• AI時代の暮らしを支える「AIoT」とは何か

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    企業業務や生産工場だけでなく、生活空間におけるスマート化が進みつつある。それを端的に表す言葉が「AIoT」だ。AIoTとは、人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)を組み合わせた造語。シャープが提唱しているキーワードで、単に家電製品やモバイル機器などのモノをインターネットに接続してデータをや ...

  • 米「ウォルマート」一族の資産額、好決算で1兆円の上昇に

    Angel Au-Yeung , CONTRIBUTOR

    ウォルマートを経営するウォルトン家の資産額の合計は先日の好調な四半期決算発表を受けて、11月16日に110億ドル(約1.2兆円)の急上昇となった。ウォルトン家はウォルマートの株式の大半を保有している。ウォルマートは8-10月期決算でオンライン売上が前年度比50%増となったことを発表し、株価は16日の ...

  • ネットフリックスの「コミック出版」進出を支える圧倒的才能

    Alisha Grauso , Contributor

    今年8月、ネットフリックスはマーク・ミラーが率いるコミック出版社「ミラーワールド」の買収により、オリジナル作品制作を中心としたビジネスモデルを加速させた。ミラーはアメリカン・コミック業界における大御所原作者の一人であり、「キック・アス」「キングスマン」「ウォンテッド」「ローガン」「シビル・ウォー/キ ...

  • 「最も誠実なCEO」にJPモルガンのジェームズ・ダイモン

    Bruce Rogers , FORBES STAFF

    コミュニケーション分析企業クオンティファイド・コミュニケーションを創業した元経済学者・金融アナリストのノア・ザンダンCEOは、科学に基づいてコミュニケーションを向上させる方法を開発した。同社は、説得力のあるコミュニケーションの分野にデータと科学を取り入れることを目的としている。そしてこの度、そのコミ ...

  • ワインと美女では動かない若手世代を着火させる方法|IT評論家 尾原和啓

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    美味しい食事や高級ワインを楽しむ、美女にモテる、金を稼ぐ、出世する―。それらの達成欲や快楽によって突き動かされていた上司たちを、冷ややかに見ている若い世代。そんな、一見「欲望やモチベーションがない」と見られる彼らを突き動かすものとは何なのか。IT評論家にして、モチベーションの正体を解析した本「モチベ ...

  • 日本に悲観論を蔓延させる「未来予測本」への違和感

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    その男には、森羅万象、日常生活のすべてが心配の種であった。路地を歩けば地面が割れて呑みこまれるのではないか、草原に出ると天空が落ちてきて押しつぶされるのではないか、万事深刻で悲観的な発想しかない。中国周代の杞の国に生きた彼は、後年、誰もが知る熟語の生みの親になった。「杞憂」である。最近の書店で売れ筋 ...

  • エアビーアンドビー、体の不自由な人向けサービスを拡大へ

    Biz Carson , Forbes Staff

    エアビーアンドビーは11月16日、体の不自由な人々に特化した民泊サービス「Accomable」を買収したことをアナウンスした。Accomableは2015年に創立された企業。Accomable共同創業者のSrin Madipalliは友人のMartyn Sibleyとともに同社を設立。車イスの使用が ...

  • 歴史ある場所にできたゴルフコースの「新たな挑戦」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ウイスキー製造の本場として栄える、スコットランドのハイランド地方。ロイヤル・ステュアート家とともに500年の歴史を刻んできたこの地で、「スコットランドゴルフの神髄を取り戻す」ことを理想とし、2009年にオープンしたキャッスル・ステュアートの「新しい挑戦」とは。ハイランド地方の入り口、インバネス空港か ...

  • 米ビジネススクール「卒業生の満足度」、1位はスタンフォード大学

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    スタンフォード大学経営大学院(GSB)は、経営学修士(MBA)を取得できる世界中のコースの中で、最も入学するのが難しい。昨年の入学志望者の合格率は、わずか6%だった。2番目の難関であるハーバード大学経営大学院とマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の合格率は11%となっており、その間には2倍近い ...

  • 全米で「毎日1000台」売れる車、トヨタ・カムリが大変身

    ピーター ライオン , Official Columnist

    初めて新カムリを見た瞬間、比喩がいくつか湧きあがってきたので、僕の脳はちょっと戸惑った。待てよ。外観デザインをそんなに変えるとは意外。カムリはこれまで15年間アメリカでベストセラーだったのに、トヨタはその成功をフイにするだろうか? 全米で毎月平均3万台、つまり毎日1000台も販売されている。カムリは ...