• AIの進歩で激変 就職・採用活動の未来

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    転職活動はそれ自体仕事のようなものだ。履歴書を何度も直したり、求人情報サイトを閲覧したり、友人や知り合いの間で人脈作りにいそしんだり、あまりに仕事量が多すぎて新たなキャリアを始める喜びも不安に変わってしまいかねない。一方で未来の求職活動は、テクノロジーによって負担が大幅に軽減されることで、完全に異な ...

  • 「負け犬」にも勝ち目はある 成功に必要な6つの行動

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    周囲が自分に対して払うべき敬意を払っていないと感じれば、誰でも腹立たしく思うものだ。たとえ「負け犬」と思われたとしても、私たちはキャリアアップを目指す全ての人が持つべき気持ちを、変わらず持ち続けている。負け犬の心を強くして障害を乗り越え、成功するために必要なのは、次の6つの行動だ。1. 目標を立てる ...

  • ソーシャルゲームでヒット連発のMySpace共同創業者

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フェイスブックに勝てなかったMySpaceの生みの親が、ゲーム界を席巻中だ。「今度こそは生き残る」と意気込む彼の戦略とは?パズルをクリアし、クッキーやケーキの材料を獲得するシェフ・パンダ。目標は、最高のお菓子職人になること─。シェフ・パンダというのは、2010年に創業したモバイルゲーム会社ジャム・シ ...

  • 冷蔵庫をやめてたどり着いた、「その日暮らし」のリテラシー

    増村 江利子 , Official Columnist

    冷蔵庫を使うのをやめてから、4年が経とうとしている。冷蔵庫なしで、どういう食生活を送っているのか、そもそも暮らしていけるのか? などとよく聞かれるが、何も困ってないし、普通に暮らしている。ミニマリストゆえ、もともと家電はほとんど持っていなかったが、東京から長野に移住して、すぐに手放したものが冷蔵庫だ ...

  • ラグジュアリーの概念を変える 2018年に訪れるべき世界のホテル14選

    Ann Abel , CONTRIBUTOR

    一生に一度の体験ができるブティックホテルから、戦略的なブランド展開を図る大型資本のホテルまで、世界各地でホテルの改装・新装オープンが続き、2018年は旅に出ずにはいられない年になりそうだ。ワルシャワやボゴタのような人気上昇中の都市に世界的ブランドが進出する一方で、独立系の新興ホテルが既知の都市に新し ...

  • スマートスピーカーが自宅を盗聴? 消費者の不信感、普及の壁に

    Blake Morgan , Contributor

    デジタルアシスタントはあらゆる場所に登場している。アマゾンの「エコー」やグーグルの「グーグルホーム」、アップルの「ホームポッド」といった家庭用スマートスピーカーを持つ人は増えており、こうした機器のすぐそばで各自の生活や好み、予定について話している。これは企業にとって、顧客の声を聞く機会となる。企業が ...

  • 「慰安婦」認識の日米ギャップとサンフランシスコの慰安婦像

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    昨年末、友人の一人である米国上院議員が、先輩格の上院議員から電話があったと話してくれた。この先輩格の議員は、かつてサンフランシスコの要職にあり、現在は国家安全保障問題を扱ういくつかの上院委員会に所属している。この上院議員は私の友人に「日本政府からの要請で、東京から来た国家安全保障担当の日本政府高官と ...

  • 大ヒットの秘訣は初の7人乗りボディ、マツダCX-8の真相は?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    これこそ、市場が待っていたクルマだ。新登場のマツダCX-8は国内で同ブランド史上もっとも大型のSUVだが、同時に初の7人乗りということで大いに話題になっている。昨年12月に発表した時点では、このクロスオーバーの月間販売目標は1200台だった。ところが蓋を開けてみると、CX-8はまさにジャックポットだ ...

  • 「なぜ前職を辞めたのですか?」への答え方5選

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のゴードンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は面接で「なぜ前職を辞めたのですか?」と聞かれるのが嫌いです。聞いて当然の質問だとは思いますが、答えが複雑になってしまうことが多いです。私が前職を辞めた理由は、上司の財務担当副社長が別の管理職と社内恋愛していたせいで、職場環境が劣悪になって ...

  • 世界のデートアプリ調査、利用時間が長いのは木曜日と判明

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    調査企業の「Ogury」が世界のデートアプリの利用動向に関するデータを発表した。世界には「ティンダー」や「バンブル」「OkCupid」「MeetMe」「Zoosk」などの、様々な出会いを目的としたアプリがあふれているが、データから興味深い事実が見えてきた。デートアプリが最も利用されるのは木曜日で、O ...