• パンデミックは「下水」から防げる!?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    グローバル化により、感染症のパンデミック(世界的流行)が危惧されている。そんななか、排泄物の分析から「病を封じ込める」研究が注目を集めている。 咋年、エボラ出血熱が西アフリカを中心に流行り、アメリカでも二次感染が発生するなど、世界中に緊張と不安をもたらした。だが、深刻な感染症はほかにもある。 アメリ ...

  • 年間60億稼ぐ「違法ドラッグのeBay」 Evolutionが突如閉鎖

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    今や「違法ドラッグのeBay」とも呼ばれるのが、ネット上の闇マーケット。その先駆けとなった「シルクロード」は2013年12月に摘発。その後生まれた「シルクロード2.0」(昨年11月に摘発)も月間800万ドル(約9億円)の売上を上げていた。 薬物や銃、盗んだカード情報などを売買する違法サイトは、その後 ...

  • アマゾンの「ドローン配達」 “実現は難しい”との観測

    Ryan Mac , Forbes Staff

    先日、“商品が1時間以内に届くサービス”Prime NowをNYのマンハッタン全域に拡大したアマゾンだが、同社にとって念願の「ドローン配達」も一歩現実に近づいた。 3月19日、米連邦航空局(FAA)はアマゾンの無人機に対し、実験的耐空証明書を発行。これにより同社が計画中のドロ ...

  • アップルウォッチは「買いだ」と思う理由

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    本日未明(日本時間)に行われた、待望のアップルウォッチの発表イベント。「フォーブス」のスタッフライター、アーロン・ティリー氏は発表会に参加後、デモ端末で操作感をチェック。さらに、会場内でアプリ業界関係者らを直撃取材した。 アップルウォッチだからこそ実現できる、新たなアプリの楽しみ方についてリポートし ...

  • 2014年は「ハードウェア・ベンチャー元年」になる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    過日、私はMITメディアラボの教授や学生10人あまりとケニアの首都ナイロビへ飛んだ。メディアラボでは毎年、中東やインドなどで現地の研究者や学生と一緒に研究をする「イノベーション・ワークショップ」を開いている。今回はケニア人技術者らと交流を深めてきた。 ナイロビではプログラミングをし、ハードウェアをつ ...

  • 技術革新の中心地「シリコンバレー」が「真の経済の牽引役」となる日は来るか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ロバート・ゼーリックがアメリカの強みとして挙げるのが、最先端の技術だ。その震源たるシリコンバレーはいま、新たな課題を突きつけられている。 (中略)10年前のシリコンバレーでは、企業の資本財関連の製品をつくることが多かった。HP(ヒューレット・パッカード)やシスコ、オラクルのような企業は、資本財関連製 ...

  • 4,500万家族の居場所をシェア! 「Life360」の可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    数ある家族向けSNSのなかでも最有望株のひとつが、「Life360」だ。 ユーザー1億人。究極にプライベートな「家族間データ」を武器に、SNSを超えた「ハブ」サービスを目論む。 「居場所をトラッキング(追跡)するアプリ」ではなく、「居場所をシェア(共有)するアプリ」。Life360の共同創業者であり ...

  • クリス・アンダーソン ドローン・ビジネスが「アメリカの日常風景」を変える日

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    (中略)ドローンの商用が注目されているが、じつは市場の90%以上は個人の消費者だ。理由は3つある。まず、単純に個人の消費者の方が企業よりも多い。次に、個人の使用目的が明確なこと。最後に、アメリカでは個人の使用に関する規制がない点が挙げられる。 意外かもしれないが、ドローンを買うのは、スキーやサーフィ ...

  • 山中教授が訴える! 再生医療が日本経済を復活させる日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ジャパン・アズ・ナンバーワン― 。日本が再び世界を制するとしたら、それは再生医療の分野であり、そこから生まれる新たな産業である。しかし、技術はあれど、グローバル化には立ちはだかる難題があった。 アメリカに実用化が乗っ取られる危険性 「日本はどんなに素晴らしい発明をしても ...

  • 「無料」にこだわる人気の言語学習サイト

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    語学を気軽に勉強できることから人気を博している「デュオリンゴ」。 利用者が無料で学べるために、創業者たちが下した決断とは 画面に登場するいくつかの短い文章 を翻訳し、すべてに正答してクリアすると次の課題に進める。ただし3回間違えると、ライフを失ってやり直しに― 。 ゲーム感覚で ...

