• 人間の動きを学習・生成するアニメーションAI「ディープミミック」

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    コンピュータグラフィックス技術(CG)やアニメーション技術により生み出された映画・ゲームのキャラクターは、年々その動きがリアルになり、昨今では実写と見間違うほどに再現度が高くなっている。今回、その自然な動きをさらに効率よく描写・生成するための、新しいディープラーニング技術が公開された。新技術を発表し ...

  • サムスン「3つ折り式タブレット」を計画か、特許資料で判明

    Jay McGregor , CONTRIBUTOR

    サムスンが複数のポイントで折り畳みが可能な、タブレット端末の特許を取得していたことが明らかになった。特許専門サイト「Patently Mobile」によると、サムスンが折り畳み式デバイスの特許を取得するのは、これが2件目だという。特許画像からは、このタブレット端末のディスプレイが2ヶ所で折り曲げ可能 ...

  • みずほFG社長、退任前「最後の告白」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「まだ若手だったころ、隣の部の部長にすごい剣幕で呼び出されたことがありました」 電撃的な社長退任が発表された3日後、インタビューに応じたみずほフィナンシャルグループ社長(当時)の佐藤康博。時折はにかみながら、42年におよぶ銀行マンとしてのキャリアを振り返りはじめた。 当時、佐藤が担当していた企業のメ ...

  • 毎月60億円の手数料削減に成功 英ロンドン発、海外送金サービスの実力

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部

    ペイパルの共同創業者、投資家のピーター・ティール、ヴァージングループ創業者のリチャード・ブランソンなど、米シリコンバレーのVC「アンドリーセン・ホロウィッツ」など、錚々たる個人投資家、VCが投資家として名を連ねる──。総調達額は3億7000万ドル、評価額は16億ドルを突破。ユニコーン企業(企業価値1 ...

  • 雇われたければ「24時間以内にテストを」 非常識な企業の要求

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のフラビアからの便りと、それに対する私からの回答だ。私は普段、オンラインの求人フォームに応募したりはしませんが、先週ひとつ試してみました。自分にぴったりな求人だったからです。2時間後、応募先企業からメールが届き、最初は喜びました。メールの内容はこうでした。「良いお知らせです! 弊社は、製 ...

  • 中国で勃興のスマホ「レンタル」 1千万人が利用のサービスも

    Bay McLaughlin , Contributor

    中国で携帯電話のレンタルサービスを手がけるスタートアップ企業「Xianghuanji.com(享换机)」が4月11日、2500万ドル(約27億円)の資金を調達したと宣言した。スマートフォンが浸透する中で、数年に一度の買い替えでは満足できないユーザーも増えてきた。XianghuanjiのCEOによると ...

  • シリコンバレーで外国人専門職の採用が減少、ビジネスへの影響は

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    サンフランシスコ・ベイエリアに拠点を置く全てのテクノロジー関連企業にとって、専門技能を持った外国人に発給される「H-1B」ビザは、“天の恵み”と考えられている(もちろん、これらの企業に限ったことではないが)。シリコンバレーのテクノロジー企業のうち、十数人またはそれ以上の「H- ...

  • クラウドの母に聞く10の質問 「テクノロジーと企業経営」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “クラウド・コンピューティング”という言葉の生みの親で、シリコンバレーの草分け的存在のジュディ・エストリン。スタンフォード大学でヴィントン・サーフと共にインターネットとTCPIPプロトコルの創生に重要な役割を果たす。その後連続起業家となり、90年代にシスコシステムズのCTOを ...

  • 「卒業」へのオマージュか? 「さよなら、僕のマンハッタン」

    稲垣 伸寿 , Official Columnist

    どうやら1974年生まれの映画監督は、サイモン&ガーファンクルが好きなようだ。昨年、日本でも公開され、ロングランヒットとなった「ベイビー・ドライバー」は、長らく自分も忘れていたサイモン&ガーファンクルの隠れた名曲を劇中で印象的に使い、タイトルにまで使用している。4月13日に公開されたばかりの映画「さ ...

  • 米若者に広まる「地球平面説」 NBA選手の発言がきっかけか

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    「地球は丸い」と考える18~24歳の若者の比率が、66%にとどまっていることが最近の調査で判明した。調査会社「YouGov」は今年2月、8215人の米国人を対象に“地球の形をどう考えているか”という調査を行った。その結果、実に多くの若者が地球は平らであると考えている、もしくは ...