• ダイヤルに表現されたもう一つの暦、ムーンフェイズ百花繚乱

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    今年のSIHHとバーゼルでは、ダイヤル上にお月様が載ったムーンフェイズ・モデルの多さも目についた。古くから太陽暦を採用していた西洋に比べ、近代まで月の運行を元にした太陰太陽暦が用いられた日本では、比較的親近感のあるモデルでもある。では、腕時計に搭載されているムーンフェイズ機構とはどのようなものなのか ...

  • 衣食に劣らず住に凝る アルマーニに見る「イタリアらしさ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミラノの街を歩いていると、そこかしこにジョルジオ・アルマーニの存在を感じる。ジョルジオ・アルマーニはミラノ・ファッション業界の顔役であり、齢82歳にしていまだに現役。デザイナーとしてクリエイションの最前線に立ち続ける。 彼はファッションだけでなく、ライフスタイル全般をデザイ ...

  • スナップチャット、ニュース番組を始動 株価は3月の半値に

    Brett Edkins , CONTRIBUTOR

    7月19日、スナップチャットはアプリ内でニュース番組「Stay Tuned」の配信を開始した。平日は一日に2回配信され、米国や海外の主要ニュースを3〜5分程度で伝える。番組のホストはNBC特派員のGadi SchwartzとSavannah Sellersらが務める。Stay Tunedはスナップチ ...

  • ユーチューブのTVサービス「YouTube TV」 新たに全米10都市に拡大

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    グーグル傘下のユーチューブは7月20日、月額35ドルで利用できるテレビ配信サービスの「YouTube TV」の利用地域を、これまでのニューヨークやロサンゼルス、シカゴやフィラデルフィア、サンフランシスコに加えさらに全米の10都市に拡大するとアナウンスした。現状でYouTube TVの利用人口は500 ...

  • 注目の最低所得保障、インドで「不道徳」と批判される理由

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    生活賃金を保証できない各国の政府や企業にとって、解決策と目されているのが最低所得保障(UBI)だ。だが、その支給を政府が行うとすれば、誰もがすでにいくらかの収入を得ていると知っている企業は、賃金を下げてもいいと考えることにならないだろうか?UBIはフェイスブックのVRゲームをやめられないカウチポテト ...

  • 美容整形にテクノロジーが与える進化 手術時間も大幅に短縮 

    Quora . , CONTRIBUTOR

    今後30年で美容整形手術はどう進化するのだろうか。質問サイトQuoraに寄せられた疑問に医学博士で再建手術の権威である、エドゥアルド・ロドリゲス(Eduardo Rodriguez)が回答した。ここ20年ほどで、整形手術の分野は劇的な発展を遂げた。世界ではこれまで行われた顔面移植手術は38件に上る。 ...

  • ユーザー接客で目指す、「ウェブの歴史に名を刻む」インパクト

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    倉橋健太と柴山直樹が2011年に創業したプレイドは、あらゆるサイトへの訪問者をリアルタイムに可視化し、会員登録や購買につなげるウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を提供。KARTEを導入したサイト運営者は、訪問者一人ひとりの名前、性別、年齢、閲覧履歴などのステータスに合わせて、データに ...

  • 管理職の9割が欠く必須スキルとは

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ひどい上司はほぼ全ての業界・職務で簡単に見つかるが、それには納得できる理由がある。新人管理職は、職務の中心となる「人の管理」の訓練をほとんど、あるいは全く受けていないことが多い。人事部いわく、トレーニングの予算は毎年削減されるばかりで、特に「ソフトスキル」の訓練は予算削減で真っ先に削られてしまう。私 ...

  • 面接で前職や元上司の悪口を言ってはいけない理由

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    就職の面接で「今の(または以前の)上司の一番嫌いなところは?」と聞かれたら、どう答えるべきだろう? 上司がどれほど嫌いかを正直に話すだろうか?面接官は、上司や会社の嫌なところをわざと尋ねることがある。だが油断は禁物。これはあなたが上司の悪口を言うかどうかを見るためのひっかけ問題だ。こうした質問への答 ...

  • ヤマト運輸、DeNA、LINEが描く「再配達ゼロ」の未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ECの普及で留守中に荷物が届くことが当たり前の今、宅配業の課題は再配達の急増だ。受け取り手を能動的に動かす仕組みづくりが、解決のカギを握る。LINEのメッセージで、指定した場所、指定した時間に、無人運転の宅配ボックスカーが現れ、停車する。スライドドアを開けると庫内には保管ボックスが並ぶ。スマートフォ ...