• 感謝の気持ちを持つために 内側と外側、2つの実践法

    John Baldoni , Contributor

    「感謝の気持ちはコレラのようなものだ」これは、クリス・ラウニーの新著『Make Today Matter: 10 Habits for a Better Life (and World)(今を重要に:生活と世界をより良くする10の習慣)』の中の「Be More Grateful(もっと感謝する)」と ...

  • 米国産ワインを広めたパイオニア 活用したのは「感情の力」

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    カリフォルニアのワイン産業は、変わり者や一匹おおかみ、リスクを恐れない人たちであふれている。私が、カリフォルニア州をワインの生産地として知らしめたパイオニアと会い、その経験から学ぶことを楽しむ理由の一つはここにある。こうしたパイオニアの一人が最近、この世を去った。同州パソロブレスを世界に通用するワイ ...

  • グッチ家4代目と「キャンティの神様の息子」が育むイタリアワイン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    イタリアの一流品が一堂に会するICCJ (在日イタリア商工会議所)のガラディナーで採用され、一躍注目を集めたジオイアのワイン。統括アドバイザーのグッチオ・グッチ、エノロゴのマルコ・ベルナベイにその魅力を聞いた。「今年のICCJガラディナーでジオイアのワインが選ばれたことについては、本当に誇らしい思い ...

  • 23歳の天才が生んだ自動運転の視覚「ルミナー」の野望

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    23歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカー、「Luminar Technologies(以下、ルミナー)」は、新製品の量産体制が整ったことを明らかにした。同社はステルスモードでの開発を終え、正式に事業をローンチしてから1年が経つ。ルミナーの新型LiDARは、従来よりも小型で軽量化さ ...

  • 生まれ変わったらエンジニアに? シリコンバレーの転職事情

    渡辺千賀、 奥本直子 , Official Columnist

    シリコンバレー在住の戦略コンサルタントの2人に本音で語ってもらう連載企画第5弾。熾烈な人材争奪戦が繰り広げられるシリコンバレーのエンジニアやマーケターたちの転職事情は? 基本給が10万ドル(約1100万円)を切るのは稀だというシリコンバレーのキャリアと転職の裏事情を語ってもらった。渡辺:シリコンバレ ...

  • 2017年注目IPOリストで見えた、中国と東南アジア企業の隆盛ぶり

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    テクノロジー分野では中国に続いて東南アジアに注目が注がれている。ソフトバンクやテンセント、アリババはこの地域に莫大な額の資金を投じている。アリババはEコマース企業の「Lazada Group」や、インドの決済企業「Paytm」を支援してきた。ソフトバンクも昨年、Paytmに14億ドルを出資した後、同 ...

  • 味覚を覚醒させよ! 味を楽しむための「ケイチャップ」作り

    松嶋 啓介 , Official Columnist

    今回はケチャップについて語ろうと思います。ケチャップと言えばトマト。いまや食卓に欠かせない食材のひとつですが、そのトマトの歴史をご存知でしょうか?トマトは南米アンデス生まれ、メキシコ育ちと言われています。ではどのようにして世界に広まったか。それは僕の大好きなクリストファー・コロンブスの功績によるもの ...

  • 形状を見分けてモノを分別、人工知能で進化するピッキングロボット

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    人工知能(AI)が、工場で稼働するピッキングロボットの性能にも新たな進化をもたらそうとしている。従来のピッキングロボットは、事前にその形状が機械にプログラミング・登録され、特定の位置にしっかりと配置された対象(部品や製品)をつまみ上げたり、もしくは他のボックスや指定された場所に移し替えることができた ...

  • 「どこでも暮らせる」エネルギー自給型エコカプセル、日本に上陸

    Kitty Knowles , Forbes Staff

    「エコカプセル」は、現代に最も重要な“エネルギーに依存しない”トレーラーハウスだ。太陽光と風力による発電装置と雨水処理装置を備えており、“自給自足”が可能となっている。創業者でスロバキア出身のソナ・ポーローバは、卵のようなエコカプセルの形が特に気に入っ ...

  • IT関連の労働者・求人数が多い米国の州 潜在力で1位はアイダホ

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国では470万人以上が、開発者やソフトウェアエンジニア、システム管理者、教員などとして情報技術(IT)関連分野の仕事に就いている。モバイルエコノミーに携わる各社で組織する業界団体、The App Associationが先ごろ発表した報告書によれば、こうした仕事に就く労働者たちは、9500億ドル( ...