1位 スウェーデン

今回で11度目となったフォーブスUS恒例の「ビジネスに理想的な国ランキング」。世界銀行グループや世界経済フォーラム(WEF)をはじめとした国際組織が提供する、財産権や税率、汚職、株式市場、投資家保護など、11項目に関するデータをもとに世界139カ国をランキングした。

首位に立ったのはスウェーデン。デンマーク(6位)やフィンランド(8位)、ノルウェー(9位)もトップ10入りするなど、北欧諸国が今年も強さを見せている。日本は昨年から順位を大幅に下げて37位に。株式市場は堅調だが、投資家保護と経済自由度の面で評価を下げたためだ。[昨年のリストはこちら

1. スウェーデン

・GDP成長率:4.2%
・一人当たりGDP:5万300ドル

4930億ドル規模のスウェーデン経済は昨年、前年比3.55%成長した。起業に理解のある国で、スカイプやスポティファイを生み出している。

2. ニュージーランド 

・GDP成長率:3%
・一人当たりGDP:3万7800ドル

GDPは約1740億ドルと、上位10カ国では最も少ないが、保険や金融、航空業界などの規制緩和によって過去30年で急速に成長している。

3. 香港 

・GDP成長率:2.4%
・一人当たりGDP:4万2400ドル

近年、中国本土の需要もあって観光業は好調だ。だがアジア屈指の金融センターでありながら、フィンテックではやや遅れ気味との声も。

4. アイルランド 

・GDP成長率:26.3%
・一人当たりGDP:5万1300ドル

金融危機から約10年、痛手を負った経済が急速に回復している。首都ダブリンの“シリコンドック”には多くの世界的IT企業がオフィスを構えている。

5. 英国

・GDP成長率:2.2%
・一人当たりGDP:4万3700ドル

多くのフィンテック関連企業を生み出す、欧州指折りのスタートアップハブとして注目されるも、昨年6月のブレグジットでやや怪しい雲行きに。

6. デンマーク

・GDP成長率:1%
・一人当たりGDP:5万2000ドル

製薬や環境、情報通信技術(ICT)産業の発展に力を入れており、マイクロソフトやグーグル、サムスンなどが研究拠点を設けている。

7. オランダ 

・GDP成長率:2%
・一人当たりGDP:4万4400ドル

多言語・多文化でビジネスを引きつけてきたが、英国のブレグジット問題を受けて揺れている。3月中旬の総選挙が同国経済を占う試金石に。

8. フィンランド

・GDP成長率:0.2%
・一人当たりGDP:4万1900ドル

近年、教育制度が注目を集めるフィンランド。「ベーシック・インカム(最低限所得保障)」を試験的に導入するなど、社会制度の発展にも意欲的だ。

9. ノルウェー 

・GDP成長率:1.6%
・一人当たりGDP:7万4700ドル

原油価格の低迷に苦しんでいた産油国のノルウェーだが、経済は徐々に回復。政府は「シェア・エコノミー」の合法化を試みている模様。

10. カナダ

・GDP成長率:1.1%
・一人当たりGDP:4万3200ドル

隣国アメリカの政治的混乱の影響を受けているものの、昨年末以降、製造業を中心に雇用率が上昇している。エネルギーや建設業にも回復の兆しが。

文=Forbes JAPAN編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO