• 「こだわり」の罠を解く東洋医学の手法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    病院に行ったものの、「異常なし」と言われ、がっかりしたことはないだろうか。痛みを訴えても診断がつかない。その痛みを消す東洋医学の手法がある。ある日、72歳の女性とその娘が来院した。「あまりの痛みに死にたいのです」と言う母に、娘も困り果てている。1年前から目の奥の痛みを訴え、眼科を受診。眼底を含め全て ...

  • トランプの娘、女子学生を「タダ働き」で雇用 ブログで公開し大炎上

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    米国大統領選、共和党候補のドナルド・トランプの長女イヴァンカは働く女性の支援に力を入れている。彼女は自身のサイトやSNSで「#WomenWhoWork(働く女性)」というハッシュタグを頻繁に使い、来年発売予定の著書のタイトルも「Women Who Work」だ。出版社のウェブサイトには次のような説明 ...

  • 世界が注目!インドのスタートアップ20選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界のスタートアップの"中心地"がシリコンバレーから拡散している。いま、最も勢いのある場所のひとつは間違いなくインドと言えるだろう。世界中から「カネ」「ヒト」「テクノロジー」が集う、新たなエコシステムが生まれた地ではいま何が起きているのかー。注目すべき20のスタートアップを紹介する。デリヒブリー(D ...

  • i-ROADはもっと面白くなる!次世代スタートアップ10社がアイデア披露

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    7月29日、東京・渋谷にスタートアップ10社が集結し、都市型モビリティ「TOYOTA i-ROAD」をテーマにしたピッチコンテストが行われた。得意分野を生かした斬新なアイデアが飛び交うなか、勝ち抜いた起業家はー。「日本型エコシステムの実現に向け、大企業とスタートアップのマッチングプラットフォームを構 ...

  • ウーバー、定額サービス「ウーバー・プラス」を米6都市で導入開始

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーは今週、定額制乗り放題サービスの「ウーバー・プラス(Uber Plus)」のベータ版を立ち上げた。アマゾンのアマゾンプライムからヒントを得たと思われるこのサービスは、月額の定額料金を払うことで乗車料金を大幅に安くするもの。初回の導入地域は米国の6都市(サンフランシスコ、シアトル、サンディエゴ ...

  • サムスン、ストリーミング事業撤退で見えた「ラジオ型」サービスの限界

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    サムスンは8月22日、2年前に立ち上げたストリーミングサービスの「ミルクミュージック」を9月22日に終了すると発表した。サムスンはテック企業としては世界最大級だが、ミルクミュージックに関しては思い描いていたような実績を残せなかったようだ。サービス開始当初はオンラインや人気アーティストが出演するサウス ...

  • ウォール街を賑わす「アルゴリズム戦争」、AI取引の最前線

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    空前のAI(人工知能)ブームはウォール街をも席巻している。高頻度取引業者が株価を操り、AI取引型ファンドが高リターンを記録する時代ー。「ウォール街のアルゴリズム戦争」でコンピュータ取引の実態を描いた、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙記者でベストセラー作家のスコット・パタースンがAI取引の現実を ...

  • 高報酬の金融サービス業界、中でも待遇の良い10社とは

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    金融サービス業界は高額な給与が期待できることで知られ、厳しい監視の目にもさらされる。ただ、その同じ業界内でも企業によって、従業員に支払う金額は異なる。最も高い給与を支給しているのは、どの企業だろうか?米キャリア情報サイトのグラスドア(Glasdoor.com)はこのほど、今年4月に公表した基本給と歩 ...

  • 「アジアの優良上場企業50社」発表、今年も中国が最多 日本は2社

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスはこのほど、アジア太平洋地域の上場企業の中から選ぶ2016年版「アジアの優良上場企業50社(Fab 50)」を発表した。数ある同地域の上場企業の中でも特に好調な業績で目を引いたのは、時価総額で第1位となった中国のアリババだ。「上場から一年以上が経過」というリスト入りの基準を満たし、今回初め ...

  • 今年の「最も稼ぐ男優」はザ・ロック 大幅増の65億円で一躍トップに

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    フォーブスの今年の「世界で最も稼ぐ男優」ランキングでは、自己最高額となる6,450万ドル(約64億7,000万円)の年収を記録した「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンが、これまで1位の座に君臨してきたロバート・ダウニー・Jrを抜き、トップの座に輝いた。レスラー出身のジョンソンの年収は昨年の倍以上 ...