2回)。企業の力が強すぎ雇用関係が、働く人の幸福につながっていないのではないか。日本の労働環境が抱える歪みが、ゲーム理論によってクリアになる。岩佐:資本主義の問題かどうかわ ...

  • Galaxy新型はiPhone Xより割安、1000ドル以下で発売か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    サムスンが今年発売する「Galaxy S9」に関しては、既に様々なリーク情報が飛び交っている。しかし、一つだけ欠けていたのが価格に関する情報だった──。英国のテックメディアが伝えたGalaxy S9の価格情報は、賛否両論を巻き起こしそうなものだ。イギリスの人気テックメディア「TechRadar」は、 ...

  • ゲーム企業アタリがICO計画、オンラインカジノでの利用を想定

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    老舗ゲームメーカーの「アタリ」がICO(新規仮想通貨公開)を行う計画を発表した。同社CEOのフレデリック・シェネイが「アタリ・トークン」という名称で発行される、新規コインの計画を明かした。「ブロックチェーン技術は我々の暮らしに重大な変化をもたらすものだ。特に、ビデオゲーム業界やオンライン決済分野に大 ...

  • 「面倒くさい」から生まれる、ものぐさイノベーション

    電通 Bチーム , CONTRIBUTOR

    革新的なアイデアの陰には、膨大な時間と血の滲むような努力がある──そんなマッチョな考えは、もう古いのかもしれない。実は「面倒くさい」という気持ちは、クリエイティビティの源泉になりえる。「ものぐさ」な動機に注目し、イノベーションへの新しいアプローチを考えてみよう。4年ほど前、出雲大社の門前に、新しいお ...