• スマホを「根底から変える」マイクロソフトの挑戦

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトが開発中とされる新スマホの噂が後を絶たない。同社はモバイルOS「Windows Phone」の提供を終えたが、モバイルテクノロジーは今後も開発を継続する方針だ。サティア・ナデラCEOは「新しい端末を開発することは間違いない。既に市場に出回っている製品とは全く異なるものになるだろう」と述 ...

  • 歯がキレイで健康であることは、僕の仕事のベース

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本にカフェ文化を築いた立役者のひとりである楠本修二郎氏に、ビジネスと健康におけるオーラルケアの大切さを、自身の経験をもとに語ってもらった。「物事が始まるきっかけは、会話とSMILE。ビジネスコミュニケーションの現場で、明らかに歯の手入れを怠っていることがわかる状態なら、それは大きな問題です。それは ...

  • 食材宅配でアマゾンに勝てる? 米ブルーエプロンに集まる注目

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    ウォール街のアナリストたちは、食材宅配サービスのブルーエプロンには「米国の夕食を変える潜在力がある」と見込んでいるようだ。人気の「ミールキット」は毎日の献立を考えるという頭痛の種をなくしてくれるほか、食料品購入の手間も解消してくれる。食料品店での買い物や外食ではなく、同社サービスの利用を選ぶ人はます ...

  • 自信のない上司が持つ5つの特徴

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    経営幹部や副社長などの要職に就く人なら誰しもが自分のリーダーシップ能力にある程度の自信を持っているはずと思っているのならば、それは間違いだ。幹部たちの張り子の虎はちんけなもので、その兆候に気付きさえすれば、自分を偽りながら出世の階段を上ってきたのが誰かを簡単に見分けられる。以下にその手がかりを幾つか ...

  • 伝説のゲーム会社、アタリの復活と「レトロゲーム」への期待

    Marco Chiappetta , CONTRIBUTOR

    アタリが発売する新コンソール「Ataribox」はまだ謎が多く、成功を疑問視する声も多い。しかし、ゲームコンソール市場の現状を踏まえると、アタリが適切な価格設定をし、過去にリリースしたタイトルをプレイできるようにすれば、大ヒットする可能性は十分ある。Atariboxに関して現段階で明らかになっている ...

  • 世界の事業向け賃料ランキング 首位は香港、東京・丸の内が7位に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    会社や起業家が事業を立ち上げる際にかかる出費の中でも、特に大きいのが人件費と場所代だ。オフィスや店舗を構えるためには不動産が必要だが、世界にはそうした場所代が他よりも高い地域もある。本記事では最も高額な投資が必要となる地域はどこかを探るために、米国に本社を置き世界各国で不動産サービスを提供するCBR ...

  • 「日・独が組めば、グーグルだって超えられる」世耕弘成経産相

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    このままでは、グーグルにデータを持っていかれる─。焦ったドイツは日本をパートナーに指名した。世耕は考えた。そして、一つのコンセプトが生まれた。2016年5月、安倍晋三首相がメルケル首相と会談をしたときのことです。メルケル首相はこう切り出してきました。「ドイツのパートナー国として、CeBIT2017( ...

  • 中国AI市場のポテンシャルが高い理由

    川ノ上 和文 , CONTRIBUTOR

    中国で「インターネット+(プラス)」が進められている。製造業をはじめとする従来産業の競争力を、インターネットや先端技術で高めようという政策だ。これを加速させるドライバーのひとつとして、AI領域が活況な投資対象となっており、AI界のユニコーン企業(未上場で時価総額が10億ドル=約1000億円を超えるス ...

  • 家を「水害から守る」WiFi連携デバイス、約74ドルで発売中

    Seth Porges , CONTRIBUTOR

    水害や水漏れによって家屋が水浸しになった場合、腐食やカビの発生を引き起こし元の状態に戻すのには多大な費用と時間がかかる。そんな被害に対抗するデバイスが、水漏れや水害を知らせる探知機だ。米国では多くのモデルが100ドル以下で販売されている。ほとんどの家では3~4個あれば十分だろう。食器洗い機や洗濯機、 ...

  • スタジオジブリの鈴木プロデューサーが、リモワを贈った相手とは?(前編)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「俺、リモワの営業マンみたいだよ」と笑うのは、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー。なんでも最近、ギフトにリモワのスーツケースを選んだり、過去にもオススメのスーツケースとしてリモワを推すこともしばしば。世界で愛される“ジブリ作品”を世に送り出してきた敏腕プロデューサーが語っ ...