• メディアが報じる「不動産バブル崩壊」という嘘

    長嶋 修 , CONTRIBUTOR

    2015年後半あたりからささやかれている「不動産バブル崩壊説」だが、そんなものは大嘘だ。こうした崩壊・暴落説でなぜか常にやり玉に上がるのは、都心湾岸地区のタワーマンション群である。確かに中国人を中心とした外国人のいわゆる「爆買い」は終わり、一部では売りも出ている。しかし結論を言えば現在の国内不動産市 ...

  • 相乗り仲介の「ブラブラカー」、パリ近郊で通勤者向けサービス開始

    David Schrieberg , CONTRIBUTOR

    パリを拠点とする相乗り仲介サービスのユニコーン企業、ブラブラカー(BlaBlaCar)は先ごろ、これまで提供してきた長距離移動での相乗りの仲介に加え、交通渋滞が深刻なパリ市内と近郊での通勤客向け相乗り仲介サービスを開始すると発表した。ブラブラカーは、パリを中心としたイルドフランス地方で、短距離を移動 ...

  • グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを提訴している裁判で、新たな事実が浮き彫りになった。テクノロジーサイト「IEEE Spectrum」が裁判資料を詳細に調べた結果、ウェイモのシニア・フィナンシャルアナリスト、Shawn Bananzadehの証言記録が見つか ...

  • 台湾の「電動スクーター版テスラ」 住友商事等から330億円調達

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    “電動スクーター業界のテスラ”の異名をとる台湾の「Gogoro」が9月19日、3億ドル(約335億円)のシリーズC資金調達を行ったとアナウンスした。出資元にはシンガポールの政府系ファンドのテマセクや、日本の住友商事、フランスのエネルギー企業のENGIEらが加わった。2011年 ...

  • 製造現場を「スマート」に コマツ、YKK、KDDIらの取り組み

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    自動走行する建機、稼働率の把握。IoT、AI、センシングの活用によって、「スマートファクトリー化」が加速。製造現場が大きく変化している。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「現場」を変える9つの最新事例を紹介する。1. 発注に合わせて最適なマッチング|シタテル大量 ...

  • プレッシャー下でも冷静を保つ方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    毎日髪の毛をかきむしりながら生活したり、勤務したりするのは健康的ではない。プレッシャーにより能力が最大限引き出されることがあるのは確かだが、落ち着いてプロ意識を保つことも重要だ。キャリア支援業を営む私の元クライアントの一人に、仕事について考えるたびに強い不安を感じ、常に疲れきっていた女性がいた。その ...

  • トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    かつて玩具業界の巨人と言われたトイザらスが9月18日、米連邦破産法11条の適用を申請して破綻した。負債総額は約52億ドル(約5800億円)と報道されている。アマゾンでの玩具の売上が、2016年に四半期あたり40億ドルまでに膨らんだ一方で、トイザらスは2013年以降、利益を生み出せていなかった。ただし ...

  • ユーチューブ「30億回再生」でアーティストはいくら稼ぐ?

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    2つのミュージックビデオが先日、ユーチューブにおいて再生回数30億回を突破した──。ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーによる「デスパシート」とウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」の2曲だ。30億回という途方もない再生回数から、一体どれほどの利益をアーティスト ...

  • いやが応でもEV時代!? 体験的「電気自動車論」

    勝股 優 , Official Columnist

    タイトルだけだと、電気自動車(EV)否定派の意見かと思われるかもしれないが、私はEVに魅力を感じる一人だ。まだEV黎明期の2009年末から、自宅で200V充電ができるようにして5年乗った。感想はというと「こんなに便利で、不便なクルマはない」だったが、魅力のほうが大きかった感じである。不便は走行距離の ...

  • 企業が「最高オムニチャネル責任者」を設置すべき理由

    Blake Morgan , Contributor

    リーダーシップや企業文化は会社のトップから始まる。ゆえに経営幹部クラスは企業の成功にとって極めて重要だ。企業によってはCEOやCFO、CMOの他に、最高顧客責任者(CCO)や最高体験責任者(CXO)といった役職まで設けている。だが、最高オムニチャネル責任者(COO)についてはどうだろう?COOとは、 ...