• サムスンのAIスピーカー「英語が話せない」ため発売遅延か

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    8月23日、サムスンはニューヨークのイベントでGalaxy Note 8を発表すると見られている。しかし、当日は別の新たなデバイスもアナウンスされる可能性がある。ET Newsの報道によると、サムスンは間もなく音声アシスタントBixby対応のワイヤレスイヤホンを市場に投入しようとしている。サムスンの ...

  • 圧迫面接をしてはいけない2つの理由

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    面接で候補者に冷や汗をかかせれば本性が分かる、という根拠のない考え方は、昔から存在してきた。候補者同士を激しく競わせるグループ面接を受けた、面接室に30分放置された、複数の面接官から矢継ぎ早に質問された──こうした話を人から聞いたり、自身が経験したりしたことは、誰にでもあるだろう。私は過去に、営業志 ...

  • 「海賊版アプリ」被害は年間4400億円 中国等で違法コピー横行

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    モバイルアプリの開発者やパブリッシャーらは年間30〜40億ドル(約4400億円)の損失を、海賊版アプリに奪われている。モバイル広告企業のTapcoreによると、不正に取得したコンテンツを用いたアプリが、世界で年間140億インストールもされているという。しかし、ここで言う海賊版アプリは欧米の消費者たち ...

  • ジェフ・ベゾス、間もなく「世界一の富豪」か アマゾン株上昇で

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    フォーブスが毎年発表する世界の億万長者ランキングは30年の歴史を誇るが、トップに立った人物は、これまで5人しかいない。そこに新たに加わるかもしれないのがアマゾンCEOのジェフ・ベゾスだ。アマゾンの株価は7月24日に1.3%上昇し、ベゾスの資産額は11億ドル増加し、882億ドル(約9兆8400億円)に ...

  • ランドセル最大手「セイバン」社長を支える3つの言葉

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    「天使のはね」の爆発的ヒットでその名を全国区としたランドセル業界最大手のセイバン。36歳で家業を継いだ泉貴章氏は「少子化」という究極の難題を前に、社員の意識変革に取り組んでいる。終戦後の1919年、曽祖父にあたる泉亀吉が播磨地方で産出された皮革をもとに、カバンや財布などを製造する会社を設立。46年よ ...

  • 実力がないと作れない「スケルトンウォッチ」の魅力

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    機械式時計の最大の魅力は、数百もの部品によって組み立てられたムーブメントである。精巧に作られた部品が、有機的に連絡し合うことで時刻を表示する。その動きに、機械にも関わらず人間的な温かみを感じるからである。熱心な時計ファンともなれば、時計を腕に着けるだけでは飽き足らず、耳を澄ましてゼンマイが巻き上がる ...

  • IWCのキーパーソンたちに聞く──ハネス・パントリ元副社長

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    IWCの前副社長であり現在ボードメンバーのハネス・パントリ。IWCを代表する人物のひとりとして広く知られ、長きに渡りIWCの変化と挑戦を率いてきた。そんなパントリ氏にIWCの魅力を聞く。私がIWCに入社したのは、クオーツ時計の開発がもたらした時計市場へのショックと、ブレトンウッズ体制の崩壊によるスイ ...

  • 政府主導で成長、社会「監視」ビジネス

    Jon Markman , CONTRIBUTOR

    「ビデオ監視」関連ビジネスの成長に対する期待が高まっている。犯罪への恐怖心とプライバシー侵害に関する主張を控える傾向は、そろってこのビジネスの成長を必然的なものにした。新たなテクノロジーに後押しされるビデオ監視は、「サービス」へと変化している。爆発的な成長期に入るのはもう間もなくのことだろう。市場調 ...

  • 80億円が吹っ飛んだジャスティン・ビーバー、公演中止の舞台裏

    Melinda Newman , CONTRIBUTOR

    彼の大ヒット曲の歌詞で言うならば「ごめんねと謝るには遅いかな?(It is too late to say sorry)」ということになるのだろうか。米国のスタジアム公演まであと5日という段階になって、ジャスティン・ビーバーは今年のツアーの残り14公演の全ての中止を発表した。キャンセルが発表されたの ...

  • ビル・ゲイツも出資の「トラック版ウーバー」 CEOは元アマゾン社員

    Alex Konrad , Forbes Staff

    「トラック版ウーバー」として知られるスタートアップ企業、コンボイ(Convoy)はまだ創業2年に満たない新興企業だが、本家のウーバーのポジションを脅かそうとしている。コンボイは7月25日、Yコンビネータ傘下のベンチャーキャピタルContinuity Fundが主導するシリーズB調達ラウンドで、620 ...