• コーネル大学の夢「NYをシリコンバレー化せよ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーの企業に優れた人材を供給し続けるスタンフォード大学への注目が高まるなか、そのエコシステム(生態系)を模倣する動きが他の都市でも出てきた。コーネル大学の取り組みもそのひとつだ。同大学はいま、次々と野心的な計画を実行し、学生の起業家精神を刺激している。果たして、コーネル大学はニューヨークを ...

  • 「持続的競争優位」8つの革新的トレンドとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビジネスモデルの歴史を描いた『ビジネスモデル全史』、経営戦略の歴史を描いた『経営戦略全史』の著者として知られるK.I.T.虎ノ門大学院の三谷宏治教授に、現在のビジネスモデルのトレンドに関して「革新的なビジネスモデル」を生み出した先駆的な企業をあげて解説してもらう。 1. フリーミアム フリーミアムは ...

  • 「PGAツアー」危機克服のビジネスモデル

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リーマン・ショックの後、PGAツアーはスポンサーの激減とスターの不祥事という破滅的な危機を迎えていた。PGAツアーのコミッショナーのティム・フィンチェムはこの危機から米国ゴルフ界を救い出した。「奥の手」ともいえるスキルをフル活用し、謎めいているが賢いビジネスモデルを活用したのである―。 奇跡を成し遂 ...

  • エリートが目指す「リベラルアーツカレッジ」とは何か

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    ハーバード大学やマサチューセッツ工科大の名を知る人は少なくないだろう。だが、ウィリアムズ・カレッジやスワスモア・カレッジはどうだろうか?日本でも注目が高まるアメリカの大学には無名の名門校がまだ多数ある。なかでも、「リベラルアーツカレッジ」の存在はあまり知られていない。彼の国のエリートが目指す最高学府 ...

  • コトラーの提言 ビジネスを「自己実現」にフォーカスせよ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「近代マーケティングの父」として世界に広く知られている、ノースウエスタン経営大学院S.C. ジョンソン&サンのフィリップ・コトラー特別教授。1960年代に提唱した「4P」(プロダクト、プライス、プレイス、プロモーション)を記した『マーケティング・マネジメント』は世界の大学・大学院で最も読まれた教科書 ...

  • アジア諸国の「日本の評価」は高まっている

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    『Forbes JAPAN』編集長インタビューは、世界の第一線で活躍する国内外の有識者に話を聞く特別企画である。第1回は、昨年4月、アジア開発銀行総裁に就任し、アジア、そして世界を飛び回る中尾武彦氏に外から見える“日本の姿”について聞いた。 中尾:(中略)フィリピンのアキノ大 ...

  • 「外食産業」日本上陸! そのとき、マクドナルドは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    中国の消費期限切れ肉の輸入問題や職場環境問題で揺れる日本のファストフード業界。 渦中のマクドナルドなどの外資系企業が、日本に本格的に上陸したのは40年前のことだ。ところが、当時は「ブーム」でもてはやされた外食産業も、じつは最初から勝敗が決していた。撤退を余儀なくされたファストフードチェーンと、生き残 ...

  • アマゾン「卸売業界支配」へのカウントダウン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ネット上での書籍販売から始まったアマゾン・ドットコムはいまや、クラウドサービスからスマートフォンまで提供する巨大帝国へと成長した。 そして、さまざまな分野で破壊的革命を起こしてきた同社はついにB2Bサービスへも進出。戦場は、卸売業界という市場へ移ろうとしている。 (中略)小売業者はすぐには売れない商 ...

  • アジア発「スタンプ」ブームは欧米で起きるか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    かわいいキャラクターをあしらったデジタル画像の「スタンプ」が日本をはじめ、アジアで人気を集めている。言語や文化が異なるため、アジアの流行は欧米ではヒットしない傾向があるが、今回は商機がありそうだ。 (中略)ラインのスタンプビジネスは、アジアでは大成功を収めている。実際、13年にはスタンプだけで7,0 ...

  • 夜明け前!米国ビッグデータビジネス最新事情

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    生活や体調を簡単に管理できることもあり、日本でも流行の兆しが見えるウェアラブル端末やスマート端末。いま、多くの企業がその大量のデータを使ってコスト削減や新規ビジネス開発に利用しようとしている。 (中略)今年の1月にグーグルに買収されたスマート・サーモスタット(自動温度調節器)メー ...

