• 技術者が続々、盛岡に集結 不思議歯車から始まった「理想郷づくり」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    東北を「医療機器の聖地」にしようとする動きがある。主役は、10社ほどの民間企業。世界を相手に、働ける地域をつくろう─中心には、盛岡を愛するひとりの技術者がいた。片野圭二は1984年に上智大学理工学部を卒業後、電子部品メーカーとして有名なアルプス電気に就職した。片野がいた盛岡工場は、単に部品の製造を請 ...

  • 米有力VCが注目する「未来の」食品・農業会社4選

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    インポッシブル・フーズ、モメンタム・マシーンズ、ソイレント、アバンダント・ロボティクス、リップル・フーズ──。メディアの注目度も高いこれらの食品・農業関連の各社が持つ共通点は、何だろうか?答えは、GV(旧グーグル・ベンチャーズ)のゼネラルパートナー、アンディ・ウィーラーが関わる企業だということだ。ア ...

  • 最も危険な仮想通貨と投資における注意点、米格付け会社が公表

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    ブロックチェーン技術の将来については、楽観視してよさそうだ。だが、仮想通貨については全てが同じというわけではない。いずれもある程度のリスクを伴う。仮想通貨の本当のリスクについて評価し、公表する組織が存在しなかった間、非常に多くの投資家たちはビットコインとイーサリアム、ライトコイン以外はどれもほぼ同じ ...

  • 米最大級音楽フェス「コーチェラ」に独占禁止法違反の訴え

    Legal Entertainment , Contributor

    カリフォルニア州で4月13日から始まった米国最大級の音楽フェス「コーチェラフェスティバル」の運営会社が、西海岸の音楽イベントを独占する契約条項を設けているとしてポートランド州の音楽フェス「Soul’d Out」に訴えられた。この契約条項は“radius clause(半径条項 ...

  • アマゾン、次の野望は建設業? スマートホーム本格参入への布石

    Blake Morgan , Contributor

    アマゾンは、食料品から書籍、衣類、靴に至るまで、あらゆるところにいるように思える。翌日配送サービスのおかげで、利用者は自宅へ直接届ける必要のあるすべての商品をアマゾンで買うようになった。さらにアマゾンは米国で、自宅をスマートホーム化するためのコンサルタントの家庭訪問を無料で提供するようになった。多く ...

  • 競争激化の中国配車アプリ、滴滴を追い上げる美団とアリババ

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国の配車サービス最大手「滴滴出行(Didi Chuxing)、以下『滴滴』」は2016年にウーバーを中国市場から追い出し、国内の巨大な配車サービス市場で独占的な地位を築くことに成功した。しかし、ここにきて大手企業の新規参入が相次ぎ、その地位が揺らぎ始めている。この数週間でアリババ傘下の地図情報会社 ...

  • 米社会派ラッパーにピューリッツァー賞、史上初の快挙

    Ogden Payne , CONTRIBUTOR

    ラッパーのケンドリック・ラマーのアルバム「DAMN.」が、ピューリッツァー賞の音楽部門を受賞した。今回の受賞はクラシックやジャズ以外のアーティストとしては初の快挙だ。選考委員会は「DAMN.」が「現実を克明に描く歌詞とリズムを統合した、高い水準の楽曲を収録した現代のアフリカン・アメリカンの生活の複雑 ...

  • 2000万円以下も続々 値下げ進む私大医学部学費ランキング

    原田 広幸 , OFFICIAL COLUMNIST

    近年の医学部への過熱ぶりとその背景については前回のコラムで述べた通りだ。だが、医学部志望者の増加の理由は、これだけではない。医学部は、以前に比べ金銭的なハードルが下がってきている。私立医学部の学費が相次いで値下げ医学部の定員の増加をはるかに上回るペースで志望者が増えたのは、かつて医師の子弟や大金持ち ...

  • 借金600億円を返済した千葉市長の「NO」と言える行政

    加藤 年紀 , Official Columnist

    2017年5月に行われた千葉市長選で、過去最高の18万2081票を獲得し、81.3%という圧倒的な得票率で、3期目の当選となった熊谷俊人市長。同じく2017年に行われた衆議院選挙において、全国289の選挙区のなかで熊谷市長を超える得票率を獲得したのはわずかに2人。現防衛大臣の小野寺五典氏(宮城6区 ...

  • アンドロイド端末の約4割が「古すぎるOS」という衝撃データ

    Ian Morris , Contributor

    グーグルのアンドロイドOSは、アップルのiOSに比べると最新バージョンの使用率が非常に低いことが明らかになった。統計サイト「Statista」が先日発表したデータによると、現在使用中のアンドロイド端末の25%が、2014年にリリースされたOS「Lollipop」で動いている。一方でiOSの場合は、2 ...