• 人気のテスラに黒い噂、欠陥隠しを顧客に強要か?

    Liane Yvkoff , CONTRIBUTOR

    テスラは顧客に秘密保持契約(NDA)への署名を迫り、車の欠陥を隠ぺいしているのだろうか? 同社が顧客に求めている「グッドウィル契約」(企業の信用や評判の維持に関する契約)は、そう解釈することも可能だ。車に関する情報を提供する「ザ・デイリー・カンバン(The Daily Kanban)」によると所有者 ...

  • 電力を生むムーブメントが星を灯す 「ヴァンクリーフ&アーペル」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ヴァンクリーフ&アーペルの製作テーマのひとつにポエティック アストロミー(詩的な天文時計)というのがある。複雑時計製作の技術を駆使してその世界を表現しようというものだ。この「ミッドナイト ニュイ リュミヌーズ ウォッチ」は、天空の煌めきから着想を得て、ダイヤル上に天体図を描くことにチャレンジしている ...

  • NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分! セミナー無料ご招待

    Forbes JAPAN Corporate Communications , Forbes JAPAN

    電通のクリエーティブシンクタンク・電通総研Bチームは、『Forbes JAPAN』とアカデミーヒルズライブラリーとの共催で6月29日、ワークショップ「NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分!」を開催します。会場は東京・アカデミーヒルズ六本木ライブラリー。今回はライブラリー会 ...

  • 中国減速とトランプ米国、どちらが日本にリスクか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    コロンビア大学のキャンパスを突っ切って、アムステルダム通りのカフェレストランで旧友たちと再会した。長く情報機関で働いていたマークとシンクタンクに所属する中国人の戴さんだ。ハグし合って久闊を叙すと、話題は中国リスクに集中した。中国は経済が急減速しているだけではなく、政治的にも困難さが増して社会も落ち着 ...

  • エアビーアンドビー 宿泊税支払いで世界190都市と合意

    Brian Solomon , Forbes Staff

    エアビーアンドビーは各国の行政からの反発を抑えるため、新たな戦略を打ち出した。宿泊税の徴収だ。6月9日、エアビーアンドビーは米国を中心に世界190都市とパートナーシップを結び、ユーザーから税を徴収し政府に支払うことに合意したと発表した。税の支払いの仕組みは2014年に一部地域で導入され、既に累計85 ...

  • 世界初「プロジェクトタンゴ」搭載スマホ レノボが9月に発売

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    グーグルのプロジェクトタンゴ(Project Tango)テクノロジーを採用した世界初のスマートフォンを今年9月、レノボが発売する。「Phab2 Pro」と呼ばれる製品で価格は499ドル。6.4インチの端末に複数のカメラやセンサーを装備し、周辺空間を3Dでマッピングする。グーグルとレノボによると、こ ...

  • 多額の「贈与」で税額が不安? 全米注目の「チューバッカママ」

    Kelly Phillips Erb , Forbes Staff

    キャンディス・ペインがスーパーマーケットのコールズで買った「チューバッカ」のマスクをかぶり、動画を撮影し始めたとき、頭にあったのはたった一つのことだった。ペインはゲストとして招かれたトークショー番組「ザ・レイト・レイト・ショー」の司会者ジェームズ・コーデンにそう打ち明けた──「フェイスブックの友人た ...

  • 「バナナを食べる女性の映像」に批判 中国でも加熱のライブ動画配信市場

    Yue Wang , FORBES STAFF

    ツイッターのPeriscopeやフェイスブックのLiveなど、世界の若者がライブ動画配信アプリを利用している。しかし中国では、人気の“質”が違う次元にある。数百万人のネットユーザーがオンラインでストリーミングを視聴する中国では、この数年で動画配信アプリも何百と登場した。毎日3 ...

  • 企業価値6.5兆円 ウーバーの巨額調達に囁かれる「死角」

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーは、資金調達力が限界に差し掛かっていると噂されるたびに、新たに数十億ドル規模の資金を集めて世間を驚かせてきた。同社は6月1日にサウジアラビアの政府系ファンドから35億ドル(約3,800億円)の出資を受けたと発表した。これは、株式が非上場のテック系スタートアップへの投資としては過去最大の投資案 ...

  • 米ミレニアル世代に高評価の企業、トップはサムスン 日本企業も上位入り

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米国の人口の最も多くを占める18~34歳の「ミレニアル世代」(約7,540万人)が最も信頼している企業は、韓国のサムスンであることが分かった。国・地域別に毎年「最も信頼度の高い企業」ランキングを公開しているレピュテ―ション・インスティテュート(RI)はこのほど、ミレニアル世代に対象を限定した評価を実 ...