  • 得するのはどちら? 動く人、動かない人

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「失望の最小化」を目標とする「動かない人」、「自身の価値の最大化」を目指す「動く人」。日本人をこの 2 種類に分類して、いまの経済状況を眺めてみれば......。 日本人はいま、大きく2つに分かれる。それは「動く人」と「動かない人」だ。 (中略)「動く人」は成長することが好きで、成長すること ...

  • 大人の日本の「おとなしい」消費者金融革命

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「大人の日本」を標榜する安倍首相の政策のなかで、「おとなしい政策」のひとつが消費者金融改革だ。しかし、2006年以降の規制強化により、GDPは2~8%ものマイナスの影響を受けている、という。 (中略)日本の消費者金融に関するルールは、先進国においては最も厳しいものであるし、世界的にみても、厳 ...

  • 「ヒップホップの帝王」と「投資の王者」の成功体験

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2010年9月のある暑い日の朝。ガルフストリーム450を用意し、ジェイZを乗せバフェットの暮らすネブラスカ州オハマへ向かった。ランチ場所として選ばれたのは、バフェットお気に入りのレストラン「ハリウッド・ダイナー」。(中略)多弁なジェイZが、最初はほとんど話さず、バフェットをじっと見つめ、彼の話すこと ...

  • 賢者の予言・日本企業の弱点は「経営トップ」にある

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    (中略)こうしたなかでドラッカーは日本をどう位置づけているのだろうか。いま、日本は苦しい状況にあるといえる。ドラッカーは、日本の多国籍企業については悲観的だ。関連企業のグループからなる“系列”は、現代の経営の障害になる、とドラッカーは指摘する。ドラッカー ...

  • 北京語は「世界の共通語」になりえない

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英語が世界における共通語になったのは、歴史の結果である。大英帝国が、英語を世界中に広めた。それに続いてアメリカの経済的優位と政治的リーダーシップにより、英語は今日多くの国々で、第1または第2の言語になったのである。中国の標準語である北京語が、英語に代わって、世界で最も重要な言語に ...

  • 30億ドル買収拒否! スナップチャット奮闘劇

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米国の10代の若者たちに絶大な人気を誇るスマホ向けアプリ「スナップチャット」。送った相手のスマホから10秒以内に画像が「消える」というアイデアに舌を巻いたザッカーバーグは30億ドルで買収を持ちかけた。だが、スナップチャットの創業者はこれを拒否。その理由はなんなのか。知られざる“ベンチャードラマ”を紹 ...

  • 地方を跋扈する「ヤンキーの虎」に注目せよ!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    地方経済に目を凝らすと、市場の縮小と混乱のなかで、じわじわと勢力を拡大してきた企業群があるのに気づく。 名づけて「ヤンキーの虎」。今後は、こうした虎相手にどういう商売をするかが、重要な課題になると筆者は指摘する。 前回のこのコーナーでは日本のベンチャー市場の未来が開けていること ...

  • THE ROAD TO TOP OF THE WORLD 初めて語られた「クックパッド」世界一の真実

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    プレイングエンジェル―。ベンチャー企業に個人資金を投じ、経営指南も行う投資家のことだ。15年前、アパートの一室で生まれた「クックパッド」が成長を遂げた裏には、カリスマ創業者とプレイングエンジェルによる信頼のドラマがあった。理念を世界にどう広げていくか。クックパッド、日本から世界のトップに上りつめるま ...

  • アイデアがあっても、イノベーションが起きない理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「インキュベーター」、「デザイン思考」、「フルーガル・イノベーション」、「オープン・イノベーション」、「イノベーション・エコシステム」、「出口戦略」。ホットなこのキーワード、満点の説明をする自信はあるか。最新のワードから見えてくるのは、イノベーション界最前線アメリカと日本のスピード感の差だ。トレンド ...

  • 躍進イェルプの命運を分けた「正しい出口戦略」

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    今年の4月に日本上陸を果たした口コミサイト「イェルプ」。しかし、かつて同社には買収される可能性もあった。 同社の共同創業者兼CEOに買収を断った背景や、スタートアップ企業の選択肢を増やすエコシステムについて訊いた。 やっぱり、僕はこの会社を売りたくないんだな―。 2010年1月、グーグルやヤフーとの ...