• 成功者にも多い「自殺」 5つの誤解と真実

    Lipi Roy ,

    もう耐えられない──。医師である筆者は診療室で、数えきれないほどの患者たちが静かに、恥ずべきことであるかのように目に涙をためながら、そう打ち明ける言葉を何度も耳にしてきた。6月上旬、自ら命を絶ったファッションデザイナーのケイト・スペードと人気シェフのアンソニー・ボーデインもまた、それぞれの最後の瞬間 ...

  • グーグルが狙う「中国市場、再参入」 5億ドル出資で見えた思惑

    Russell Flannery , Forbes Staff

    グーグルのサービスのほとんどは中国では利用できない。しかし、グーグルは中国のEコマース大手「JD.com(京東)」と戦略的パートナーシップを結び、同社に5億5000万ドル(約608億円)を出資しようとしている。提携を通じ、グーグル側は中国市場を、JD側は米国市場を開拓したい思惑がある。両社は共同声明 ...

  • 来たる信用経済、わたしたちの生活はどう変わっていくのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    あなたは「貨幣が取って代わられる未来」を想像できただろうか──。中央銀行などの国家を主体として発行するわけではない仮想通貨や、不特定多数の人から少額の資金を調達するクラウドファンディングの台頭。ある人はお金よりも、所属するコミュニティでの承認を求め、貨幣の本来の機能であった「価値の交換」の概念が近年 ...

  • 中国版ネットフリックスの「愛奇芸」 時価総額3兆円を突破

    Russell Flannery , Forbes Staff

    今年3月29日に米ナスダック市場に上場した動画ストリーミング企業「愛奇芸(iQiyi、アイチーイー)」の株価は、6月15日の終値で40.16ドルをつけた。“中国版ネットフリックス”と呼ばれる愛奇芸の株価は、上場時の18ドルの2倍以上に膨らみ、同社株の約7%を保有するスマートフ ...

  • 高齢者に必要な次世代モビリティとは? 共感インタビューで見えた衝撃の事実

    琴 章憲 , OFFICIAL COLUMNIST

    「シリコンバレーで、若手3名が一つ屋根の下で暮らし、デザイン思考を使って、今までにない全く新しい次世代モビリティを開発する」スズキの特別プロジェクト公募に自ら志願し、選抜された3名はデザイン思考のフレームワークに沿って、街頭インタビューを敢行。その結果をもとに、開発を進めていくこととなった。(奮闘記 ...

  • 「行政に興味のない市民に損をさせない」 和光市長が選ぶ道

    加藤 年紀 , Official Columnist

    普通交付税とは、自治体間の財政不均衡を是正するため、国が地方自治体に配分するものだ。昨年、普通交付税を受けていない地方自治体は、全国1718市町村のうち、わずか75団体。そのなかのひとつに埼玉県の和光市がある。普通交付税を受けていないということは、すなわち財政的に健全で、自立した行政運営を行う地方自 ...

  • 英メイ首相「ジンバブエのビリオネア」の慈善活動を表彰

    Mfonobong Nsehe , Contributor

    テリーザ・メイ英首相は先日、ジンバブエのビリオネアであるStrive Masiyiwaとその妻に、優れたボランティア組織に贈る賞「ポインツ・オブ・ライト賞(Points of Light award)」を授与した。Masiyiwa夫妻はジンバブエの子供たちに奨学金を与える財団「Higher Life ...

  • 台湾でスタートアップ育成の「アリババ」 起業家に3億ドル用意

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    6月5日から開催された台湾のテック見本市「COMPUTEX」には400以上のスタートアップ企業が参加した。そこで存在感を発揮していたのが、中国のアリババがスタートアップ育成のために設立したファンド「Alibaba Entrepreneurs Fund(阿里巴巴創業者基金)」だ。アリババが設置したパビ ...

  • サッカーもビジネスも同じ 新興国のクラブ経営から学ぶ「プロ意識」の育て方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    先日開幕した2018 FIFAワールドカップロシア大会。開催地であるロシアの大勝から始まり、優勝候補との呼び声高いブラジルやドイツが初戦から苦戦を強いられるなど、刺激的な戦いが連日続いている。結果を左右するのは、当然ながら選手だけでなく、監督やスタッフ、フロントなどチームに関わるすべての人達によって ...

  • サッカーロシアW杯、VAR導入でレッドカードは増えるのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2014年のFIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会で出されたレッドカードは、10枚だった。8枚にとどまった1986年のメキシコ大会より後の大会では、最も少ない数だ。また、ブラジル大会までに退場処分となった選手の総数は、160人に上っている。6月14日開幕したW杯ロシア大会では、前回大会より多くの ...