  • クラウドで蘇るか、箱根名門温泉再建計画

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    渋沢栄一ゆかりの地、箱根・仙石原の老舗旅館の再建。 高級旅館から体験の場の提供へとコンセプトをがらりと変えたのはクラウドの力だった。 インターネットへの書き込みが日本の温泉史を書き換える― 。東京藝術大で博士課程を終えたばかりの岩崎剛氏は2014年2月、再生事業会社「マイルストーン タ ...

  • ヒット商品は教会の地下から生まれる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    次々と世界的なヒット製品を開発する「現代のエジソン」たちが米中西部にいる。 有名企業が教えを請いに足を運ぶ、その研究所の革命的なビジネルモデルとは。 「ノッティンガム・スパーク・イノベーション・センター」のビジネスモデルは極めて革新的だ。同社は、エジソン流に発明品を作ってから売り方を考えるようなこと ...

  • 香港の大富豪・李嘉誠を支える「ハイテク女官」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    新興のIT企業への投資でも慧眼が光るアジア屈指の大富豪・李嘉誠。 その見事なまでの目利きぶりにはふたりの女性投資家の存在があった。 スカイプやフェイスブック、スポティファイ、そしてサムリー……。今や世界有数のIT 企業に成長したこれらの会社にはある共通点があった。それは、 ...

  • オンライン授業で「数学」を面白くする大学講師の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界中の注目が集まっている大規模公開オンライン講座に、有名教授が競うように参加している。そんななか、ある数学講師の公開講義がインターネット上で旋風を巻き起こしている。 (中略)そこへひょっこり現れたのが、オハイオ州立大学で数学の助教を務めるジム・ファウラー(33)である。2012年12月、彼は微分積 ...

  • 「ファストフード型病院」逆転の発想とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米国の医療クリニック市場はいま、ゴールドラッシュの狂騒に沸く。 「安い」「早い」「近い」ファストフード型の新医療スタイル「アージェント・ケア・クリニック」が、費用とアクセスのハードルを上げることで医療費を抑えようとしてきた米国医療界に、大きな風穴をあけようとしている。 (中略) 病める米国医療への処 ...

  • 米国最先端!「シェア・エコノミー」とは何か

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    自動車や家や自転車、さらには決して広くはない私道からちょっとした工具まで……。 これらあらゆるものをシェアすることで、いまや数十億ドル規模の市場ができあがりつつある。より有利な取引と副収入を求めようとする消費者の行動が、ビジネスのあり方自体を変えつつあるのだ。 (中略) ...

  • レンタルドレス界の「アマゾン」全米席巻の秘訣

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「高い値段で買っても、すぐに流行りが終わる」「また同じドレスを着ている、なんて思われたらどうしよう」。そんな女性ならではの心理をついた、ドレスのレンタルサービス「レント・ザ・ランウェイ」が話題だ。買い付けから、アルゴリズムの構築、ドレスの染み抜きまですべて自社で行う。シリコンバレーで注目を浴びる&l ...

  • ショップキックは「買い物セラピー3.0」を目指す

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    顧客のスマートフォンにお得なセール情報などを送る位置情報型買い物アプリ「ショップキック」。「キック」を集めて景品と交換できるゲーム感覚がウケて、いま急速にアメリカで注目を集めている。 (中略)位置情報型買い物アプリ「ショップキック」を使えば、雑踏のなかでもお目当てのものが見つかり、しかも「ご褒美」ま ...

  • インターネットの闇と闘う「ツイッターの良心」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    市民の気軽な感想から、企業や政府の公式発表まで、さまざまな「表現」で使われているSNS「ツイッター」。その陰には、表現の自由と倫理のバランスを守ろうとする、「25番目のツイッター社員」の存在があった。 (中略)2008年に25番目の社員としてツイッターに入社した彼女の肩書は、「信頼と安全担当副社長」 ...

  • 不要なギフト・カードが「新しいゴールド」になる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    使う当てのない 100ドルのギフト・カードより、89ドルの現金のほうがいい。 世界中に溢れる不要ギフト・カードを必要な人に安く売るカード・キャッシュ社のビジネスが大きく成長している。 センサー付きの鍵で守られた薄暗いオフィスの中では、ユダヤ帽を被った8人の若者がコンピ ...